FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク"残酷なアクションシーン…保養食で体力管理しました

脳内構造に野球が入っていたのがわかりますww


逆鱗記事73

[ニュスピム=チャンジュヨン記者]瞬間目を疑った俳優がインタビュー場所にあらかじめ到着してすぐ近くに楽しくキャッチボールをしている図は、頭の中に描いて見たことがなかった。それもそのはず、通常、映画広報に真っ最中の俳優たちは、タイトなスケジュールで疲れに疲れているはずだ。しかし本当に無邪気に笑ってこのボールをマネージャーに向かって投げる。一見見ると実力もかなりの水準級だ。

映画'逆鱗'プロモーションのインタビュー車俳優コックピット(34)に会った会った彼に自然に"キャッチボールを楽しんだ"とはあいさつをした。普段にも運動、特に球技種目が好きな彼は"最近野球に興味が生じているところ"とし、照れくさそうに笑った。追いこみ映画広報にミュージカルの練習まで並行して推進してなので、休みの日がないのにも変に彼からはエネルギーが溢れた。自分のすることを完全に楽しむことがなければ出られない活力であり、余裕だった。

「逆鱗」は、正祖即位1年、王の暗殺を取り囲んで起る生きなければならない者、殺す者、生かす者たちの行き違った運命と歴史の中にかくされた息詰まる24時間を描いた作品である。映画は、ドラマ「チェオクの剣」(2003年)、「ベートーベンウイルス」(2008)、「ザキングトゥハーツ」(2012)などを演出したスターPDイ·ジェギュ監督のスクリーンデビュー作でチョ・ジョンソクは、「ザキングトゥハーツ」に続き、もう一回監督のラブコールを受けた。

監督が会社にシナリオを送られたんですよ。個人的な親交があって直接与えることができましたが、私が負担になるかと思って心配してくださったのです。私もシナリオがとてもおもしろくて、一気に出演を決めたのです。もしシナリオがおもしろくなかったが、単に監督との縁のために選択した場合は明らかに監督も不便だったでしょう。まぁ、こんなに良い作品を一緒にまたできて私は光栄です(笑)。

逆鱗記事40

劇中チョ・ジョンソクは朝鮮最高の殺手なウルスを熱演した。彼は残酷なクァンバック(チョ·ジェヒョン)の手から逃れるために正祖(ヒョンビン)の暗殺に加担する人物である。大規模なプロットで見たとき、ウルスは正祖を殺そうとする者悪役に近い。しかし、チョ・ジョンソクはウルスを「偽の悪役」と呼んだ。仕方なく殺手の道を行くしたが分かってみれば、誰よりも弱い内面を持った、私の痛みを隠して生きていたウルスにかなり似合う表現であった。

"実は最初自分の役割を見た時に変に思いました。監督がなぜ私にこういうキャラクタ-を与えたの気になりました。噂で聞いたけど私に少年感性があると言うんですよ(笑)。上手くは知れないが、私が少し若い心が弱いときがあるんですよ。その部分を話すようです。悪い姿の中でもウルスの透き通るような姿、そんな部分に私をマッチさせたようですね。"

数多くのアクションシーンを消化したチョ・ジョンソクは今回の映画で特に苦労をたくさんした。一番大変だった神はやっぱりジョンヒョンガク戦闘シーン。体感温度マイナス20~30度を下回る寒い天気に一晩じゅう雨に降られながら撮影を続けなければならなかった。それもなんと一ヶ月間も。いたずらっぽく歪む表情だけでも、どれほど大変な撮影だったか察することができるようだった。

"暗いとき始めて日が昇ると撮影が終わりました。宿所に行って寝て起きたら午後2時、再び撮影場に行った時、2時間くらい扮装してご飯食べて午後7時ぐらいになると撮影に入って行ったんです。本当に二時に目をくわ据えると体がつぶれている気分でした。本当に目覚ますとすぐに自然に'保養食食べたい'、'体の保養しなければならない'は考えが聞きました。撮影地が光州の近くでしたから。それで光州で有名という鴨の汁物とうなぎをすごく食べた記憶が出ますね(笑)。家にいる紅参もあるとおり全部持って来て食べました。後に3週間後にヒョンビンさんとチョン・ジェヨン先輩見るのがどんなに嬉しかったか分からない。"

