見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

リスト公開'スターたちの食い違った運勢キャスティング5位「オナグィ」(ああ、私の幽霊さま)チョ・ジョンソク~動画追記あり~

先週、大韓航空の方から連絡があり
直接ご自宅に伺ってお詫びしたいということで
昨日、我が家へ担当者お二人で見えました。

社長からのお詫びの手紙と
「決してあってはならないことを起こしてしまい
大変なご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」
という謝罪の言葉がありました。

事故原因については
まだ調査中とのことだったので
きちんと原因を究明していていただき
判明したら教えてもらいたい旨と

避難誘導についての
悪かった点、良かった点

こちらから伝えたかったことは全部お話しできました。

持ち帰ってきちんと参考にさせていだきます
お見舞い金を後日送らせていただきたい←ちょうど往復のチケット代くらい
とのことでした。

同席していた我が家のキングは
「韓国が大好きなんで←私の方を見ながらw
これからも韓国へ行く時は利用させてもらおうと思ってますから
きちんとやってくださいね」と
最後にちょっとカッコつけて言ってました(^^ゞ


「ああ、私の幽霊さま」絡みのネタです

↓昨日のツイッター

もっと知りたい!韓国TVドラマ編集部 ‏@mokkanhenshu

【もっ韓73本日発売】「#ああ私の幽霊さま」特集は21ページの大特集!#チョ・ジョンソク、#パク・ボヨン の主演2人に加え、#イム・ジュファン、幽霊役の #キム・スルギ、新鋭 #クァク・シヤンまで、読み応えたっぷり!


韓国の記事には「ああ、私の幽霊さま」キャスティング裏話が
5位のところだけ抜粋です

幽霊記事139
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=900364

★リスト公開'スターたちの食い違った運勢キャスティング
1位「娘」チョジンウン…2位「太陽の後裔」ソン・ジュンギ、3位「また、オヘヨン」ソ・ヒョンジン、
4位「キルミーヒールミー」チソン、5位「オナグィ」(ああ、私の幽霊さま)チョ・ジョンソク、
6位'「哭声」クァク・ドウォン、7位「チイントゥ」(チーズ・イン・ザ・トラップ)'スジ、8位「最高の恋」ソンシギョン


'配役戦争の勝者と敗者'5位はチョ・ジョンソクが占めた。 この4月に公開した映画'時間の離脱者'でイム・スジョンと呼吸を合わせたチョ・ジョンソクはtvNのドラマ'オああ、私の幽霊さまの料理士カンソヌ役を逃すところだったという。 初めてカンソヌ役にキャスティングされた俳優はチェダニエルで、当時30歳の彼は、軍入隊時期が不安してキャスティングを固辞したという。チェダニエルの固辞でチョ・ジョンソクがカンソヌ役にキャスティングされながら最高の人気を謳歌している。


~動画追記~


この手の話は日本だとあまり出てこないですが💦
他の裏話も面白いので
↓Read Moreに載せますね~
クリックしてください

グローバル・エコノミック[キム・ソンウン記者]
幽霊記事140

俳優チョジンウンが'スターたちの食い違った運勢キャスティング'1位に上がった。
6日夜に放送されたtvN'リスト公開2016'では'配役戦争の勝者と敗者、スターたちの食い違った運勢キャスティング'が紹介され、視聴者の注目を集めた。

同日の放送で、'スターたちの食い違ったウンパルキャスティング'1位は映画'娘'に出演してフランスのカンヌまで受け付けた俳優チョジンウンが占めた。 チョジンウンは映画'娘'で、主人公の英子(キム・ミニ)の後見人であり、叔父さんの上月役を演じ、生涯初めて老け役として人気を集めている。

