FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

DSエンタ室長 Twitterより&チョ・ジョンソク 「私の愛 私の花嫁」インタビュー記事①

★DSエンタ 室長のTwitterより

メディア試写会後好評を受けているため、雰囲気の良いスタート
http://m.stardailynews.co.kr/articleView.html?idxno=40560

添付の記事を皆に読んでほしいってことですよね
室長イチオシってことで

★「私の愛、私の新婦」、「愛しても愛して再び愛する物語」

私の愛記事14

[スターデイリーニュース パクビョンジュン記者]10月8日封切りを控えた俳優チョ・ジョンソク、シン・ミナ主演の映画'私の愛、私の新婦'は過ぎた1990年12月29日、当代最高スターの俳優のパクチュンフン故チェ・ジンシル主演の映画'私の愛、私の新婦'をリメークした作品で20年以上の時間が過ぎても'愛'についた若い男女の姿は大きく変わらないという点を示している。

原作'私の愛、私の新婦'のイミョンセ監督はヨンミン(朴重勳分)は、出版会社に出て仕事をするサラリーマンとして、ミヨン(故チェ・ジンシル)分)は家事をする伝統的夫婦の姿を盛り込んだが、イムチャンサン監督はヨンミン(チョ・ジョンソク)を'旧役場県の住民センター'で働く社会福祉士だが、詩を書く'有望株'でミヨン(シン・ミナ)また、美術学院で入試生らを教える臨時講師として表現した。90年代の新婚夫婦の姿と2014年の新婚夫婦の姿は他ということをヨンミンとミヨンの職業でも表現したイムチャンサン監督はある新婚夫婦のウェディング・アルバムやビデオを見ているような映像で2014年版'私の愛、私の新婦'を観客らに伝える。

私の愛記事15

'私の愛、私の新婦'の最も大きな特徴は結婚をした人たちには'新婚夫婦だった当時の思い出'を、結婚はまだだけど、愛をしている人たちには'結婚に対する幻想を破るもあるが、期待感を与えることも'して、恋をしていない人や孤独な人々には'恋愛細胞活性化'を持ってきてくれということだ。


「私の愛、」の最大の特徴は、結婚をした人には「新婚夫婦だった当時の思い出」を、結婚はまだですが、恋をしている人には「結婚に対する幻想を打ち破ることもあるが期待感を与えたり、し、愛をしていない人や孤独な人には「恋愛細胞の活性化」をもたらすというものである。

また、映画の中のキャラクターたちの会話はかなり呼吸が速くなりますが、必ず聞くために「努力しなくても逃す部分なしで楽に話をすべて転送することができます。一例として見るとヨンミンが'淫乱悪魔」にスイインした場面で「下着、下着、下着、下着、下着、下着..下着XX」とヨンミンに扮したチョ・ジョンソクの「心の声」が来た劇場の中を鳴らさのみ、「下着」という言葉一つで、彼の心情や状況をすべて知ることができているという点がおもしろい。おそらくこのレビューを見ている人が劇場に来て映画に接したら「下着」という部分で大きな爆笑をすることができるだろう。

私の愛記事16

'主演俳優として生まれかわった'チョ・ジョンソクと'人妻の役割をした'シン・ミナの楽しくしながらも鋭い愛は愛して戦い、和解し、また、お互いの感情に激しくなってすねて、また愛を確認する一連の過程を'迫力溢れるような'表現された。愛という感情について'迫力'という単語がこんなにうまく調和するということは意外だ。


「私の愛、」のジャンルには、明らかにコメディが味付けされている。そのコメディ、ギャグコードに集中する役割を学びラ・ミランとのぺ・ソンオが「おいしそうに」提供する。

私の愛記事17

ラミランとは、ヨンミンとミヨンが住んでいる家の主人として登場して終始おせっかい広く気づいていないが憎らしくはない」かわいい悪いおばさん」とヨンミンとミヨンを交互に打つ作る。しかし、ヨンミンに最も重要な言葉をくれるアドバイザーでもありながら、映画の仕上げを飾る人物でもある。

