見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「特ダネ」インタビュー ②

Jメールに連絡をいただいて
「特ダネ」狙い隊が4名に!

24日、25日の舞台挨拶に行かれる方!
メール&コメントから
ぜひ声を掛けてくださいね~

さて怒涛のインタビュー記事…
最初衣装ごとにまとめようと思ったのですが
その数に…くじけました^_^;

衣装とは別に記事を抜粋でUPしていこうと思います


★'特ダネ'チョ・ジョンソク"所属会社移してチョン・ジヒョン見られると希望に満ちたけど・・・"

最近、チョン・ジヒョン、パク・ミニョン所属会社の文化倉庫と専属契約を締結したことについて"所属会社移した後にチョン・ジヒョンさんに会うことができる希望と夢がいっぱいが、お互いに忙しくて見なかった。 パク・ミニョンさんは見た"ともっともらしくとぼけて笑いを誘った。

チョ・ジョンソクは"契約が満了して移しただけだ。 所属事務所移転する当時様々な噂が多かった。 私は、所属会社をたくさん調べていないのに私が誰を会ったんだって、コーヒーを飲んだげな噂がたくさんあったよ。 、私はその場になかったが、言葉だ"と"うわさというのが本当に不思議だったよ"と伝えた。
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=803406



★'特ダネ'チョ・ジョンソク"フックがなくジャブで演技"[インタビュー]①

"私は大振りするストレートやフックではなく、ジャブで演技しているスタイルだ。"俳優チョ・ジョンソク(35)が自分だけの生活演技の秘訣を説明した。

特ダネインタビュー71

スター演技者の場合、若い時代には'各'を握ったり、フォーム私は演技をして40代以降から身近な'生活演技'に転換したりする。 しかし、チョ・ジョンソクは映画'建築学概論'の納得が時からこんなスタイルの演技を上手に駆使してきている。 ぶつぶつ言っていたような独り言と呼吸、かわいい、ユーモラスなアドリブが特徴だ。

"感情的な部分を調節していくことに重点を置いた。 その一方で、ムヒョクの感情が、地道に積まれ、最後まで緊迫感を維持するため、ノ監督と話をたくさん交わした。 映画の前半部はドタバタコメディー感じなら、後半部は、実力者事件に直面し、スリラータッチで流れていく。 そうだと明確に区分するよりポイントが切れないでずっと続くことができるように気を使った。"

感情が渦巻く作品の場合、映画でクローズアップは俳優の感情を増幅して見せる効果的手段だ。 しかし、'特ダネ:リャンチェン殺人記'は距離を置くに向けてクローズアップを最大限自制している。 俳優の立場では大変な要因だ。

"普通の映画の絵は監督自身だけが知っているので、私は撮影を図りながら、徐々に身が解けて認知していく。 それで監督に'クローズアップないの?'とずっと聞いてみた。 ノ監督は'取れなくても大丈夫だから心配するな'とした。 撮影希望回が増え、ノ監督の意図を悟った。 私たちの間で冗談でコーエン兄弟のようだと監督を'ノコーエン'と呼んだ。"
※コーエン兄弟
兄弟共同で映画製作に携わっている
映画監督・映画プロデューサー・脚本家
技術的な特徴としては、俯瞰ショットやワイド・レンズでの撮影、移動撮影や複雑なカット割りの多用が挙げられる

特ダネインタビュー69

特種:リャンチェン殺人記を最初から最後まで導いていくチョ・ジョンソクの演技で一気に目立つ部分は事実的な記者の演技と予想値を上回るアクション場面だ。 情熱の多い社会部記者が華やかなアクションをこなした感じだ。

"撮影前、記者を直接会って助言を得なかった。 代わりに記者業務の断面を見せているリポーティングのため、地上波と総編のニュースを本当にたくさん見、話し方、アクセント、抑揚、ポーズなどを練習した。 スタジオでは正常にコメントをして野外では寒さを考慮して発音が少し暇にするなど、ディテールに力を入れた。

アクションシーンはしなやかな合意アクションがないマク戦いと損傷する危険が大きかった。 実際の腕も怪我をして、筋肉を入れ間違えて捻挫にかかった。 応急室に行って注射を打たれた後、また撮ったりした。"

"これまで作品が面白くて選択した。 これからも欧米が引くとすぐにやるつもり。 重厚な正極であれ、柔らかなロマンチックコメディーであろう、'特ダネ'のようなスリラーでも逃したくない。 いつもキャラクターになるために努力するが、媒介体がコックピットだから当然私の体臭がキャラクターについていると見ている。 生活の演技は普段私の姿、長所がうまく染み出てが起きるかもしれないので、どうしても楽でいい。 私の魅力か?彫刻美男もないのに…親しみやすさがないだろうか。(笑)真剣な面もあるが、茶目っ気たっぷりで愉快に暮らしたい。"

ミュージカル俳優から出発して映画'建築学概論'を通じて話題の人物に浮上し、ドラマと映画でトップクラスの仲間入りをした。 特に映画'観相''逆鱗''私の愛、私の新婦'で興行連打をしながら'主流'俳優になった。

これまでは相手の俳優と作品および興行をともに責任を負う位置だったなら、今回は静かに一人で耐えなければならない。 牛乳色の顔にそっと影が落とす。
"ワントップ映画と責任と負担感がすごく押し寄せる。 睡眠はよく眠るんだけどとても早く覚めている。 無意識的に緊張して圧迫感を感じるようだ。 初めて作品選択する場合は負担なく'これは私に機会だ。 挑戦してみよう'がリードした。 現場でも負担がなかった。 完成品が出て封切りを控え、ようやく実感が出る。 200万観客が損益分岐点だが、500だけがなれば泣きそうだ。"

http://m.sportsq.co.kr/news/articleView.html?idxno=94251

特ダネインタビュー70

特ダネインタビュー68

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2141-183c4692
該当の記事は見つかりませんでした。