FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「あぁ私の幽霊さま」 第6話振り返り

6話見ながら
「ちゅ~はもういいよぉーっ」ってで叫んだ私・・・←心の中で
でも、チェゴシンのキスシーンよりも
こっちのほうが格段に上手なような・・・w←映り方ですよっ!www

お相手が年相応だからか・・・
撮影カメラの前で慣れた?からか・・・むむむむ・・・


6話振り返りの前に
予告を載せ忘れてたので

★あなた、私にきちんとトレーニングを受けてみる?'
ボンソン(パク・ボヨン)を向けたソンウ(チョ・ジョンソク)の料理トレーニング提案 6話予告



料理対決番組でポンソン(パク·ボヨン)の料理の腕前を見たソンウ(チョ・ジョンソク)は、適切に学んでみませかと料理トレーニングを提案する...



父救おうとパク・ボヨンに憑依
幽霊6話1

再びシンスンエ(キムスルキ)がナボンソン(パク・ボヨン)の体に憑依した。 シンスンエは父が倒れたことを知って助けを求めるため、ナボンソンを訪ねた。 しかし、ナボンソンは好ましくない反応を見せ、結局、シンスンエはナボンソンの体に入った。 さらに、ナボンソンはカンソンウ(チョ・ジョンソク)と出演した料理番組で粉が不足したのに黄な粉をもっと入れて危機を脱出した。
元記事



チョ・ジョンソク、料理ミスしたパク・ボヨンかばった
幽霊6話2

シンスンエはナボンソンの体に入って倒れた父を助けた。 彼の父は"こんなに心配してくれありがとう。 少しだけ娘が再び生きて帰ってきたそうだった"と話した。 さらに、カンソンウ(チョ・ジョンソク)は、現場でミスしたナボンソンを除くという製作陣の要求と関連して"そうするわけにはない。 現場の料理もナボンソンのアイデアだった"と明らかにした。
元記事


チョ・ジョンソク、パク・ボヨン、甘辛い料理講習
幽霊6話3

カンソンウ(チョ・ジョンソク)はシンスンエが憑依したナボンソンに"君の本当に夢が何か。 シェフになりたくはないか。 私が教えてやる"と話した。 これにナボンソンは"私の夢はシェフさんと一度寝ているのだ"と述べたが、カンソンウはナボンソンを連れて解釈から沈着に料理を教えた。 続いて二人は甘い雰囲気の中で料理した。
元記事


パク・ボヨン、チョ・ジョンソク、想像キス'熱く'
幽霊6話4

パク・ボヨンがチョ・ジョンソクとキスをすることを想像した。ナボンソンは、眠る前ベッドに横になってカンソンウと料理をしていた時、キスをするシーンを想像した。
元記事



★一触即発の状況だった'ボンソン(パク・ボヨン)のウンクム甘い想像


トレーニングを終えて席に横になったボンソン(パクボヨン)はソンウ(チョ・ジョンソク)との厨房でのウンクム甘いロマンスを想像するのに...


チョ・ジョンソクがパク・ボヨンと水産市場でデートをした。幽霊6話6

ソンウ(チョ・ジョンソク)の提案でボンソン(パク・ボヨン)が秘密の料理トレーニングを受ける姿が放送された。 同日、ソンウは水産市場で常連のおばさんと方言も使って冗談を言って身近なやつだった。 ソンウは普段の冷淡な姿とは違って、反転魅力を見せてくれた。 ソンウは靴が濡れたボンソンに長靴を直接履かせ、甘やかな姿を見せてくれた。 二人は市場で豆ソバをも食べた。
http://osen.mt.co.kr/article/G1110204842


★遊びにきたんじゃないんだからボンソン(パク・ボヨン)とソンウ(チョ・ジョンソク)の水産市場デート


ソンウ(チョ・ジョンソク)はボンソン(パク・ボヨン)を連れて水産市場へ行った 生プレゼントに靴が濡れたボンソンのために長靴を買ってもらえますが・・


チョ・ジョンソク、学校の友たちと出会い'いじけた過去'
幽霊6話5

チョ・ジョンソクが学生時代の友人と会った。同日、カンソンウ(チョ・ジョンソク)はナボンソンと食材を調達するために市場に立ち寄った。 二人は食堂でご飯を食べたし、カンソンウは学生時代の友人と会った。 しかし、カンソンウは学校を通いながらいじけて生活した自分の姿を記憶する友達を意識し、むしろ夕食をもてなすと言った。
元記事



イム・ジュファン、パク・ボヨン変化を確認したあと、意味深長微笑み
幽霊6話8

イム・ジュファンが自分の妻にパク・ボヨンの状態を確認した後、意味深長な笑みを浮かべた。 チェ・ソンジェ(イム・ジュファン)が娘の怨霊シンスンエ(キムスルキ)にもう一度憑依されたナボンソン(パク・ボヨン)に異常さを感じた。

