見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「嫉妬の化身」第2話 振り返り③

★嫉妬の化身'コン・ヒョジン、チョ・ジョンソクに"私もう記者さん好きでないです"

化身2話記事3

嫉妬の化身'コン・ヒョジンとチョ・ジョンソクがごたごたした。

25日に放送されたSBS'嫉妬の化身'(演出パクシヌ、脚本ソスクヒャン)では目立ってシリ(コン・ヒョジン)とイファシン(チョ・ジョンソク)の口喧嘩の場面が描かれた。

同日、イファシンはピョナリが抗議の電話に出ると、電話を奪って抗議した人に"私的な番号分かって抗議電話するとはどういうことか"と問いただした。

これにピョナリは"私のニュースに抗議の電話きたが、抗議の電話ちょっと受けたらだめですか。"と"勘違いしないでください。 私これ以上記者さん好きません。 もう3年前の話です"と冷たく言った後、席を立った。
http://tenasia.hankyung.com/archives/1003371


★'嫉妬の化身'コチョ・ジョンソク、過去明らかになった…実の兄ユン・ダフン告発

化身2話記事4

'嫉妬の化身'チョ・ジョンソクが家族たちからそっぽを向かれた理由が明らかになった。

25日に放送されたSBSドラマ'嫉妬の化身'2回ではイファシン(チョ・ジョンソク)の過去が公開された。

イファシンは、過去に自分の実兄(ユン・ダフン分)の会社を告発したもの。有名フランチャイズの代表だったイファシンの兄は加盟主たちも知らないうちに偽の霜降りヒレの代わりに右の三段バラを納品することで発覚され、イファシンをこれを報道した。

イ・ファシンは"どうせ私がしないと他の放送局で報道することだ。 誇張された報道が出るのよりは私がするのがましだ"と述べたが、結局、このために家族に徹底的にそっぽを向かれた。
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=922748


★'嫉妬の化身'チョ・ジョンソク、コン・ヒョジンに胸躍る。ロマンス開始

'嫉妬の化身'コン・ヒョジンが飲酒天気予報に解雇の危機に置かれた。

チョ・ジョンソクはコン・ヒョジンの言葉通り、胸部癌検査をした。 そして隠かにコン・ヒョジンへ告白をした。

25日午後放送されたSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'2回でピョナリ(コン・ヒョジン)はイファシン(チョ・ジョンソク)に、乳癌でありかねないとし、検査を受けてみろと勧めた。

イファシンはピョナリが自分をずっとつきまとってうるさくすると"お前おれはまだ好きか"、"私お前のような子好きじゃない。 嫌いだ"と話した。

ピョナリが"お前のような子は何か"と尋ねると、イファシンは"たやすい女"と毒舌をした。

ピョナリは天気予報とは違って、雨が降るとバンコクで会ったコジョンウォン(コギョンピョ)を思い浮かべた。 そしてコジョンウォンの秘書から抗議の電話を受けることになった。 先立って、ピョナリはコジョンウォンに自分がした天気予報が誤っているとき抗議の電話を受けたいという意思をほのめかしたことがある。

化身2話記事5

しかし、このような状況を知らない、イファシンは携帯電話を奪って怒って、電話を切ってしまった。 ピョナリは"どうして勝手に電話を切るのか"、"みんな私の天気予報はニュース扱いしないじゃないか。 私のような引き立て役は抗議電話に出ればならないか"と腹を立てた。 さらに、ピョナリは"3年前に片思い終えた。 そして記者さん胸にも関心がない"と叫んだ。

イファシンはギェソンスク(イ・ミスク)とパン・ジャヨン(パク・ジヨン)を順に訪れ、甥であるパルガン(ムンカヨン分)の家を尋ねた。 しかし、2人ともイファシンに毒舌をして怒った。

知ってみると、イファシンは過去、霜降りヒレを右の三段バラとだまして売ったプレンチャイズ本社を告発する報道をしたが、このところ社長が、まさに彼の兄イジュンシン(ユン・ダフン)だったこと。

イファシンは"どうせ他の放送社の記者たちが放送することだった。 それで大げさに報道して埋葬されているのよりは私が間違えた部分だけを出した方が良いと思う"と述べたが、周囲の人たちはそうではなかった。

ケソンスクに頬を打たれた当時を思い浮かべたイファシンは交通事故を受け、胸の痛みを感じながら整形外科を訪れた。 幸い、骨に異常はなかったが、医師から乳房外科診療を受けなければなら言葉を聞くようになった。 男も女も同じというピョナリの言葉を思い出したイファシンは乳房外科を訪れており、ピョナリに電話をかけて"あなたが思い出した"と語った。

その間、ピョナリはナジュヒ(キム・イェウォン)のせいで、露出の激しい衣装を着てお酒に酔った状態で天気予報をするようになった。

無事に放送は終えたが、解雇される危機に直面することになったピョナリは涙を浮かべた。 その後、ナリに会ったイファシンは"なぜ私の心を不安にするんだ。 どうして震えにするんだ"と心配心情を吐露した。 しかし、ピョナリは"私は本当に記者さん胸に関心がない"、席を立った。

http://osen.mt.co.kr/article/G1110484480

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2820-fb814b21
該当の記事は見つかりませんでした。