見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

演技と書いて幸せだと読む、俳優'チョ・ジョンソク'

↑題名からして素敵な感じです

ヘドウィグ記事2

天才は努力する者に勝てないし、努力する者は楽しむ者に勝てない"という言葉がある。 チョ・ジョンソクは、その言葉にぴったりの俳優だ。 2004年ミュージカル'くるみ割り人形'でデビューした後、一年も休まず、ミュージカル、映画、ドラマを行き来しながら熱い情熱で、大衆たちの心をつかんだ。 '楽しむ者'でなければ出来ないことではないか。


ミュージカル界の信じて見る俳優'チョ・ジョンソク'

ヘドウィグ記事3

2016年ミュージカル'ヘッドウィグ:ニューメーキャップ'のキャスティングが公開されると、ミュージカル界がかたかたと鳴り始めた。 2014年ミュージカル'ブラッド・ブラザース'後、しばらくの間舞台を離れたチョ・ジョンソクが2年ぶりに'ヘッドウィグ:ニューメーキャップ'に戻ってくるからだ。 この2011年ヘッドウィグシーズン6がチョ・ジョンソクの最後の'ヘッドウィグ'であったことを考慮すれば5年ぶりに帰還でもある。

'ヘッドウィグ'は手術に失敗したトランスジェンダー'ヘッドウィグ'に関したミュージカルで、ヘッドウィグの自我を求めてさまよった人生とこれを昇華するロックアンドロールが合わせて観客を狂乱のロック・ミュージカル世界に引きつける。 シーズン3、4、6の'ヘッドウィーク'を務めたチョ・ジョンソクにファンはチョ・ジョンソクの肌が白いことを置いて'白々している'と'ヘッドウィグ'を合わせて'ポドゥウィク'という愛称を付けた。 それだけ'ポドゥウィク'は大きな愛を受けた。

2004年のデビュー以来'ギリシャ'、'チャーリーブラウン'、'私の心のオルガン'など17つの公演に出演し、舞台をまるで自分だけの散策路であるかのように散歩に出かけた。 さらに、2008年'私の心のオルガン'でデビュー4年ぶりに韓国ミュージカル大賞・男優新人賞を、'スプリングアウェイクニン'の森駅で2009年、韓国ミュージカル大賞・男優助演賞と2010年もっとミュージカル・アワード助演男優賞を受賞し、多作の実を結んだりもした。

以外にもミュージカル'大長今'ではチョ・クァンジョ役を演じ、"ミュージカル'大長今'でなく、ミュージカル'チョ・グァンジョ'だった"は言われるほど、存在感のある演技を披露しており、演劇'アイルランド'と'トゥルーウェスト'を通じて正極演技に挑戦して観客や評論家たちに好評を受けた。 公演界のチョ・ジョンソクは浮かぶず、空の果てまで届いて最も明るく輝く星だ


#大衆の前でも'輝く星'チョ・ジョンソク

ヘドウィグ記事5

そんなチョ・ジョンソクにミュージカル学科を背景にしたキャンパスドラマ'ワッツアップ'の出演依頼が入ったのは当然のことかもしれない。 たとえ視聴者たちの大きな反響を得なかったけど、'ワッツアップ'の編集作業に一緒にしたイ・ジェギュ監督がチョ・ジョンソクの演技を見守った。 以後、イ監督はMBC 20部作ドラマを演出し、チョ・ジョンソクを愚直な近衛隊長役にキャスティングした。 その役割がまさに'ザ・キング・ツー・ハーツ'の'ウンシギョン'。ウンシギョンはまっすぐな信念を持つ人物と王イジェハに死ぬ瞬間まで忠誠して多くの視聴者たちの心を揺さぶった。

また、チョ・ジョンソクを語るなら映画'建築学概論'を欠かすことができないだろう。 チョ・ジョンソクは'建築学概論'で主人公の友人'ナプトゥギ'に分解"どうするの、お前?""それがキス?"などの流行語と魅力的な演技を披露して大衆に顔を知らせた。 だけでなく、チョ・ジョンソクは'ナプトゥギ'で青龍映画賞新人男優賞を獲得し、つづいて映画'観相'では観相家、ネギョンの義弟'ペンホン'を演技し、大鐘賞映画祭助演男優賞を受賞し、成功的に大衆に'俳優チョ・ジョンソク'を刻み込んだ。

この他にも映画'特ダネ:リャンチェン殺人記'の記者'ホムヒョク'を務め、初単独主演で映画をリードした。 ドラマでは'最高だイスンンシン'、'ああ、私の幽霊さま'でそれぞれ'イスンシン'に陥った芸能プロダクションの社長、虚勢多くのレストランの社長兼シェフを務め、愉快で甘ったるいロマンチックコメディ演技を成功的に披露した。 特に'ああ、私の幽霊さま'は初回から終了まで毎回、同時間帯の視聴率1位を記録し、チョ・ジョンソクを'ロコキング(ロマンティックコメディーのキング)'の座に押し上げた。


# アイスランドで芸能感誇るチョ・ジョンソク星

ヘドウィグ記事4

最近、チョ・ジョンソクは芸能を通じて一味変わった姿で視聴者らに近づいた。 彼は今年1月1日から放送されたtvNのバラエティ番組'花より青春'で俳優チョンウ、チョンサンフン、カンハヌルと共に、いわゆる'フォーストーンズ'という名前で、アイスランド旅行記を見せてくれたチョ・ジョンソクは放送を通じて演技するチョ・ジョンソクではなく人間チョ・ジョンソクの姿をしっかり見せてくれた。

誰一人ブレーンだと言えない'フォーストンズ'メンバーたちは旅行しながら生ずる難関を色とりどりの方法で乗り切った。 そのうち.チョ・ジョンソクは、アイスランドで言語の障壁にぶつかるたびに、翻訳機を取り出して純真な魅力を繰り広げた。 "ホットドッグ三つください"が"プリーズホットドッグ・ワールド(Please hot dog world)"に翻訳され、大きな笑いを与えられたシーンは視聴者たちに長く取りざたされるのもした。※「三つ=セゲ」が「世界=セゲ」に訳されてしまった為

今年も"牛のように働く俳優チョ・ジョンソク"を証明するかのように、ミュージカル'ヘッドウィグ:ニューメーキャップ'とチョ・ジョンソク主演の映画'時間の離脱者'と'兄'が封切りを控えている。 チョ・ジョンソクは、かつてあるインタビューで演技するとき最も楽しいと思っているジャンルが何かという質問に"どのジャンルをしても演技するこの瞬間が一番楽しい"と答えた。 チョ・ジョンソクはいつも演技に対する渇きがノドが渇いた俳優だ。 演技についての彼の情熱はすぐに素敵な舞台に戻って、観客は拍手で応えたのだ。 これから先のチョ・ジョンソクの舞台が期待される理由だ。

http://newsculture.heraldcorp.com/sub_read.html?uid=76317§ion=sc158

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2372-7cb4be7e
該当の記事は見つかりませんでした。