見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「チョ・ジョンソク、未知の男」ELLE3月号インタビュー記事

昨夜は公式ブログさんから最後の挨拶がありましたね…

そして!いよいよ3月!
ヘドウィッグ初日!
今日はチョ・スンウ ヘドウィグです


★チョ・ジョンソク、未知の男

到達したことのない未知の風景を追っているチョ・ジョンソクは旅程の最後に何があるかまだ分からない。 そのためにその道がもっとドキドキする。

ELLE3月号6

昨日、金曜日の夜に何をしたの<花より青春アイスランド>を見ました。 ほとんど本放送死守しています。 アイスランドの驚異的な夜空を見てきた後、ソウルの夜空を眺めれば、そういえば、ソウルの空を注意深くみたことがありませんね。 帰るや否や残った映画撮影終了し、ミュージカル<ヘッドウィグ:ニューメーキャップ>を準備するために、思いもしませんでした。 しかし、アイスランドに対する記憶は毎日浮かびます。 何も知らなくて行ったが、本当に良かったです。 そこにオーロラがあるのかも知りませんでした。

オーロラは何番か1等!、アイスランドで劇的な瞬間が多かったが、その中でもオーロラが最高でした。 圧倒的な自然を見ると、'すばらしい''雄壮だ'と表現をしたが、心の中では私が限りなく小さな存在だな、という謙虚な心が聞きました。

アイスランド旅行をケチな面貌を見せたが、最後の日その他の欲を出しているが、ギターを弾くのが好きです。 趣味のレベルだが、アイスランドにまた行ったら音楽旅行になるかもしれませんね。 アイスランドは音楽的インスピレーションを受けことに完璧な所です。 東西南北のどこに行っても、絵のような風景が広がってです。 それでアイスランドのミュージシャンたちの音楽が汚れていないように純粋で叙情的みたいです。 アイスランドで受けた音楽的インスピレーションは、そうする暇がなかったです。 四人が会議を一日に数十回ずつしたんですよ(笑)

ELLE3月号7

アイスランドでの姿と何か違って見えが、'コボンイ眼鏡'を使わなくてそんなことか<ヘッドウィグ>で女装をしなければならないためにダイエットをしています。 最近の献立は、デンマークダイエットメニューとして朝、昼にゆで卵1つ、トースト1枚、グレープフルーツ1個、ブラックコーヒーを、夕方にはサラダを食べます。 献立を守ることも重要だが、運動を一生懸命しています。 そんなに手入れの行き届いた体を作品が終わっても維持するほうかなそうしたい気持ちは一杯だが、世の中には美味しいのがとても多いです(笑)!彼より私が望んでいる してもできないことが次の役割によって筋肉を取ったり、<建築学概論>の'納得が'駅のように体重を呼ばれなければならないこともします

トランスジェンダ・ロック歌手である主人公が劇の大半を率いていく<ヘッドウィグ>は、俳優たちの挑戦意識を呼び起こすことで有名だが2006年に初めて'ヘドウィグ'役を受け持って以来、四番目に上がる舞台です。 するたびに難しい宿題が与えられるが、それを解いていき、正解に近い作品を作っていく喜びがあります。 それで後にまたしたくなります。 この作品を再びすること自体が自分を試してみて、新しい挑戦に乗り出すという情熱を感じさせます。 四十歳を過ぎてもヘドウィグをしろと言うならするでしょう。

10年前と今のチョ・ジョンソクのヘドウィグはどんな違いがあるのか前にはヘドウィグという人物をよく表現しようとしていたら、今は、あえて表現しなくても、自ずと明らかになっているヘドウィグを夢見てです。 小耳に挟んだところによると、'現した演技'より'明らかになった演技'がもっと立派とします。 これを一度経験してみたいです。

ELLE3月号8


ドラマと映画を主にして久しぶりにミュージカル舞台を訪れたどんなジャンルをしても準備する姿勢は同じなのに確実にわくわくする心が大きいです。 名節を迎えて故郷に行く気持ちだと言える。 家に行ったら家族たち顔見て美味しいものもたくさん食べるでしょう。 私は舞台という所でデビューしました。 故郷と同じ舞台で私を懐かしがってくれる観客を早く会いたいんです。 舞台が依然として良い理由はドラマや映画とは違って、舞台では俳優と観客が一緒に疎通して共感しながら、遊べます。 <ヘッドウィグ>はそのような魅力が極大化された作品です。 最善を尽くして遊んでみたいです

