見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

帰ってきた'ポドウィグ'…白い肌の秘訣?厚化粧です。ハハ

ヘドウィグ記事22
ポドウィグが帰ってきた。

1日公演を開始した'ドゥレグクィン'(女装子)ロッカーの人生を描いたミュージカル'ヘッドウィーク'の主人公チョ・ジョンソク(36)。2006年と2008年、2011年に続いて同作品の主人公だけでもう四度目である。 彼は2006年の初演の時からとりわけて白くてきれいな肌にファンの間でポドゥウィクという別称で愛されている。

最近会った彼は"ヘッドウィークは映画やドラマに出演する前、ミュージカル俳優として私の名前を知らせることができた'人生作品'"とし、"いつか再び戻って来たいた作品なので、今回の公演の意味が大きい"と話した。

今回の公演は彼にもう一つの意味がある。 もともと耳が良くない70代半ばの母親が彼の切実なナンバー(歌)を初めてまともに聞くからだ。 彼は"母が補聴器をしてあげても嫌だと意地を張りましたが、6ヵ月前に私がその角を折って良い補聴器をプレゼントした"、"補聴器を使用し、新世界(シンセゲ)に出くわしたと好きです"とした。

補聴器の効果は彼の公演につながった。 "先日、日です。 急に'ジョンソク、私のヘッドウィグの公演いつみせてくれるの? 本当に期待されて。5年前には実は、なんと言っているのかよく聞こえないので絵みるようにただ君の姿だけ見たの'とおっしゃってましたよ"

ヘドウィグ記事21


今回の作品もヘドウィグ熱烈なファンを「座席戦争」にぶら下がるという「カーウォッシュ」シーンが出てくる。公演中ヘドウィグが観客一人の座席上に上がって、自動洗車をするように体を揉む場面である。彼のパフォーマンスでは、彼だけのカーウォッシュ席指定されている。 Bゾーン1列の最左座席や2列1番席その場だ。彼は「この席配置は、2階でも「カーウォッシュ」をよく見ることができるように特別に配慮した」と述べた。

彼は今回の公演3週間前から卵とグレープフルーツを主に食べているデンマークのダイエットで、ショープアップの管理に力を入れた。 そのおかげで、5kgの減量に成功した。 "露出が少しいて、久しぶりに舞台に立っていたため、体つきを管理していないことができませんでした。 いざ公演が上がったら肌がもっとハマって衣装を減らしました。"

体つきだそうとして白い肌の秘訣が知りたかった。 ポドゥウィクという愛称に対する考え方を問うと、彼は恥ずかしがった。 "年を取れば取るほど本当に負担される愛称です。 肌が白いのは事実厚化粧です。 ハハ。

今回の作品にはファンのためのボーナスがもう一つある。 公演前半ヘドウィグは自分の公演場の位置を観客に説明しようと舞台の上に映像に、グーグルマップを浮かべて"私は、グーグルマップが好きだ。 グーグル翻訳機もいいし"というアドリブを利かせている。 最近、彼が登場したtvN'花より青春'に出たシーンをパロディ化して作品にはめ込んだものだ。 彼は"100%私のアイデアだ。 アドリブの研究をたくさんした"と満足な表情で言った。

ヘドウィグは5月29日まで、ソウル鍾路区弘益(ホンイク)大学の大学路(テハンノ)アートセンター大劇場で開かれる。
http://news.donga.com/3/all/20160322/77129560/1

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2441-64a24a5d
該当の記事は見つかりませんでした。