FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'私の愛、私の新婦'これは知らなかったろう? ビハインドストーリー

すっごいかわいいんですど~←どっちが?←もちろんっお父さん(←ココ強調)のジョンソクさん

★'私の愛、私の新婦'これはしらなかったろう?
  チョ・ジョンソク-シン・ミナのビハインドストーリー


私の愛記事135

200万観客突破に向けて興行に拍車をかけている映画<私の愛、私の新婦>が多様な撮影ビハインドストーリーを公開した。

この8日に公開した同名の映画を新たにリメイクした映画<私の愛、私の新婦>(監督イムチャンサン)が、撮影現場のビハインドストーリーを公開した。親になったチョ・ジョンソク、シン・ミナの姿やカメオとして登場したユンムンシクのゴマ粒のような思い出の大使、実際と区別が不可能だった真相友達三銃士の炎アドリブ熱戦まで<私の愛、私の新婦>に合わせてビハインドストーリーも口元微笑を誘う。

映画<私の愛、私の新婦>のエピローグには'ヨンミン'(チョ・ジョンソク)と'ミヨン'(シン・ミナ)の2世が登場する。可愛い外貌で観客たちの間で話題となった赤ちゃんは、撮影現場でも俳優とスタッフたちの愛を独占したチョ・ジョンソクと、シン・ミナも赤んぼうから目を離すことができなかったが、終始一貫して赤ちゃんのそばを守っていたチョ・ジョンソクと、シン・ミナに笑えない状況が発生した。すぐ赤ちゃんがチョ・ジョンソクの懐に抱かれれば涙を噴き出してチョ・ジョンソクを戸惑わせたのだ。チョ・ジョンソクはこれに赤ちゃんを癒すために努力したが、ついに涙が止まらなかった赤ちゃんを、シン・ミナに任せるしかなかったと。このとき、シン・ミナに抱かれるやいなや赤ちゃんがひたと泣き止んて撮影現場は笑いの海になった。

私の愛記事136

1990年原作で'ヨンミン(パク・チュンフン)が通っている出版社の上司である'ミスターク'役として登場し、ゴマ粒のような笑いを伝えていたユンムンシク。'ミスタークは'ミヨン'が'ヨンミン'のためにこしらえた弁当にエンドウ豆で書かれた'I LOVE YOU'というメッセージを見てこれを"アイラブユ〜"と読んで'ヨンミン'をからかう。そうだった彼が2014年<私の愛、私の新婦>で'ヨンミン(チョ・ジョンソク)が働いている住民センターに常駐させた酔客に特別出演して、格別な縁を続けた。ドラマの中で'ヨンミン'が家に帰りなさいと言って、タクシー代を渡すと,彼に原作の台詞だった"アイラブユ〜"を原作の感じたまま生かして表現した。ユンムンシクは、この台詞の一言で原作についての思い出を呼び起こしつつ、観客に楽しさを与えた。

私の愛記事137

'ヨンミン'の仲良し'ダルス'、'ギテ'、'タルス'として登場するぺソンウ、イシオン、コギュピルはチョ・ジョンソクと実際の友達のように固い友情を築いて、撮影に臨んだ。毎回撮影後の飲み会を持ちながら親交を固めるための時間を持った彼らは実際と撮影を区分できない位に仲良くなれたと。4人だけの特別なケミストリーは家並みがエピソードで強力な力を発揮した.新婚の家にがむしゃらにやってきた後、ウェディング写真額を向けて、深夜ギターを弾きながら、'ミヨン'の食べ物についたとけちをつけるの友達の行動は遠慮のない間柄になった4人の自然なアドリブで誕生したという。

一方、知っておけば、より面白い映画<私の愛、私の新婦>は150万観客を突破し、観客の口コミに持続的な興行中だ。
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2014/10/23/2014102301171.html

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1562-36e5535d
該当の記事は見つかりませんでした。