見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'嫉妬の化身'チョ・ジョンソクの'ロコ・'が期待される理由

朝から記事がたくさんで
記事の合間に家事してる感じですけど(^^;←コラッ

化身記事58

俳優チョ・ジョンソクが'嫉妬の化身'の中イファシンの記者としてもう一度視聴者たちを魅了させる長箭(チャンジョン)に乗り出した。

来る24日に初放送されるSBS'嫉妬の化身'を通じてお茶の間に帰ってくるチョ・ジョンソクが安心して見るしかないの熱演でドラマを完成する予定だ。

チョ・ジョンソクはドラマ、映画、ミュージカル、広告、芸能など多方面の分野で才能と才能を噴出しながらしっかりしたスペクトルを築いてきた。 彼は映画'建築学概論'の'ナプトゥギ'キャラクターで、元国民に独歩的な存在感を刻印させ、ドラマ'ああ、私の幽霊さま'のカンソンウシェフでは女心を狙撃した。

そんな彼が、今度は'嫉妬の化身'と嫉妬に燃える記者に変身する。 チョ・ジョンソクが悔しくているイファシンは、華やかな弁舌、優れた取材力を誇るプロフェッショナルな記者だ。

特に、'嫉妬の化身'の中チョ・ジョンソクが期待されるしかない理由はチョ・ジョンソクという名前が与える信頼にある。 ともに、演技力では十分に検証された'ロマンチック'と'コメディー'の出会いだからもっと信じて見るように作る。 だけでなく、パク・ボヨン、シン・ミナ、アイユ、イ・ユンジなどの女優たちとの密接な花見まで逃さなかった彼だったため、チョ・ジョンソクとの呼吸も、やはり期待が格別だ。

チョ・ジョンソクは、これまで多数の作品でキャラクターの魅力を充分に引き立たせるための熱演を繰り広げてきた。 時には暴風共感を呼ぶ現実密着型のキャラクターに、時には女心のファンタジーを刺激する男前で大衆をとらえて来たため、今回はまた、どんな・シンドロームを起こしか注目される状況。

このためにチョ・ジョンソク、イファシンがどのような魅力として再誕生されるか期待指数を一層高めている。 緻密なキャラクター、分析力と努力で光を放つことになる、イファシンは季節の変わり目にそわそわした視聴者達の心に'嫉妬ウイルス'をまともに拡大する予定だ。

一方、チョ・ジョンソク、ロマンチックコメディの帰還を確認できる'嫉妬の化身'は来る24日午後10時に初放送される

元記事

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2771-e108e3aa
該当の記事は見つかりませんでした。