しかし、チョジンウンは上月役にキャスティングされたが、出演を固辞してパク・チャヌク監督が直接乗り出して彼を説得しつつ、出演が実現されたという。
チョジンウンは上月役駅を固辞した理由で"演技人生にとっても、もう一度の衝突地点にならないかと思ってすぐ出演を受諾しなかった"と説明した。 彼が出演を固辞したまた、他の作品はそれはドラマ'シグナル'のイジェハン刑事役と。
チョジンウンは自分に'ウンム・ファタール'、'ガッジンウン'などの愛称を持ってきた愚直ながら、正義感で団結した刑事イジェハン駅を逃すところだったという。

これにチョジンウンは"シナリオが見られなかった状態で無線を通じて過去と現在が連結されるという音に一気に断った"と説明した。 結局、キム・ウォンソク監督が直接彼の家を訪問して説得した後、出演を決心したという。

当時、チョジンウンは映画'狩り'出演と重なって、殺人的なスケジュールであることにも'シグナル'に出演したということ。
製作陣の粘り強い説得の末に映画'娘'に最高の瞬間を享受しているチョジンウンが'配役戦争勝者と敗者、スターたちの食い違った
運勢ロマンス'1位に上がった。

'スターたちの食い違った運勢ロマンス'2位は俳優ソン・ジュンギが占めた

'太陽の後裔'ユシジン大尉役でシンドローム級の人気を博しているソン・ジュンギは、実はキャスティングされていないところだったという。

劇中の柔らかいイメージと強靭な男性的な役割をすべて消化したソン・ジュンギは現在なんと14社の広告に出演して、韓流スターのキム・スヒョン、イ・ミンホよりはるかに高い広告料を受け取っている。 製作スタッフは当初、ユシジン役のカリスマあふれる俳優としてビンをはじめ、チョ・インソン、コンユ、キム・ウビンなどを望んだが、剃髪に、長期間の海外出演でキャスティングの提案を受けた俳優が連なっており、固辞したという。

これにソン・ジュンギが兵長進級を2ヵ月後に控えた全域5ヵ月前に台本を渡してもらったら、すぐにユシジン役を獲得したという。

'太陽の後裔'キャスティングのまた他の秘話は、まさにソデヨンの上司役のチングだ。

チングはソデヨンの上司役を狙ったが、すでに他の俳優が確定されていたということ。だが、ソデヨン役を最初からクェオチャた俳優が剃髪のためにキャスティングを固辞し、チングが最後に劇的にソデヨンの上司役にキャスティングされたという。

'配役戦争の勝者と敗者'3位はtvNのドラマ'また、オヘヨン'のソ・ヒョンジンに戻った。

オヘヨン役のソ・ヒョンジンは結婚式の前日、婚約破棄を受けたにも何気ないふりをして涙腺を刺激したり、愛する男に自尊心0.1%もない演技で'ダンチャンロコクィン'という異名を得た。

チョン・へビンやドラマの愛を独り占めしている俳優ソ・ヒョンジンはもともと'また、オヘヨン'渉外俳優1順位がなかったという。

ソ・ヒョンジンが務めて人気絶頂を享受しているオヘヨンは、制作初期の2人の女優に出演提案をしたが断られたと。

オヘヨン駅を拒絶した最初の女優は2006年'美女はつらいよ'を通じてスターに浮上したキム・アジュンが全部。 キム・アジュンは、'ザ・キング'出演と重なり、惜しくもキャスティングを断った。 以降、俳優チェ・ガンヒに提案したが、失敗に終わり、製作2ヵ月前にソ・ヒョンジンに幸運が帰ったということ。

'また、オヘヨン'のまた他のキャスティング飛び火はきれいなオヘヨン役にパクハンビョルに先に提案が入ったが出演を固辞し、チョン・へビンが引き受けてしまったという

'スターたちの食い違った運勢ロマンス'4位はチソンが占めた。

'信じて見る俳優'チソンが逃がしそうになった配役は2015年、チソン・シンドロームを呼んでいた'・キルミヒルミ'のチャドヒョン役だ。

当時、チソンは幼い女の子から40歳まで7つの人格を完璧に消化して7人の出演料も足りないという言葉を聞くほど、熱演を繰り広げ、デビュー16年ぶりに初めて演技大賞を獲得し、10大スター賞、ベストカップル賞、最優秀演技賞までなんと4冠王が上がる栄誉を抱いた。