チェ・ソンジェは自分の妻で、カンソンウ(チョ・ジョンソク)の妹のカン・ウンヒ(シンヒェソン)に"兄とボンソンさんは、もともと親密なのか"と尋ねた。 これにのカン・ウンヒは"もともとは怖がっていた。 最近は放送しながら親しくなったようだ"と打ち明けた。 さらに、チェ・ソンジェは"ボンソンさんもともとうっかり忘れてたのか"と再度聞いており、カン・ウンヒは"小心だ。 ところで性格が明るくなった"と話した。 これにチェ・ソンジェは意味深長な笑みを浮かべて好奇心をかき立てた。
http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1437221897945317002


チョ・ジョンソク、イジメ、過去挽回ために'晩餐の準備'
幽霊6話7

チョ・ジョンソクが過去の自分をいじめたクラスメートたちによく見てもらうため、満開の準備をした。
ソンウが、過去の自分を苦しめ、イジメをさせた同窓生を偶然水産市場で会って店に招待する姿が描かれた。 ソンウはスターシェフに成功した自分の姿を見せるため、メニューもエスカルゴパスタを変えて、高麗人参カクトゥギも作った。 ソンウは直接職員たちに注文をしている様子を見せた。 特に、自分を苦しめたチョルミンが太って老いた姿を見ながら満足していた。 ソンウは友達に"チョルミンにお金も奪われた"、チョルミンを非難した。 これによくいくソンウを見て不便なチョルミンは早く席を立った



パク·ポヨン、チョ・ジョンソク ヒーリングし飲酒デート

パク・ボヨンがチョ・ジョンソクの陰うつな気分を慰め、お互いに近くなった。
ボンソン(パク・ボヨン)とソンウ(チョ・ジョンソク)が屋上からビールとそばを食べながらデートをする姿が放送された。 同日、ソンウは自分をいじめたクラスメートチョルミンに復讐をした後に話した。 ボンソンは一人でビールを飲むソンウにそばをもてなした。
幽霊6話9

そして、ソンウに"人生許し、サラ"、"もともと許す人は足伸ばして寝て苦しめる人はそうではない"、"そのようにならないとお酒を飲んで、美味しい物食べる"と助言した。 これにソンウは"お前の言うことが正しい。後に弘済洞にそば粉のおいしく作る所がある"、ボンソンと次のデートを約束した。
http://osen.mt.co.kr/article/G1110204874


幽霊6話10

ナボンソンは"人生が長くないことができる。 一日一日が本当に怖がらせを大切だ"とし、カンソンウは"人生を全部生きた子のように話すんだね"と話した。
http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1437222628945323002


'パク・ボヨン、チョ・ジョンソク太ももたどって'悪い手の発動'
幽霊6話11
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201507182024065810


★僕は本当に怒られたい!'ソンウ(チョ・ジョンソク)のためのボンソン(パク・ボヨン)のウンクムハの上に


ボンソン(パク・ボヨン)は錯雑して見えるソンウ(チョ・ジョンソク)に接近するのに...



★今日何があってもシェフ倒しなければならない!'ポンソン(パク・ボヨン)、胸いっぱいにデートの準備


ソンウ(チョ・ジョンソク)とそばを食べに行くことにしたポンソン(パク・ボヨン)は腹黒い目的を持って胸いっぱいにデートの準備に拍車をかけるのに...


キムスルキ、また、パク・ボヨンの体と分離された
幽霊6話12

ナボンソンはカンソンウ(チョ・ジョンソク)とそばを食べに行くために準備をした。 必ずカンソンウと一夜を送るという一念で準備した後カンソンウに会いに行ったが、その場でソビンゴに会った。 ソビンゴは自分がこれまで乗り遅れていたシンスンエを探すために目を向け、結局、ナボンソンの体にシンスンエが憑依していたことを直感した。 ソビンゴはシンスンエの前に現れ、彼を追っており、シンスンエはその瞬間ナボンソンの体から分離され、バスに搭乗した。
ナボンソンは訳が分からないままカンソンウと向き合うようになり、疑惑を増幅させた。
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=749366


★「ランタンの下が暗いと...」ソビンゴとポンソン(パク·ボヨン)の夜の追撃戦


ソビンゴ(イジョンウン)を避けて逃亡した、スンエ(厶․スルキ)は、ポンソン(パク・ボヨン)から憑依解除されるが...




★アドリブのジョンソク-撮影現場のアイデアバンクジョンソク


メーキング#14アドリブのジョンソク
撮影現場のアイデアバンクジョンソクトともっともらしく演技を披露するパク・ボヨン!


★6話フル

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1904-4962755d
該当の記事は見つかりませんでした。