FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'特ダネ:リャンチェン殺人記'チョ・ジョンソク、ツンデレシェフ→の特ダネ記者変身を完了

日本版の記事の訳し方によって
「特ダネ」にするか「スクープ」にするか決めようと思ってたんですが
どちらも出てきたという・・・
cyurinさんにどっちにする?って聞いてるところです^^;

★'特ダネ:リャンチェン殺人記'チョ・ジョンソク、ツンデレシェフ→の特ダネ記者変身を完了

特ダネ記事2
特ダネ記事3
特ダネ記事1

スクリーンとブラウン管をつかみ旬な男として位置づけられた記'チョ・ジョンソクが'特ダネ:リャンチェン殺人記'を通じて記者に変身する。

'建築学概論'でナプトゥクキャラクターを通じて、独歩的存在感でその年の青龍映画賞新人男優賞を受賞し、忠武路(チュンムロ)で最高のブルーチップとして浮上した記'チョ・ジョンソク。以後'観相''逆鱗'にした、しっかりした演技力を立証しており、'私の愛、私の新婦'では、世間知らずの夫の役を通じて自然と愉快な演技で観客たちを魅了させた。

時代劇やロマンスコメディーを行き来する幅広い演技でスクリーン、連打の興行を続けていったことに続き、最近、ドラマ'オ私の鬼さん'でさりげなくしかし知ってみると多情多感なツンデレシェフのキャラクターとしてブラウン管まで占領、最高の旬な男として位置づけられた記'チョ・ジョンソクが'特ダネ:リャンチェン殺人記'を通じて、誤ったスクープを落とした記者役で新たな演技変身を披露することを期待される。

特ダネ:リャンチェン殺人記'でチョ・ジョンソクは一世一代のスクープが史上初のミスであることを知ることになるが、すでに取り返しのつかないほど広がった事件で危機に追い込まれる記者'ホムヒョク'役を演じ、予測不可能の楽しさと緊張を伝える予定だ。 離婚、解雇の危機で、偶然な情報提供として、連続殺人犯の正体を単独報道するが、特ダネが史上初の誤報だという事実を悟った'ムヒョク'を延期した記'チョ・ジョンソクは極と極を行き交った状況の中、多彩な感情の変化を、彼特有の生動感あふれる演技で消化したという。

これにチョ・ジョンソクは"ムヒョクという人物が引き続きストレスを受ける状況が続いており、自らも肉体的、精神的に苦労したことがあった。 行けば行くほど、弱り目に崇り目、四面楚歌に陥るキャラクターの状況、感情的なディテールについて監督と相談して悩んだ、同じ焦りと緊張感としても、少しずつ違った感情に細かく表現しようと努力した"、キャラクターに対する共感と演技に対する努力を現して、映画に対する期待感を一層高めている。

'特ダネ:リャンチェン殺人記'は連続殺人事件に関する一世一代のスクープが史上初のミスであることを知った記者'ホムヒョク'。手のほどこしようもない状況の中、彼の誤報通り実際の事件が発生しており、仕事が徐々に高まっている話を描いた映画。
'恋愛の温度'ノドク監督が演出を担当して'観相'ハンジェリム監督が製作を引き受けた'特ダネ:リャンチェン殺人記'は10月、観客たちを尋ねる。
http://tenasia.hankyung.com/archives/669027

関連記事

4 Comments

marcy says..."Re: おっと勘違い。。"
ナオさん

いえいえ、
釜山なんて私にはハードルが高過ぎるっって
思ってるんですが
心の片隅ではロックオンしております!
2015.09.11 11:57 | URL | #- [edit]
marcy says..."Re: これは観たいっ!!!"
ナオさん

もう読んでるだけで
「噂の釜山映画祭」が←私の中ではw
ぶわ~っと広がってます

でも、やっぱり映画祭、難関なんですね…

友達が浜辺の特設ステージの出し物を目当てに行ったことがあるのですが←チュジフンのバンドw
公表のスケジュール通りには進行してなくて
いったいこのイベントは何時までやってるんだろう…てなったそうです

そのイレギュラーさコワイです~
2015.09.11 11:55 | URL | #- [edit]
ナオ says..."おっと勘違い。。"
marcyさーん

先に送信したコメント。
marcyさんの密やかな計画、釜山国際映画祭行きではないような(>_<)
勘違いで勝手に盛り上がって失礼しました~(恥)
でもでも、韓国行き、遂行してくださいねん♡
2015.09.10 20:27 | URL | #- [edit]
ナオ says..."これは観たいっ!!!"
marcyさん、こんばんは~♡

『スクープ リャンチェン殺人記』めちゃ大好物系の映画です~!
しかもジョンソクさんが主演!観に行きたいっ!
「釜山まで往復1枚」って感じで、思わず航空券調べちゃいましたw

釜山国際映画祭、是非に密やかに計画を進めてくださいませ。
釜山自体が私は大そう気に入ってしまったのですが、あの映画祭の雰囲気はチェコ!です。
そこにジョンソクさんがいるかと思うと~かなりエキサイティングですよ。
昨年の私がまさにそうでした笑
訳もなくキョロキョロしちゃったり、結局ニアミスで終始しましたが笑。。

それにしても、釜山映画祭のHPはホント見づらいです。
情報集めるのもすごい大変で、『私の愛、私の新婦』も釜山滞在時に初日だったのに、
まんまと2日前から公開してるとか、どうなってるんすか!と。
韓国のお友達総動員して一緒にチェックしてもらったんですけどもねぇ。

でもでも、ぜーったいお勧めです!釜山国際映画祭!
計画遂行の無事を祈ります笑

2015.09.10 20:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2064-37cc9bab
該当の記事は見つかりませんでした。