ベソンオはヨンミンの友人のすべての出演者の中で最も愛に飢えており、唯一の結婚をしない独身男性」ダルス役を演じ、恋愛なんて知らない無邪気な独身男性」のふり」をする。しかし、新婚夫婦の家に遊びに来て結婚式の写真フレームを持って「指スピン」を詠唱する信じられないほど気づいていない人物である。そんな彼の姿に観客は多くの笑いを経験できる。

私の愛記事19

映画は観客に愛という感情と結婚という形式について多くのことを持つように作り、もう一つの悩みを投げる。"'現実と理想'そのうちどれを追いかけるのか。"ヨンミンは'詩人'、ミヨンは'絵'という夢であり異常がある。しかし、ヨンミンは現実を追いかけながらも、以上のための行動に乗り出しているが、、ミヨンは現実に阻まれて理想を忘れていく。その以上を忘れるように作った現実というのがまさに愛、そして結婚というのだ。結婚をしたヨンミンとミヨンの前には理想を追うて成功した2人が現れる。有名作詞家になったヨンミンの友達'スンヒ(ユン・ジョンヒ)'とミュージカル演出家であるミヨンの元彼'チェソンウ(ユハジュン)。'さらに、彼らは各自の恋敵でもある。のスンヒとソンウはヨンミンとミヨンが実現できなかった夢に向かって進む情熱を諦めなかった人物で結婚をしなかったり、、'バツイチ'として登場し、結婚という形態に対する否定を暗示する。

理想と現実の乖離と愛と結婚の理由の問いを投げた映画は、彼と一緒に大きな教訓を投げる。まさに「周囲の人に疎かにされていてはいけない」ということ。何をしても、そのことをする最大の理由は、自分の周りにいる人のためにするものだからであって、それ自体が目的であり、目標となり、大切なことを失ってはならないということを強調している。

さらに多くの内容を列挙することは潜在的な観客にスポイルされるだけなので、劇場で作品を接することを推奨する。コックピットとシン·ミナの結婚生活は見つけ一見の価値がある作品に近づいてきた。



そして!
昨日のチーム長の予告通り
今日は午前中から取材ですね

★チョ・ジョンソク"周辺で、シン・ミナと夫婦演技嫉妬。て出た程度"

私の愛記事13

[TVレポート キム・スジョン記者]俳優チョ・ジョンソクが、シン・ミナに対する周りの反応を伝えた。

映画'私の愛、私の新婦'(イムチャンサン監督、フィルムモメンタム製作)に戻ってきたチョ・ジョンソクは25日午前、鍾路区三清洞(サムチョンドン)で開かれたラウンドのインタビューで映画に対する多様な物語を打ち明けた。

コックピットは'私の愛、私の新婦'から詩人を夢見るが、現実では妻の小言に文句をする物知らずの夫ヨンミンの役を演じ、特有の自然な演技を披露した。特に彼は美術塾の講師であり、ヨンミン(チョ・ジョンソク)の小言屋ミヨンを演技したシン・ミナと実際の新婚夫婦を彷彿させる幻想のケミストリーを自慢した。

これにチョ・ジョンソクは"シン・ミナさんに会う前には高慢でつんつんしそうだった。しかし、実際にはとても気さくで魅力的だ。面白い女神だ"、"ひそかなコメディーセンスがあって俳優的にも人間的に魅力を感じた"と伝えた

また、"周辺で、シン・ミンアと夫婦を演技することについて、あやかりないのか"という質問に"もうそのような反応が癖になった。あまりにも羨ましがって境地を越えた"とジョークを飛ばして笑いを誘った。

'私の愛、私の新婦'は過ぎた1990年パクチュンフンと故チェ・ジンシルが主演を務め、興行に成功した明世(イ・ミョンセ)監督の映画同名作品をリメイクしたもので、現時代の新婚夫婦に対する話を率直で才気煥発で描き出した作品だ。コックピット、シン・ミナ、ラミラン、ユン・ジョンヒ、ベソンウ、ファン・ジョンミン、チョン・ムソン、イシオン、ソカンジュン、ソシンエなどが加勢し、'孝子洞(ヒョジャドン)理髪師'を演出したイムチャンサン監督がメガホンを取った。10月8日に封切りする。

http://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=213&aid=0000551259

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1470-c1cd217f
該当の記事は見つかりませんでした。