見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「時間離脱者」チョ・ジョンソク インタビュー記事⑩

★コミと公開熱愛チョ・ジョンソク "結婚?まだ少し余裕がない

結婚?まだ少し余裕がない。"
俳優チョ・ジョンソク が8日、ソウル三清洞(サムチョンドン)で行われた映画'時間の離脱者'インタビューでこのように述べた。 チョ・ジョンソク は歌手を持つクモとコンゲ恋愛中だ。 彼は"年はなったが、結婚する気に対する余裕がまだないようだ。 明確にする気あるのにせずにいるのを見とまだそうだ"と笑った。

さらに、彼は"その友達も忙しすぎて私も今はその友達にも負けないように忙しくてそうだ"と理由を説明したりもした。
コジェワン記者
http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201604080100070800004808&servicedate=20160408



★'時間の離脱者'チョ・ジョンソク "チョ・ヨンピル「虚空」歌っていた6歳の時から離脱なしに

時間記事102

チョ・ジョンソク は'時間の離脱者'で問題児生徒スンボム(イ・ミンホ)に"羅針盤の針が動く間には方向を知ることができないものだよ"という言葉をする。

急き立ててよりは待ってあげるという意味だ。 チョ・ジョンソク は現在自分の羅針盤の針は一つの方向を指すと自信満々に言う。 そしてこれは幼い時からずっと同じ方向に向かっていたことを付け加えている。

チョ・ジョンソク はミュージカル'グリース'で2005年にデビューした。 大衆に刻印されたのは映画'建築学概論'(2012)年を通じてだ。 "納得がいかない"と言うナプトゥギ役の言葉だ。 ミュージカルとしてスタートし、俳優としての地位を固めた。 彼は"多分着々とこちら(俳優)に行っていなかったのか、考えています"と語る。 "なるやつはなるという言葉は好きじゃないです。 なるやつは作ったんです。"

チョ・ジョンソク の羅針盤の方向を定めたのは意外な人物だった。 学生時代頑張って通っていた教会の伝道師さんがある日、彼を新村にあるファミリーレストランに呼んだ。 三浪していた時代だった。 当時を振り返って、"傍花洞に住んでいたんですよ。 新村(シンチョン)は完全に市内でした。 何かおっしゃいますかしながら出したんです"と冗談から震えた。

"伝道師さんが演じてみる気はないかと言いました。 私が教会で公演、ソング、ミュージカルなど色々なことをしたんですよ。 そのまま遊び文化のように接したんです。 面白かったのでです。 ところで、そのようにしないでなかったようです。 黙々と見ていたが、そのような話をしてくれたものです。 その話に演技を学び始めて試験を受けたが一気につくものです。 そして、方向を訪れたのです。"

時間記事103

チョ・ジョンソクは少しは抜きん出ていた6歳になった時の話を付け加えた。 彼は"この道を方向に一番最初の思い出に残っていることがあります。 小さい時、田舎で、親指を怪我しました。 それでギプスをして病院に入院したことがあります。 そこで、趙容弼先輩の'虚空'を呼んで拍手喝采を浴びた記憶があります。 病室にかなり人が多かったです"と話し、インタビュー中"夢だったと考えるには"で始まる'虚空'の一小節を披露した。

自然に過去の話がインタビューで続いた。 '時間の離脱者'はタイトルの通り、時間を行き来しながら広がるためだ。 映画は1983年度に住むジファン(チョ・ジョンソク分)と2015年に住むゴヌ(イジヌク)が夢を通じてお互いの日常を受けることになり、その中で目撃した一人の女(イム・スジョン)の死を防ぐために孤軍奮闘する話を盛り込んだ。 過去の変化は、現在も変化させる。 ある人が住んで死ぬ、殺人事件なら、その幅はさらに大きくなる。

話に良く聞いて私という思いで接近しました。 ジャンルはメロとスリラーが結合されたのですが、私は、スリラーにもっと重さを載せたいんですよ。 'ジファンを通じてチョ・ジョンソクのどんな姿を見せると、'がなかったんですね。 物語が重要な作品だから、人物の関係性をよく見せてくれて、話者としてよく使われる道具になると思いました。"

チョ・ジョンソクが感じたジファンの魅力は、犠牲精神だった。 ゴヌの状況を通じて未来を見ることになるが、、選択はいつもジファンのものだった。 そのようなジファンを描くため、チョ・ジョンソクも犠牲を甘受しなければならなかった。 特に、体に当たるアクションにそのまま体を投げた。

"雨の屋上で撮影するときでした。 12月、1月に行われたが、私が着た服が薄くたんですよ。 最初は寒さとの戦いでした。 そして、服が薄いので保護装備を着用することがなかったんですよ。 演技するときは知らなかったのに、次の日腹を見ると、線路(角材跡)が生じてきたんです。 角材で殴られた跡がはっきりしました。 痛みました。"

時間記事104

チョ・ジョンソクがジファンに身を投げられたのは愛する一人の女性のせいだった。 彼は"素敵じゃないですか?"と反問した。 永遠不変の愛に対する感性的な信念ゆえに可能なことだった。 "そんなことに共感ができなかったら、最初からシナリオを面白く見られないんです。 私が少し明確に現実的じゃないんですよ。 ちょっとロマンがあり、学生時代の試みを教えました。(笑)"

チョ・ジョンソクの羅針盤は止まった。 しかし、彼は依然として予測できない。 彼も'ロールモデルを決めておいて、どんな俳優になれるよ'という考えを警戒する。 "予測可能な演技は良くないようです。 常に新しいものだけが真理はなく、正統演技を力強く推し進めることも必要です。 ところで私は誰かは考えなかった呼吸を見出すことに喜びを感じる。 絶えず好奇心を刺激する俳優、それが私がなりたい姿であるようです。"

チョ・ジョンソクは俳優としての自分と人間としての自分を区別しようとしている。 ミュージカル'スプリングアウェイクニン'(2009年)を行う際、悟った点だ。 劣等意識に包まれて自殺まで考えする極端的なキャラクターサンモリッツ役を引き受けた時だった。 公演を見に来た知人は"ジョンソク、心配される"と話した。 チョ・ジョンソクの実際の人生も変わるほど没頭したキャラクターだった。 ふと、こうしたらいけないと考えた。 それで未来の自分に向き合うことになると、見たい姿で人間のチョ・ジョンソクの姿を言う。

"未来の私を見るようになったらですか。 どのように変わっているのか気になりたりしますね。 俳優の地位がどのように変わっているかではなく、私が私の人生をどのように享受しているかが知りたいです。 事実'花より青春'を通じて、旅行も行ってきたが、感じた事があるんですよ。 私がどれだけ享受して生きるかに対する考えです。 家族とどれほど時間を送るのか、見たい友達はどれほど会っているか、演技という職業のほかにどれほど私の人生を享受しているかを見たいですね。"

時間記事105

http://www.focus.kr/view.php?key=2016040800224653152


※「問題児生徒スンボム(イ・ミンホ)」と文中に登場していたイ・ミンホ←皆さんが思い浮かべるイ・ミンホではない方w
自身のインスタに時間離脱者の教室のシーンをUPしてました

時間インスタ12


※6歳の時入院していた病室で拍手喝采をあびたという
チョ・ヨンピル「虚空」



関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2486-3d755e64
該当の記事は見つかりませんでした。