見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

俳優チョ・ジョンソク嫉妬の化身で魅力を発散している

「魅力ブラックホール」のことを
日本の韓流ファンの間では「沼」とも呼びますw


チョ・ジョンソクはこの25日に放送されたSBS月火ドラマ'嫉妬の化身'で男前のクールな男性で武装したマッチョであり、プロのベテラン記者イファシンに扮し'魅力ブラックホール'を生成している。

チョジョンソク、イファシンは目つきから行動、言い方一つまでキャラクターが持つ複雑な性向を如実に表現した。 しかし、放送局の公開採用の映像のためなら、キラキラの服を着て、華麗な踊りを披露する姿は視聴者たちを笑わせるキリング・ポイントとして作用した。


化身2話記事7

自分を片思いしたコン・ヒョジンのところへ'たやすい女'という非同じ言葉を決めるチョ・ジョンソクだが、彼はだんだん彼女に好奇心を持ち始めた。 視聴者も同様に、の本音をもっと知りたいことに作る。 チョ・ジョンソクの隠してきた嫉妬の本能が上昇の兆しを見せ始め、'嫉妬の化身'二股ロマンスはめらめらと燃え上がっになることを期待させる。

これまでどのようなキャラクターだって自分だけの特色と魅力によって消化して提出したチョ・ジョンソクは、雄の香りがぷんぷんするマッチョ記者で、お茶の間に帰ってきた。 ソスクヒャン作家のねばねばした台詞も精一杯に表現し出す彼の演技は見る人まで思う存分没頭させる力が感じられる。

このために彼が嫉妬で壊れていく活躍ぶりは視聴者らにも前例のない新鮮な楽しさをもたらす見通しだ。 これはチョ・ジョンソクの重みがさらに功を奏し、毎シーンが笑いと期待で満ちていることになるだろうと。 どすんとすればペアするコン・ヒョジンとの黄金明美も逃してはならないだけに、今後がさらに注目される

http://news1.kr/articles/?2757712

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2824-7d78e7ab
該当の記事は見つかりませんでした。