チソンにチャドヒョンという幸運を持ってきた俳優はヒョンビンとイスンギだという。

イ・スンギは'今日の恋愛'公開スケジュールと'・キルミーヒールミー'の撮影が重なって出演を固辞し、チソンに運命のようにキャスティングの提案が入ってチャドヒョン役を引き受けたということ。

'・キールミーヒールミー'のまた他のキャスティング飛び火では相手役のオリジン、ファン・ジョンウム ·連絡がなかったという。 俳優イム・ジヨンに先にキャスティングの提案が入ったが、出演を固辞し、'チソン-ジョンウムという幻想のカップルが誕生したということ。

'スターたちの食い違った運勢ロマンス'6位は公開16日ぶりに500万人の観客を集めた映画'哭声'のクァク・ドウォンが占めた。

2013年、映画'弁護人'でチャドンヨン役で、身の毛がよだつ悪役にお墨付きを確実に撮ったクァク・ドウォンは食傷した悪役するのかと思い、当時、三度も固辞したという。

高官級映画関係者が家まで来て、説得した結果、クァク・ドウォンは映画'新世界'に臨む役者ファン・ジョンミンを見た後、チャドンヨン役のキャスティングを受諾したと。

クァク・ドウォンはまた、初の主演作である'谷城'も逃す所でした。 主演チョンジョンク役に負担を感じた他の出演を固辞すると、ナ・ホンジン監督が粘り強い説得でようやく出演を決心したという。

しかし、制作を担当した20世紀フォックス社がクァク・ドウォンが主演を務めたことがなくて認知度が低いということを聞いて、他の俳優に変えるようにしたという二番目の秘話がある。 映画'谷城'で、国内はもとより、北米まで総なめしている俳優クァク・ドウォンが'配役戦争の勝者と敗者'6位に上がった。

'スターたちの食い違った運勢ロマンス'7位は7月6日に放送される'むやみに切なく'として期待を集めているスジが占めた。

2012年、映画'建築学概論'で、過去のソヨン役として国民の初恋として浮上したスジは当時、少女時代ソヒョンがソヨン役を固辞し、キャスティングしたという。

ソヒョンに続き、俳優ムン・チェウォンも'王女の男'以降、休息期を開くために、出演を固辞してスジに幸運が戻った。 当時、スジは百想芸術大賞新人賞などを受賞して広告出演だけ22個で100億の少女と呼ばれた。

しかし、スジが残念にも逃した大ヒットドラマは'チーズイン・ザ・トラップ'のホンソル役だ。 当時、スジはアルバム制作と映画'桃李花歌に出演し、ホンソル役を固辞したと。

これにスジの代わりにホンソル役をクェオチャたキム・ゴウンがシンロコクィンになっており、CFのクィーンに人気を博している。

'スターたちの食い違った運勢ロマンス'8位はソンシギョンが上がった。

ソンシギョンは2011年、ドラマ'最高の恋'でユン・ゲサンが務めたユンピルジュ役を断ったということ。理由は行儀の悪い歯であるとされた。

2010年、ドラマ'シークレット・ガーデン'でOST'お前は私の春だ'と2015年'星から来たあなた'のOST'お前のすべての瞬間まで'歌ったソンシギョンは2016年最高の話題作太陽の後OSTを逃す不運を経験した。

今もうまくいっているが、韓流ドラマの主人公とOSTを逃したソンシギョンが役柄戦争の勝者と敗者8位に上がった。
http://www.g-enews.com/ko-kr/news/article/news_all/201606062334335927010_1/article.html
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2609-165fec36
該当の記事は見つかりませんでした。