FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

俳優チョ・ジョンソクの本当の顔を見た

ジョンソクさんは7月に台湾でファンミの予定があるようですが・・・
公演のスケジュールが空いているあの辺でしょうか?・・・ね


★俳優チョ・ジョンソクの本当の顔を見た

逆鱗記事52

なかなか本当の性格を示すことができない俳優だった。俳優チョ・ジョンソク(35)の話だ。チョ・ジョンソクは'建築学概論'のナプトゥクのように快なるても'逆鱗'のウルスのように慎重なほうだった。ただにやけに笑っても一応作品の話が始まると目の色が急変した。伸縮性があり、柔軟に取材陣に対する法も達者だった。大衆の多くの愛を受けてきた作品の中チョ・ジョンソクではなく、本当のチョ・ジョンソクの顔が知りたくなる瞬間だった。

チョ・ジョンソクは'逆鱗'で、ひたすら一つの目標に飼い慣らされた殺手の役を引き受けた。ただ純粋に見える目つきの中にちらちらと見える冷徹な洞察力は俳優チョ・ジョンソクのそれとも帰結された。最近インタビューのために取材陣と会ったチョ・ジョンソクは'逆鱗'と俳優チョ・ジョンソクについて率直に打ち明けた。

◇チョ・ジョンソク"みんな私がナプトゥクこのように面白いと思っている」

公開後は「逆鱗」を三回観覧したという彼は、映画への愛情があふれた 「事実、精油政変という事件そのものではなく、実在の人物とガプス·ウルスと呼ばれる架空の人物たちが共存する構成が興味深かった。複雑微妙な流れがとてもおもしろかったよ」作品内的な魅力に加えて、チョ・ジョンソクを率いていた「逆鱗」の魅力がもう一つあった。まさにドラマ 'ザキングトゥハーツ」で呼吸を合わせたイ·ジェギュ監督だ。チョ・ジョンソクは、「再作業だとさらに良かった。監督や私はお互いに不安した場合は作業をしないしないでなかったか。ドラマの時の記憶がとても良かった。監督であるため、信頼できた」と伝えた。

愉快なイメージのコックピットと冷徹な殺手なんて。一見思い浮かぶのには容易に適合していないイメージだった。ましてや演技派チョ・ジョンソクでもだ。チョ・ジョンソクは、「私も最初は不思議に思ったんだ。しかし、シナリオを読むと、私はなぜウルス役を任せたのかを理解してはいたよ。監督が私の少年の感性があるのに、そんな感じがウルスと符合するようだ。冷血に生きてきたの数が最後のその事件が原因であざになって表情が変化するその刹那。それを捕捉するために私を選択していたようだ」と明らかにした。

次に、チョ・ジョンソクは、「観相」のペンホンや「建築学概論」のナプトゥクこのようにコミックな人物が快適か、「逆鱗」のウルスのように慎重な役割が快適だろうか。悩んでいた彼はウルスを選択した 「コメディ担当をすると負担になる。人々は私ナプトゥクこのように、本物の面白いと思っている。愉快に捕らえたいのが私の人生の目指すところではあるが面白い人ではない。言葉はちょっとなくてもをウルスが楽ではないか」と選択した。

逆鱗記事76

◇「逆鱗」のアクション、チョ・ジョンソクの演技人生書き換えた

「逆鱗」のシリアスと真正性に溢れるチョ・ジョンソクであっても、彼にも我慢できないほど苦しかったことがあった。 「逆鱗」の予告編から強調されて、何度も語られていたヒョンビンとの超高速アクションシーンがそうであった 「直接私を刺さなければいけないんじゃない。アングルの特性上偽の剣ではなく、真剣を使用した。そのため衣服の中に木をパッドを入れた。それでも回りながら突きので、方向が続いて外していたよ。緊張をたくさんした 」と伝えた。

チョ・ジョンソクは、「逆鱗」の迫真の撮影のためにアクションスクールで剣術を学ぶこともあった。 「体使うのはよくするほうだ。学校でもアクロバティックサークルだった。体を多く使う部活だったので、そこからトレーニングしていたことが助けになり、舞台で演技して合計を組むことも多くの助けになった。しかし、映画の中でのアクションはとても大変だったよ」と重ねて強調した。

続いてチョ・ジョンソクは、彼が今までに参加したすべての映画や舞台演技をひっくるめて「逆鱗」のアクションシーンは難しいランキングナンバーワンに挙げて目を引いた。 「ナンバーワンに大変だった。本当に死ぬところだった」と冗談を言って話し始めは開いた。彼は 「撮影場に逃げたいと思うほどだった。潭陽で一ヶ月、ジョンヒョン閣に入るまで3週間、ジョンヒョン閣入って2週間を撮影した。ジョンヒョン閣入るまでは、「いったい、あそこはいつ入って行く。入る前に難しくて死にそうだ」と冗談をするほどだった」と話した。

チョ・ジョンソクは"アクション強さが思ったより数えていたよ。予想はしたが、雨まで降ったからもっと大変だった。雨をずっと合わせ続けたのでて体が冷たく、その状態でアクションとウルスの感情演技を一緒にしなければならないので大変だった"とその日のエピソードを生々しく伝えたその時に戻って、また再びするのかという取材陣が意地悪に質問すると、チョ・ジョンソクはすぐ表情を変えて真剣に話した。"再び戻ってもするだろう"しかし、チョ・ジョンソクはたちまちまた笑って"12月でなければ、"と答えて笑いを誘った。

逆鱗記事54

◇チョ・ジョンソク、"作品選球眼がいいって?本能的な感覚と触のため"

チョ・ジョンソクに'逆鱗'に興行について尋ねた。多くの期待を抱えて世の中に生まれた作品だからだけに膨らませた期待値と同様に手痛い酷評も受けなければならなかったこと。これに対する負担感について聞くと、チョ・ジョンソクは"そんなものはない。失敗に対する負担感、彼による自尊心の問題とは別物だ。一生懸命したのにも大衆がつまらないと思っていうなら、それはそのまま受け入れなければならない。さらに公演の時はもっと話した言葉も聞く。星の星の言葉が全部出ている。そんなことを経験したせいかもあるが、今はみんな受け入れる。そんなに生きてこそ、演技できるのではないか"と慎重に述べた。

それでも'逆鱗'は300万を突破し、損益分岐点を上回った。'建築学概論'、'観相'、'逆鱗'までチョ・ジョンソクは作品選球眼がかなりいい役者の一つだ。"幸せだ。私は幸運児だ。実は作品完成度が高くても興行はわからないことがないか。それは運の問題だ。選球眼を聞いたら本能的な蜀や感覚がリードしているようだ。誰は面白いというコメディーだが僕に面白くないように来る時もある。そのような要素が公演の時もそうだったし、今もあるようだ"

映画やミュージカルまで、殺人に近いスケジュールを消化しながらも、チョ・ジョンソクは笑いを失わなかった。演技するのが楽しみのためだけいるんだよ。非常ところで陳腐な答えですがこれが本気だと。最後に、チョ・ジョンソクは語った。 「体力的に多く枯渇して大変ですが、精神的に幸せである。練習室に行くのがあまりにも幸せである。練習室で訳もなく一人で笑うほどだ。しかし、楽しくて幸せである。楽しみなくなる瞬間がある場合は、本当に不幸なのだ。しかし、また、そのことはなさそうだ。老いて死ぬまで演技したいのが私の心だ」

http://reviewstar.hankooki.com/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10184291

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1210-372c920f
該当の記事は見つかりませんでした。