見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

SBS側"下半期ドラマのトレンドは'放送'"、'ウォンテッド'・'最後から2番目の恋'・'嫉妬の化身…

いや~今日は暑かったですねーっ
地元の天気
18時でも35℃ってなってます


化身記事27

2016 SBSドラマの下半期のトレンドは'放送'だ。
最近、放送を開始したり、初放送を控えたSBSドラマが'放送'というキーワードを選択した。

まず、過去6月22日に初放送された'ウォンテッド'(脚本ハンジワン、演出パクヨンスン)は生放送のリアリティ・ショーで、犯人の要求によってミッションを遂行するという展開につながる。 これにキャラクターも放送関係者が多数を占めている。(中略)

さらに、'美女コン・シム'(脚本イヒミョン、演出ベクスチャン)後続に来る23日から放送予定の'最後から二番目の恋'(脚本のチェ・ユンジョン、演出チェ・ヨンフン)は、劇中のカンミンジュが放送局のドラマPD兼チーム長として登場する。 これによってドラマ制作のせわしい24時とともに、ドラマ演出家と作家をめぐったディテールなストーリーが描かれる予定だ。

また、'ウォンテッド'後続に8月から放送される'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌ)の背景も放送局である。 ここではピョ・ナリ(コン・ヒョジン)とイ・ファシン(チョ・ジョンソク)がそれぞれ気象キャスターと記者として登場してなんだかんだとするようにし、ケ・ミスク(イ・ミスク)とバク・ジヨン(パク・ジヨン)など、多くの出演陣たちはやはり記者やアナウンサーキャラクターを共感店消化する予定だ。(中略)

SBSドラマ関係者は"このように放送関係者キャラクターが一気にお互いに違うドラマに登場するのは極めて異例的な場合"と"何よりも彼らのさまざまのキャラクターたちがどのような魅力を持って視聴者たちに楽しみを満喫することになるか期待してほしい"と紹介した。

http://tenasia.hankyung.com/archives/967715

新たな
撮影シーンの画像UPで
化身記事28
前の撮影記事の時にも思ってたんですが
ヒゲ?w


あっ
ご報告遅くなりましたが
大阪オフ会出席しますっ
出席の皆さまよろしくお願いします(*^_^*)

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2662-e0c2c54a
該当の記事は見つかりませんでした。