FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「私の愛 私の花嫁」インタビューTV & 共演者FB&インスタ&「inStyle」&映画予告

ミッキーロスになる暇がないくらい色々情報がUPされてますが
一応目が覚めるとすぐにBBナンバーが頭の中に浮かぶので
寂しい気持ちはあるんだなぁ・・・と自覚してます

リビングのCDデッキを修理に出していたのが直ってきたのですが
設置したあとに電気店のお兄さんに「テストするので何かCD貸してください」

よかったB1A4のSOLODAY日本語版があって
じゃなかったら防弾少年団のラップになるところだった

さっき
九重部屋後援会から会員更新クリアファイルが届いたのですが・・・←会員ネタはもういい?
段々涼しくなって着実に秋に向かってますけどーーーーっ!!←誰に向かって?www




★ソ・シネ、'私の愛、私の新婦'主役たちと記念写真…"期待してください"

BB121

TVレポート ホンウィソク記者]子役俳優ソシンネが'私の愛、私の新婦'に一緒に出演した女優シン・ミンアとチョ・ジョンソク、ソカンジュンと一緒に撮った写真を公開した。

ソ・シネは17日、自分のインスタグラムを通じて"2014.10.08'私の愛、私の新婦'対公開!たくさんの期待大勢に入場お願いします"という書き込みと一緒に写真を掲載した
(以降略)

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=568851


★こちらは俳優さんのFBより
BB120



★[AJU TV]文化散歩:私の愛、私の新婦、チョ・ジョンソク♡、シン・ミナ

1分25秒からジョンソクさんのインタビュー


90年代を風靡した当代最高のスターですよ!、パク・チュンフンとチェ・ジンシルさんが熱演した映画'私の愛、私の新婦'が約25年ぶりにリメークオブジェと帰って来ました。
パクチュンフンと故チェ・ジンシルさんのバトンを受け継いだ俳優!すぐチョ・ジョンソク-シン・ミナです。どうですか?このカップルよく似合うんでしょうか。私たちが想像する結婚についてとても心の中の話を聞かせてくれるロマンチックコメディー映画、'私の愛、私の新婦'です

しても後悔、しなくても後悔。4年間の長い恋愛の末にとうとう結婚にゴールインしたヨンミンとミヨン!いつまでも幸せと思ったのに,なぜこんなに障ることが多いのか...

何をしてもきれいで愛を感じたミナの代わりにヨンミンの目には他の女たちがちらついて、。頼もしく、ロマンチックたヨンミンがもうミナには憎いバカ息子のようです。

生きていれば周囲に必ず役に立たない人がいます。前裾の見返り大家のおばさん!そして敵の塊主人の友だち!助演俳優らのリアルな真相キャラクターも共感また、共感されます。

登場だけでも愉快になる俳優、ラミランさん。隣のことを自分の仕事のように口出しするでしゃばりやさんにコミック演技の真髄を見せてくれるけど。助演俳優の光も映画で一分け前になったようです。

私の愛、私の新婦に対するネットユーザーたちの反応はどうですか?の封切を控えてネットユーザーたちの評価を集めてみました。

原作をリメークした映画であるため、原作の中のパク・チュンフンさんと故チェ・ジンシルさんに対する懐かしさを感じさせます。これとともに、チョ・ジョンソク-シン・ミナカップルの甘やかな演技にも期待感を見せています。ストーリーもおもしろいが、キャスティングをきちんとしたという評価が多いですね。

原作映画に対する評価が良かったので、リメーク作に対する観客たちの評判はさらに難しくなるしかないでしょう。それでも、パク・チュンフンと故チェ・ジンシルカップルに匹敵するチョ・ジョンソク-シン・ミナさんのコミカルして甘やかな演技は早くから期待されます。


★チョ・ジョンソク"愛しい女優シン・ミナと演技することができて光栄

顔もキメキメですがww
腕のスジが~っ←スジフェチじゃないですがいいですっ

それに、このニットの感じ
丸顔にハイネックはどうか?ということを差し引いても◎
肩や胸、腰へのまとわりつき具合も絶妙ですっ
普段からこういうのでいいのに~



in2.jpg

[イーデイリーeニュースチョンシネ記者]映画'私の愛、私の新婦'チョ・ジョンソクとシン・ミナの写真が公開された。

二人は'イン・スタイル'10月号と共に発行する'イン・スタイル、釜山国際映画祭の特別版'カバーを飾った。

チョ・ジョンソクは雑誌の撮影現場に入るやいなや"うちの女房"を探しながらふてぶてしく震え、、シン・ミナもチョ・ジョンソクを細心に獲得したと。

シン・ミナは"チョ・ジョンソクが本当に明るくて愉快な人と一緒にいれば一緒に面白い人がなるようだ"と話した。チョ・ジョンソクは"俳優がなく、シン・ミナを初めて知ったが、本当に良い人"と付け加え、お互いに好感を話した。単独カットよりカップルカットを撮るときさらに愉快で明るい気運を吐き出したという。

10月8日に封切られる映画<私の愛、私の新婦>は4年間の恋愛の末に今まさに結婚した'ヨンミン(チョ・ジョンソク)と'ミヨン'(シン・ミナ)の新婚生活を通じて、結婚に対する'の中'深い話を愉快で楽しく描いた作品だ。

チョ・ジョンソクは"実際、結婚した友達を見れば男たちがもっと幸せになっている場合が多いが、そうしながらも'変に他の女たちが綺麗に見える'は話を言ってたよ"、映画でもそんな'現実的な'場面が登場していると指摘した。

愛する人と共有したい趣味'を問う質問に、シン・ミナは"幼い頃から活動して、外で手をつないで歩くカップルを見るとうらやましい"、恋人と一緒に行く旅行に対するロマンを話したチョ・ジョンソクも"私も活動的な方なので、歩き回りながらあれこれ見て視野を広げるのが好きだ"、同時に'旅行'を挙げた。

一方、二人の俳優が夢見る結婚と幸福に対する率直な話は'イン・スタイル'10月号と共に発行する'釜山国際映画祭特別版'などで会うことができる。

http://m.edaily.co.kr/html/news/news.html#!entertainment-view-01203766606221432-S


in1.jpg

in4.jpg

in3.jpg


★[私の愛、私の新婦]の予告編の紹介映像


★私の愛、私の新婦(My Love My Bride、2014)メイン予告編(Main Trailer)




★私の愛、私の新婦(My Love My Bride、2014)30秒予告編(30s Trailer)


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1450-21027d09
該当の記事は見つかりませんでした。