FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク|滑走路を外れた①

maxmovieのインタビュー記事です

<時間離脱者>のジファンは、長い髪の毛の間で鍛えた目を輝かす暖かい人だ。 こちらに立っていることもあちらを歩いてもませんが、曖昧でもない。 境界線にまたがって、緊張を維持する俳優チョ・ジョンソクに会った。

時間記事127


変化球を投げる
<時間の離脱者>を選択した理由は何か?

ミュージカル<ブラッド・ブラザース>を公演した2014年にこの映画のシナリオを受けた。 読むと、斬新な作品という考えがかかり、この新しい話に必ず参加したいという考えで出演を決めた。 もちろん、時期が似ていることが重なったドラマ<シグナル>(tvN)とたびたび一緒に取り上げられていることは知っている。(笑)


時間を行き来する設定を持った他の作品と<時間の離脱者>の違いといえば?

時空間超越という素材を使用した映画やドラマはかなり以前からあった。 しかし<時間離脱者>は登場人物が現在と過去を行き来するのではなく、過去の男、ジファン(チョ・ジョンソク)と現在の男ゴヌ(イジヌク)が夢を通じてお互いの日常をのぞいて事件を解決していく仕組みを持つ。 規定するとタイムパラドクスラは概念が最も合致しよね。 もう一つ重要なのはこの映画がスリラーという支持基盤の中にしっとりしたメロドラマの情緒をたいへん味わいに植えたというのだ。 そのほかの乾燥したスリラーと比較した時、<時間離脱者>だけが持つ強みだと思う。


アクション・シーンが少なくなかったよ。

大変だった。(笑)アクション・シーンは1日中撮影した。 冬に撮影をしたが、寒さとの戦いでもあったが、角材で殴られシーンでどのような保護装備を着用することができなかった。 衣装が薄いうえ、雨まで合うから、肘や膝にサポーターをすると、気配が出るのだ。 それで細かい擦り傷や打撲傷を負った。(笑)


キャラクターに少しの変奏を加味しながら演技する時、俳優チョ・ジョンソクの魅力がぱっと目につくと思う。 ところが1983年に住むジファンはジョンソク(定石)のように感じられるかいる人物だ。

ごく当り前の人物のような音楽の先生に、ジファンの平凡さを強調したかった。 それでは、ジファンが持つ極と極の感情線が鮮明に対比されることができるようだった。 後半部、ジファンの犠牲がさらに切ない表情で感じられるだろうし。 この映画のトーン&マナーにはそのような演技が合うという判断をした。 もし人々が予想して期待する変奏されたチョ・ジョンソクの呼吸で演技してしまえば、<時間離脱者>が持つムードであまりにも目立ったり外れそうだった。
http://news.maxmovie.com/movie_info/sha_news_view.asp?newsType=&page=&contain=&keyword=&mi_id=MI0101214736

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2532-b822864c
該当の記事は見つかりませんでした。