見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

嫉妬'チョジョンソク、全身闘魂も辞さない…魔性のピンクナム

2016090610010135c.jpeg

俳優チョジョンソクがSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'を桜色に染めている。

マッチョ中のマッチョ、ベテラン記者イファシンを熱演中のチョジョンソクは、劇の中で乳がんという青天の霹靂のような判決を受け、手術を受けた。 これに乳房外科に入院することになった彼はピンク色の病院着はもちろん、3年前、自分を熱烈に片思いしたコン・ヒョジン(ピョナリ)と同じ病室を書くようになって、視聴者たちをさらに笑いを作っている。

特にカメラが消えた病院の中のチョジョンソクのビハインドカットらが見る人たちの心を再びときめくようにしている。 からからと笑いながら撮影現場の雰囲気を明らかにしている姿はお茶の間劇場まで愉快なエネルギーを伝えている。


また、ピンク色の病院着とすでに一体になってしまったように自然なチョジョンソクから感じられる落ち着いた雰囲気は彼がどれほど劇中の状況とキャラクターに陥っているかを知ることができる。 実際にもチョジョンソクは実際の胸部癌検査機器で検査を受けながら苦痛を耐えていたまま撮影を進行、全身を投げ出した闘魂を発揮したと。

ため、視聴者らは、どこでも見られなかったマチョナムの乳がん病院であるは新鮮な素材をより深く没入して観戦できるという反応だ。 チョジョンソクの現実感溢れる熱演ぶりは、女性たちの共感まで呼び起こしたほどだ。

ともに、ロケ地をさらに明るくする親近感は、チームワークはもちろん、スタッフたちの士気充電までしっかり責任を負っている、カメラオンオフに活躍しているチョジョンソクの行動をさらに期待させる。

魔性のピンクナム、俳優チョジョンソクを見ることができるSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'は明日(7日)夜10時に5回が放送される。

http://m.entertain.naver.com/read?oid=382&aid=0000500867

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2862-8c026268
該当の記事は見つかりませんでした。