逆鱗記事74

'建築学概論'(2012)から'観賞'(2013)に'逆鱗'まで、出演映画の興行の打率がかなり高いチョ・ジョンソクは下半期にまた一度スクリーンの攻略に乗り出す予定だ。彼が展示される作品は1990年の同名の映画を原作とした'私の愛私の花嫁'で最近、俳優のシン・ミナと一緒にした撮影も終えた。次話に急に明るく(?)が突起にシン・ミナと撮影したんだよ思い出したらそんなに好きかと農を渡した。すぐに"女神と撮影したのですが、言うまでもない"と切換えしたチョ・ジョンソクはすぐ豪傑に笑った。

"私がちょっと運が良いようです(笑)。良い方々と撮影する機会を多く集めました。今回もポスターに並んでいる名前を見ながらわたしがこんなにいい俳優たちと延期したというのにありがとうございました。今度映画に残ったのもいい仲間たちと監督です。特に'逆鱗'はチョ・ジョンソクという俳優のフィルモグラフィーに上がっているということ自体が本当に格好良いと思います。もちろん他の作品も全て良いたが、今回の映画は出演したこと自体に大きな自負心があります。"

2004年のミュージカル「くるみ割り人形」がスタートだから、いつのまにか10年目の俳優。しかし、彼はまだ映画「老人のための国はない」(2007)(邦題「ノーカントリー」)のハビエル・バルデム、「鉄の女」(2011)のメリル·ストリープ、「リンカーン」(2012)のダニエル·デイ·ルイスなど名優たちの演技を見ていると心が走って血がわく。演技だけできるならどこでも歓迎なチョ・ジョンソクは、当分の間、「実家」であるミュージカルの舞台に戻るつもりだ。

時々そんなことを考えています。 「私は他のことをしてこれだけの楽しみを感じることができるだろうか」、「演技だけ長い間、継続的に好きになれるか」って。ところがなかったんですよ。不思議な演技は着実に続けて面白い。もちろん、今までそうしてきたつもりのような努力は必要だと思うのです。このように努力しながら、実際に老いて死ぬまでずっと演技したいです。そして死ぬ前に一度だけであっても、完全にその人物に同化されたいですね。これがまさに私が目指す俳優の姿もあって(笑)。"

チョ・ジョンソクの愛嬌混ざった要請にちなみに、彼は最近、練習に真っ最中のミュージカル「ブラッドブラザーズ」は、来る6月27日に開幕する。

逆鱗記事75


ウルスが生きることができた理由ガプス、チョ・ジョンソクには…。

劇中ウルスの人生を見ていると、本当に過酷きわまりない。しかし、それでもが生きることができた本当の理由は愛していた女ウォルヒェ(チョン・ウンチェ)ではない、彼に初めてウルスという名前を作ってくれたお兄さんガプス(サンチェク、チョン・ジェヨン)のためだった。それから人チョ・ジョンソク、俳優チョ・ジョンソクもガプスような存在がいるだろうか。

"どうも私には両親でしょう。お母さんが私の人生の最も大きな力で亡くなった父が原動力ですよね。いつも両親に私が熱心にしている姿、上手な姿を見せてあげたいです。私はまだもいつもお父さんが私を見守っていると思います。だからもっと頑張るしかないですね(笑)。

なお、話したら私にありがたい、また他の人たちは友達でしょうか?前に公演する時からいつも言っていて多分私と親しい人たちは全部分かるんですね(笑)。中学校高等学校の時から親しい友達がいつも心強い支えになってくれます。"

http://www.newspim.com/view.jsp?newsId=20140516000257

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1203-7a19d99a
該当の記事は見つかりませんでした。