FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

Men's Health チョ・ジョンソク記事

昨日の夕方に羽田を発って福岡へ←JYJコンサート←我が家のもう一人のジョンソクファンもインフルから復帰できて間に合いました

日韓次世代映画祭の時に
別府から移動して1泊して以来の福岡ですっ

荷物を置いて、すぐに向かったのが
「稚加榮」福岡店

福岡1-2

「もう、ヤバイね」←美味しすぎて
「口の中で事件がおきてるよね」←美味しすぎて
と言いながら
最後は、鰻セイロ蒸しまでいただきました



「Men's Health」のインタビュー記事ですっ

この仕事どうして受けた話とか
いつがナイスボディー'時代だったか?とか
ちゃんと自覚してましたね(^_^;)

出先なので
いつも以上に訳が変ですみません

★ Men's Health

現在に没入すると、未来が明確になる
俳優チョ・ジョンソク、人生を柔軟に対する法


新年を控えて会ったチョ・ジョンソクは目標設定に奔走した。俳優としての性格も、役割も、イメージも柔軟な彼は'行動'が先だという。気に入った未来を盗む方法、チョ・ジョンソクに聞いた。

メンズヘルス1

1年間12個の表紙、そのどの一ヶ月重要でない月がない。それでも2015年の砲門を開く初の章ではないか。明るくて健康な気運を持った人を立ててしようとした。

親しくするものの、食傷しないことを願った。そして名前の三者'チョ・ジョンソク'が浮上した。2012年、映画<建築学概論>を通じて'ナプトゥク'でさらにおなじみの俳優。以後ドラマザ・キング・トゥ・ハーツ>では、物差しで測ったように整った'ウンシギョン'と扮して、'ホダンキ'いるエンターテインメント会社の代表になったりもして(ドラマ<最高だイスンシン>)、映画<観相>では大先輩ソン・ガンホとおかゆが迎え、'ペンホン'というキャラクターを明るくコミカルに生かした。

一番最近は映画<私の愛、私の新婦>で、シン・ミナのやさしい男ヨンミンまで…。このすべてが最近、3年の間のことだ。それだけではない。こつこつ彼のホームグラウンドに他ならないミュージカル舞台にも立った。

演じる役柄であり、活動領域まで'とても柔軟だ'たいた。これからも見せられることが、より多くの彼の現在が1月とよく似合っていた。厳しい寒さの中に年末の雰囲気が熟していたこの12月のある日、地方を行き来しながら盛んに撮影中の彼を困難にスタジオに招待した。2015年という新たな時間を控えて、<時間の離脱者>という映画を撮っている彼だった!これよりもっと'時間'に対する話を交わしたことに良い時はない。話は自然に時間に対する話に流れ込んだ。

メンズヘルス2

時間の離脱者>、タイトルが魅力的だ。どんな映画か?

1983年の男子と2015年の男子が偶然、夢を通じて交流しながら殺人事件を解決していく映画だ。お互いに連結された一人の女の運命を変えるため、過去の事件を追跡する。私が引き受けた役は1980年代を生きる高校の音楽の先生'ジファン'だ。


<クラシック>もクァクジェヨン監督の映画だ。今回はどう違うのか気になる。二人とも過去と現在を行き来する設定ではないか?

男主人公二人が他の人だが、転生したようにつながっていて、女の主人公が1人2役をする話の構造が似ている。そこに殺人事件だというスリラー的な要素を加えたというか。見ればわかる。(笑顔)


1980年代に時間をさかのぼりやって行き着いた感じは?

慣れた方だ。とても若かったものの、年の差がかなりある兄と姉がおり、その当時の情緒をたくさん接した。1980年代から2000年代までくまなく経験したというのは今回の映画にプラスになったようだ。


実際のチョ・ジョンソクの過去はどうだったか?

完全いたずらっ子だった。運動が好きで4歳の時からテコンドーをした.公認に換算すると、3段ほどになる。選手もなるところだった。そんなに小学校の時はとても活動的な子で、中学校の時は勉強に陥って'うまい'の音をちょっと聞いたし、高等学校の時は俳優としての才能を発見する時期だったようだ。


その時俳優になりたいと思ったか?

'俳優になる'と決心して始めたことはない。演技ということを非常に自然に接した。教会でするソングクや文学の夜を通じて遊びのように。もともと音楽大学に行こうとしたが、落ちるもして演技をしてみなさいという教会伝道師さんの勧めに動いた。面白いようだった。結局、ソウル芸術大学に入っており、歌、演技、ダンスを本格的に学んだ。

そんなに行きたかった大学ではないか。の正門前に立って'ここに入る瞬間、演技に見とれて、生きてみと'心に決め、実際に'及ぼすように'一生懸命にした。しかし、'俳優になる'は目標を立てたというよりは、その時私が一番やりたいことに飛びついたという表現が合いそうだ。本能的に、ためらいもなく!


