見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「特ダネ:リャンチェン殺人記」マスコミ試写会④ 映画評記事

ほめられると
素直に嬉しいですよね

★特ダネ'ジャーナリズムディスするブラックコメディ+スリラー

映画'特ダネ:リャンチェン殺人記'(監督ノドク・制作宇宙フィルム、バンガード、スタジオ、以下'特ダネ')はブラックコメディを装ったスリラー、スリラーを装ったブラック・コメディだ。 冷笑いっぱいの状況劇で虚虚実実笑わせる ある瞬間呼吸を奪い取る。

離婚と解雇の危機に悩まされていた放送社社会部の記者ホムヒョク(チョ・ジョンソク)は、偶然な情報提供で特ダネを噴出した。 単独入手した連続殺人犯の自筆のメモはしかし、小説'リャンチェンサル人気'の一部。ちょっとうぬぼれていたムヒョクは自分がとんでもない誤報を出したという事実を悟って白くなっている。 その苦しみが分かるはずがなく浮いた放送局と圧迫に乗り出した警察の間で困惑したムヒョク。ところが、事がどんどん大きくなる

開始は、間違いなくブラック・コメディだ。 主人公は名前まで虚無だ。 よくしようとしてみると、たまに空振りを付き物だが、ちょっと仕事が大きかった。 ムヒョクはうぬぼれた挫折するが、浮かれた報道局は人の気も知らないで警察に対抗して、警察が右往左往混乱をもたらして、風刺やアイロニーを加える。 しかし、ムヒョクは相次いで無理数に誤った選択をして、罪のない犠牲者が出て、映画は急速にスリラーを向かって方向を演奏する。
(中略)

躊躇していた観客を最後までしたい場合は配役に着々と合致する好演が必須だ。 そのような点で対策のない騒乱の中心に立ったチョ・ジョンソクは適役だ。 '建築学概論'でよく証明したもっともらしく白なコメディーから次第に首を締め付けてきた緊迫した状況の感情演技、アクションまで、観客に大きな影響力を行使し、ワントップの主人公として、自分の役目を全うしている。 'ナプトゥギ'以降、スクリーンのチョ・ジョンソクを代表するキャラクターがようやく出たような感じだ。

その相手はもとより、各地で自分の役目をこなす脇役たちも生きている。 パク局長駅イ・ミスクは威風堂々とした俗物として本領を発揮し、甚だしくは'キム作家'ペク・ヒョンジンまでは最適だ。 キムウィソンは旧悪キャラクターの見返りに違いない。 ペソンウは韓国映画神ダジャクキンの資格がある。 '恋愛の温度'で別れと出会いを繰り返す恋人の繊細な感情を捕捉して提出したノドク監督は、今度は真実と嘘とは近くて難しい主題を思いっきりもめして娯楽映画で勝ち取った才能を披露した。 今回に確実に15歳観覧可能だ。 来る22日封切り。
http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2015100901562141513&type=1&outlink=1


★'特ダネ'の他の名前。。'チョ・ジョンソク総合ギフトセット'

ベールに包まれていた'特ダネ:リャンチェン殺人記'(監督ノドク、以下'特ダネ')が過ぎた8日に公開された。 俳優チョ・ジョンソクを除いて述べられない映画だ。 来る22日封切りを控えた'特ダネ'は連続殺人事件に関する一世一代のスクープが莫大な誤報であることを知った一人の記者の危険千万な話を盛り込んだ映画だ。 イ・ミスク、キムウィソン、ベソンウ、キムデミョンなど、忠武路で有名な俳優たちが出演するうち、チョ・ジョンソクトが劇を率いる主人公である社会部記者ホムヒョクと扮した。

チョ・ジョンソクは、今回'特ダネ'では、スクリーンデビュー初めて映画を単独で牽引したワントップを担うことになった。 彼はマスコミ試写会や記者懇談会の席で"映画のワントップの役割を担い、大きな負担を感じたが、重要な演技をしたというどきめきのほうがより大きかった"と明らかにした。 ないのではなく、'特ダネ'はチョ・ジョンソクのすべてを発行することができる'の単独舞台'になった。 チョ・ジョンソクはまるで'総合ギフトセット'を解いて分かるように、各場面ごとに多様な姿をした。

彼は映画序盤に特有の図々しさを主武器で笑いと映画を仕上げた。 しかし映画のクライマックスに近づくほど、初盤部の笑いは来るんだって消えてしまい、内面の不安と葛藤を繊細に表現しながら映画をコメディで緊迫したことが流れるスリラー映画に転換する術策を弄した。チョ・ジョンソクは毎シーンごとに予想していなかった演技を披露し、映画のおもしろさを増す。

特ダネ記事9

チョ・ジョンソクは2012年'建築学概論(監督イヨンジュ)'で'ナプトゥギ'で演技力を認められた。 彼は自然な演技とミュージカル舞台で鍛えられた正確なセリフのカレンダーに大衆の関心を受けた。 さらに、2013年、映画'観相'(監督ハンジェリム)で主人公のソン・ガンホの義弟である'ペンホン'に分解、軽率で隙の多いが、憎めないキャラクターを消化した。

彼はコミカルなキャラクターに留まらなかった。 昨年、シン・ミナと一緒に出演した'私の愛、私の新婦'(監督イムチャンサン)で、甘くたメロ演技を披露し、正祖大王暗殺計画を描いた'逆鱗'(監督李ジェギュ)では冷血暗殺者'ウルス'を延期してコミック俳優という偏見を破った。

その後、彼は、スクリーンを超え、お茶の間劇場まで縦横無尽にしている。 このほど幕を下したケーブルチャンネルtvN'オ私の幽霊さま'ではパク・ボヨンと呼吸を合わせながら強烈に見えるが、心弱い'ヨセクナム'カンソンウを演技した。女心も一緒に掴んで、どのような配役でも消化できる'千の顔'であることを証明した。

彼が演技した記者ホムヒョクの姿の中で彼が演技したすべてのキャラクターたちに会うようだった。 劇中で彼が特ダネをもたらしたとし、虚勢を張るシーンは、'ナプトゥギ'とオーバーラップなり、誤った報道だったことを悟ってうろたえる姿は'ペンホン'に似ている。 極が最高潮に差し掛かると、連続殺人犯と対決する時には全く違った顔だった。 一作品の中で多様な顔を集めておいた感じだった

チョ・ジョンソクの変化に富んだ演技を鑑賞するだけでも'特ダネ'はみる味が格別だ。 'チョ・ジョンソク総合ギフトセット'特ダネ'が彼に興行俳優のタイトルまで与えられるか期待される。
http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2015100904031188161&type=1&outlink=1

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2122-d1a7b6c0
該当の記事は見つかりませんでした。