見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「特ダネ:リャンチェン殺人記」マスコミ試写会②~追記あり~

★Z現場映像]'特ダネ:リャンチェン殺人記'主役たち頑張って!Phototime



★Z現場映像]MOVIE'特ダネ:リャンチェン殺人記'チョ・ジョンソク、'負担感よりはときめいてる感情がさらに大きい'


 [ゼニスニュース=シンスンジュン記者]8日午後、ソウル広津区紫陽洞のロッテシネマの建大入り口で映画'特ダネ:リャンチェン殺人記'マスコミ試写会が開かれた。 同日、ノドク監督をはじめ、俳優チョ・ジョンソク、イ・ミスク、イハナ、キムウィソン、ベソンウが出席し、席を輝かせた。


追記
★[SSTV映像]映画'特ダネ:リャンチェン殺人記'チョ・ジョンソク"ノドク監督が伝えようとするメッセージに同意しながら演じた"


チョ・ジョンソクは"映画の中で私が演技した'ホムヒョク'が示す意味を伝えるための装置の役割をしただけ"とし、"エンディング部分について監督と話を交わしたし、1人の人物についたフォーカスを合わせて結論を下した監督の意見に全的に同意する"と明らかにした。


★[SSTV映像]映画'特ダネ:リャンチェン殺人記'チョ・ジョンソク"ワントップの負担感の大きかったが、ときめきもあった"


主演俳優チョ・ジョンソクがワントップの負担感について率直に告白した。
社会部記者を延期したチョ・ジョンソクは"プレッシャーが大きかった"と言葉を切り出し、"とりあえずシナリオを楽しく読んだ。 負担感が私を邪魔したら走っていなかったはず"と話した。
さらにチョ・ジョンソクは"負担感よりこんなに面白い話に参加したかったし私にも機会が生じたので、その機会を最大限一生懸命に努力して撮影に臨んだ"と"そして、公開日を控えており、震える感情はあるが、そのよりドキドキする気持ちがもっと大きい"と明らかにした。


★[SSTV映像]映画'特ダネ:リャンチェン殺人記'チョ・ジョンソク"寓話的な要素があって愉快に見てくれたら"


主演俳優チョ・ジョンソクが映画についてアピールした。"とても愉快で楽に見ることができる映画だ"と"寓話的な要素が入った映画なので、観客たちが深刻に受け止めないできれいに見てくれたらいいな"と明らかにした。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2119-5b14fb81
該当の記事は見つかりませんでした。