すべての始まりは目標の樹立だって…

そうだ。目標がなければならない。それでこそ一生懸命にできるから。最も理想的だ。しかし私は何でも一生懸命にやれば、目標が顕著になる可能性もあると見ている。周りから目標がないので、何をすればいいか分からないと主張する人々をよく見た。共通的に怠けたようだ。友達が私にこんな悩みを打ち明けたら、ひとまずは今話したいこと、できることに飛び込むよう伝えたい。それでは目標が鮮明になって、自分なりの目標が行われているのよ。

メンズヘルス3

プロフィールを見ると2004年ミュージカルデビュー以来、毎年少なくとも1作品、多い時は4~5個まで舞台に立っていたよ.<建築学概論>以降はまた、映画やドラマをたゆまずした。徹底した時間管理の結果ではないかな?

事実、計画的でないようだ。いっそ柔軟な人といえよう。融通性がありそうだし、どんな状況や問題を解決するうえで、瞬発力が落ちない。運も付いた。初めてデビューした時、贅沢に良い作品を多く会った。その時は、準備が不十分ですが、'無条件に戻って来次第、頑張ってみよう'という考えで走った。そう言いながら舞台の上、実戦で学んだものが多い。大切な時間だ。


舞台とスクリーン、ブラウン管をキルティングするのをみたらすごいだ。

過去の舞台で習った経験値が今の私を作ったのだ。たとえば映画館の大きさに応じて適した発声と演技のトーンがあるが、それを本能的に身につけるようになった。カメラの位置も感じで覚えた。多様な経験が、柔軟に対処できる力になって、恐怖も減らしてくれるた。


<メンズヘルス>表紙モデルの提案を受けた時どうだったか?

正直にこれまでのモデルたちのように絞っても水一滴も出ないような体ではないことにためらった.しかし<メンズヘルス>が志向することには健康な精神もあるではないか。それなら自信がある。(笑顔)とても肯定的な方だ。新たな演技をする時も'難しそうだ'は考え方自体をしない。ただ私を信じてまっすぐ行ってるんだ。それで何でもよく飛び掛るようだ。


健康な精神のためにはストレス管理が重要ではないか。

寛容なようで敏感なところがある。ストレスを受けないと見ることはできませんが、以前に比べて演技に対するストレスは大幅に減少した。前には煙と私の生活を区分しなかった。極端な例としてアルコール中毒者役を演じると、その酔って住む気持ちを感じて見ようと朝、昼、晩で焼酎を飲みながら私を苦しめた。これは悩みがコントロールされて、私の生活ができた。


自ら評価する本人の'ナイスボディー'時代はいつ?

ドラマザ・キング・トゥ・ハーツ>のウンシギョンを演技したときである。2ヵ月ぶりに7~8kg程度を減量した。お弁当を持って通いながら献立を管理して地道なウエートトレーニングをした。体がとても'イェプゲ(?)よく出来た'は評価を受けた。トレーナーが私の体が筋肉がよく獲れる体と言っていた。しかし、個人的に筋肉が大きな体を好まない。有酸素運動を主にして、筋肉は矮小に見えないほどにだけ管理する。幸いに少なくしても効果がある。


俳優として欲しい体は?

どのような役割でもよく使うことのできる柔軟な体がいい。様々な動きが自然なことはもちろん、役割によって体がよく作られことができたらいいな。太らたりもして、人も少なくない…。


チョ・ジョンソクに2015年はどんな時間として記憶されそうかね。

あまりにも目まぐるしい1年にはないことを願う。特に<建築学概論>以降に休んだことがない。もうデビュー10年目だが、作品について何の心配なしに休んだのはたった1週間だ。今年必ず旅行を行くのが目標だ。ニュージーランドやプラハがいいなあ。

メンズヘルス4


今日の彼は明るくて愉快な'怪盗紳士ルパン'と扮した。緻密に計画するタイプではないが、大胆に行動して、余裕すらある彼は現代版ルパンになるのに不足はない。変身の鬼才であり、ロマンチストであり、義賊の品性を持ったルパンの姿とも自然に重なる。何よりも体と考えが柔軟で枠に閉じこめられていないチョ・ジョンソクではないか。だからこれで彼が見せてくれる多様な姿は、彼が盗んだのが映画の中のシーンだけは違うという考えを持つようにした。

おそらく彼は持ったことに満足しながら現在に没入すると、心の中に描いた未来が来るという確信を持っているためだろう。彼が未来を盗む方法なのだ。演技者として彼が望むように、大衆の目と心を虜にするのに卓越した男になることは火を見るより明らかだ。2015年チョ・ジョンソクがますます期待されるためだ。

http://e-menshealth.design.co.kr/in_magazine/sub.html?at=view&p_no=&info_id=68757&c_id=00010007


公式FC会員の皆さんのところに
ジョンソクさんからのクリスマスカードが届きましたか?

写真には皆さん色々思うところがあるみたいですが・・・ね

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1640-71cc7d6f
該当の記事は見つかりませんでした。