誰か<ヘッドウィグ>を見て"どうしたらあなたのような俳優になれるでしょう?"と問うならば、正直になれという助言を渡したいです。 内面にあるこころそのままをどれだけ表現できるのかが重要です。 以前にジェニファー・ローレンスがアカデミー授賞式で、主演女優賞を受けに出かけるとして倒れた後、気分はどうかという質問を受けた時、Fで始まる単語が浮上したとしました。 誰がこんな状況で、このように話します。 自分の心を素直に表現してみると、'今私の気持ちがこうなのにどうして'する堂々さが起こります。 私は「ああ、演技している」このようなニュアンスは好きではないです。 なんか嘘しているというように聞こえます。 もちろん、演技は人々に虚像を見せてくれるうそです。 しかし、その虚像を信じるようにするためには、心を尽くさなければならないです。 それで演技は本物です。

ELLE3月号9

自分の本音を一番よく分かってくれる人は近い友達です。

<花より青春アイスランド>を見ながら感じたんですが、真の友達になるためでは長く知っている間柄、それ以上の何かがいなければならないようだ言わなくてもお互いに本音を認めなければなりません。 幼い頃に友達から誕生日プレゼントをもらうと私も必ず取りそらえてくれるという考え方を考えることになるでしょう。 このような義務感に駆られるのではなく、プレゼントをくれる心を認めてくれる人が真の友達じゃないかと思っています。 私はスマートフォンの住所録に友達の電話番号を保存する際、グループ別に分類せず、ニックネームのようなものも使わないです。 その友達の名前の三者の中ですべてが盛り込まれています。

'この人が私の人だ'たい基準というのがありうれしいことが出来た時に一緒に笑ってくれる人は多いが、悲しくて大変な時間を一緒に送ってくれられる人は珍しいです。 だから、そんな人たちがさらに大事に感じられます。 ところで珍しくも年を取るほど心から喜んでくれる人が少なくなっているようです。 私もそうだが、人は、猜忌や嫉妬をするしかないです。 これは人間関係をうまくまとめて行くのも重要だと思います。

最近友達に自慢することはアイスランド旅行です。 「私はあなたたちより先にここを通って来た」としながら(笑)。実は自慢のようなものがよくしません。 この前に映画の<ドンジュ>を見たが、'恥を知るために恥ずかしがることはない'のせりふが記憶に残るんです。 いい人は自分を名乗らなくてもいい香りが出ると思います。

ELLE3月号10

いい俳優、いい人じゃなくて、いい男になりたい。結婚した友達が家族をために一生懸命生きていく姿が素敵に見えます。 絶対にでたらめな仕業をしません。 友達は"ジョンソク、君が私たちの自慢だ"と言うが、彼らが私の誇りで人生の師匠だと思います。 私より先に結婚してパパになってもっと多い経験をしているじゃないですか。 友達を通じて一番の重さを感じたりもして、遠い後日、私が死ぬ時誰かがそばで、別れのあいさつをしてくれるかも想像します。 人に傷を受けたりもするが、その傷を癒してくれることも、人です。 一度だけの人生を良い人と一緒に住むことが重要だという考えを最近たくさんします。

俳優として警戒するのは恐れたり、恐れないようにしています。 できるのは全部やってみようという主義です。 失敗の経験が少ないこともあまりと思います。 本来の性格がそうなんですよ。 何かをしなければならないかどうかをめぐって対立する友達がいて、もどかしい気持ちに"とりあえず、やってみてはじめて分かるさ!"と促してです。 中学校のときは隣の反女の子を片思いした友達がいて'私たちは隣のクラス'というタイトルの歌を作ってくれたりもしました。

今まで歌ったミュージカルナンバーのうちチョ・ジョンソクのOSTは、まだ<ヘッドウィグ>のオープニング曲である'Tear me down'が似合いそうです。 世の中に向かって私を壊してみと、かかってこいと叫ぶ歌です。 何が最後にいるか分からないが、これからずっと進もうと努力中です。 正直に10年後にこの質問を受けても同様に話するようです。 その時も今のように演技に対する渇望と情熱が冷めないで欲しいです
http://m.elle.co.kr/article/view.asp?MenuCode=en010302&intSno=15333

チョ・ジョンソクのOSTと称した「Tear me down」
本人ver.




ヘドウィグ訳詞はこちらを参考に
http://www.kitamaruyuji.com/dailybullshit/2007/02/post_206.html←クリック

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2402-25c3c467
該当の記事は見つかりませんでした。