FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

2014、ミュージカル、俳優から作品までこれほど多様なことあったのか[2014の決算]

先週の話になってしまいますが
TVを見ていたら画面に友人が!ww
映画制作について語ってました

仮想脚本を前に
PDとして嫌な=撮影が難しい&経費が掛かるシーンに
×印を付けてましたが

「映画の撮影はスタッフを含めて100人が動く」という発言に
私の想いは友人の現場を跳び超えて
韓国の現場へ飛んで行ったのでしたwww


時間離脱者は12月16日に
全羅北道の群山市で撮影があるようですね←ジファン先生のシーンがあるのか?は不明です^^;


12月ということで
ミュージカル界も2014年の振り返り

★2014、ミュージカル、俳優から作品までこれほど多様なことあったのか[2014の決算]

BB記事35

[マイデイリー=ホソルヒ記者]2014年ミュージカル界はいつもと変わりなく活気に満ちて熱い情熱でいっぱいになった。信じて見るミュージカル俳優たちの活躍はもちろん、ブラウン管やスクリーンで見ていた俳優たちの舞台への進出が目立った。歌手出身のミュージカル俳優たちもれっきとしたミュージカル俳優として生まれかわって観客たちにもっと多様な見どころを提供した。

多様な話も舞台をさらに豊かにした。独特な素材と新たな試みはもちろん、漫画やドラマ、映画などを原作にしたミュージカルが見る楽しさを加えた。これに観客を泣かせて笑わせた2014のミュージカルを振り返る。

2014年ミュージカル界は信じて見るミュージカル俳優たちの活躍が続いた。'ヘッドウィーク'、'ジキル&ハイド'で見せてくれたチョ・スンウのチケットパワーは依然とし、チョ・ジョンソクは'ブラッド・ブラザース'で3年ぶりにミュージカル舞台に復帰して、観客らと共にした。
(中略)

2014年ミュージカル界は、いつよりも多彩なスタイルの作品を多数披露した。これに新たな試みが歩き、発展も共にした。多数の作品を通じて、成長と浮沈を同時に経験しただけに、2015年ミュージカル界はさらに成長した姿で観客たちを捜すことが見通しだ。
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201412072152131116&ext=na

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1623-01695c57
該当の記事は見つかりませんでした。