FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

私の愛、私の新婦'のチョ・ジョンソク"野暮なロマン?アナログ的感性良いですね

公開14日目、21日の観客数は4万9,821人で1位!

累積観客数は154万3,141人です

★'私の愛、私の新婦'のチョ・ジョンソク"野暮なロマン?アナログ的感性良いですね"

私の愛記事130


'私の愛、私の新婦'で、初の主演挑戦したチョ・ジョンソク

'建築学概論'以降2年間映画5本

初の主演・好きな原作リメイク'栄光'

"達成感あるが、陶酔しないだろう"


立ち上がりは、甘草、脇役だった。'建築学概論'のナプトゥクは人々にチョ・ジョンソク(34)をおもしろ俳優として刻印させた。'カンチョルデオ:救国のチョルカバン'でイメージ変身を試みたが、映画の残念な興行成績によって大衆に新しい姿をアピールするには不足した。

助演から出発したが、チョ・ジョンソクの存在感は一つずつ積もる作品とともに徐々に広がっていった。'観相'でソンガンホとのコンビを組んで見せてくれた即興的な演技は彼の演技が持つ才能の素晴らしさは遺憾なく見せつけた。同時に彼は深い感情演技まで消化し、自らが持つ才能が、甘草、助演に滞在することにはとても大きな器であることを見せてくれた。そして'逆鱗'の無言の刺客ウルスはチョ・ジョンソクが持つ可能性にさらに大きな確信を持つようにした。

私の愛記事131

この8日に封切られ、2週間連続ボックスオフィストップを走っている映画'私の愛、私の新婦'はチョ・ジョンソクの5番目の映画であり、初の主演作だ。イミョンセ監督がパク・ジュンフンと故チェ・ジンシルを起用して1990年に披露した同名のロマンチック・コメディー映画をリメークした作品でチョ・ジョンソクは、過去のパク・チュンフンが、演技したヨンミンを演技した。ミュージカルから映画に舞台を移してから2年ぶりに主演を演じたこと、何より自分が好きだった映画で尊敬する俳優の役にとどまることになったことだけでも、チョ・ジョンソクには意味が大きな作品だ。

「毎作品すべて重要だったが、'私の愛、私の新婦'は私が好きだった映画、好きな先輩の席に入ったという点で私のフィルモグラフィーでとても意味のある作品だと思います。シナリオが面白くて選択しました。立派な原作があるということ、そして男俳優としては、単独主人公という点で負担もありました。しかし、その負担さえも楽しもうとしました。」

劇中のヨンミンは9級公務員に社会福祉士として働いているが、心の中には詩人になりたいという夢を持ち、チョ・ジョンソクの表現によると、"平凡ながらも非凡て政敵でありながら、動的な"人物だ。シナリオを通じて会ったヨンミンを映画で表現するために、チョ・ジョンソクが最も気をつけた部分は、まさに'共感帯形成'だった。自らが感じたヨンミンに対する共感を観客にそのまま伝えるためにコックピットは自分が持つ長所を最大限いかして演技した

私の愛記事132


特に今回の映画では本能的に登場したアドリブ演技が光った.妻ミヨン(シン・ミナ)と一緒に行った海辺の海辺で肩を組んで走る場面は、シン・ミンアが走る姿をチョ・ジョンソクが真似しながら作られた即興的な場面だった。'観相'でソンガンホとともに踊った場面を記憶するなら、今度の映画では、チョ・ジョンソクが見せてくれる才気溢れる演技で爆笑が建設されるものだ。

「電話する時の大使たちもすごく楽しかったとたくさん話してくれました。アドリブは本能的に出ている部分があります。いつも思うのが映画は面白いと良いということです。もちろん、私たちの映画は面白さの中に深い感動もあります。多様なアイデアが積み上げられ、映画がもっと楽しさを得たようです。」

「私の愛、私の新婦」'は新婚夫婦の話だが、結婚よりは愛との関係に焦点を合わせている。チョ・ジョンソクも"私たちの映画は、結婚が所在地だけ大きな脈絡では愛の物語"と"ファンタジーのようであっても、リアルなトーンがある"と話した。誰かは映画の中のヨンミンとミヨンの話が90年代の雰囲気の野暮な感性と感じるかもしれない。しかし、チョ・ジョンソクは"元々のシナリオはもっとロマンチックだった。その泥臭さがきれいだった"、"泥臭さの中ロマンに共感してもらえたら本当にいい"とした。

「アナログの感性を希望して好きです.幼いころからそうだったです。小学校6年生の学芸会、他の友達は最新のドラマ主題歌を歌っていると、私は'雨の日の水彩画'を歌ったんですよ。旅行スケッチのような歌も好きだったしです(笑)。」

私の愛記事133

ミュージカルを通じて俳優として先に注目されたが、チョ・ジョンソクが最初から夢見ていたことは映画俳優だった。2年という短い時間で5本の作品に出演し、彼はもう堂々とした主演の座にまでなった。あれほど願った映画俳優の夢を叶えたが、現在に満足して安住するつもりはない。

自分が健気だと思います。 「ジョンソクああよくやった」と肩を叩いてあげたくて(笑)。私だけの達成感は明確に感じなければならないと思います。その時は遣り甲斐もいた覚悟も力ももっとできるからです。だからといって、陶酔しようとしません。陶酔することになれば、安住していいじゃないですか。安住することになる瞬間退歩することを知っていますからね。"

私の愛記事134

http://www.metroseoul.co.kr/news/newsview?newscd=2014102100119

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1558-ffd54cff
該当の記事は見つかりませんでした。