見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'嫉妬の化身'がコン・ヒョジン、チョジョンソクを通じて特別な共感のメッセージを伝えている

化身6話記事7

'嫉妬の化身'がコン・ヒョジン、チョジョンソクを通じて特別な共感のメッセージを伝えている

最近放送されているSBS水木ドラマスペシャル'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌ)は愛と嫉妬など人間の本能的な感情以外にも一度ぐらいは考えさせられる裏の話を共に溶かして出している。

劇中のピョナリ(コン・ヒョジン)はアナウンサーの夢をために4年間休まず走ってきたが、高校生、弟を扶養してギリギリの生計に、夢を実現する時間を持てなかった。 だけでなく、手術で回復されていない体を率いて放送局に行かなければならなかった彼女は"死んでもこの席でたまらない"は精神力を見せて、見る人の心も焦らせた。

これはピョナリが一日一日を生きていく多くの会社員たちの哀歓を慰め、どんな状況であれ私の位置で責任を持てる面貌に不思議な同質感まで刺激したという反応

お茶の間に大きな反響を呼び起こしたイファシン(チョ・ジョンソク)の乳がんはイファシンとピョナリが近づくことになったきっかけになった。 また、一方では女性たちだけの病気と考えられていた乳がんが低い確率だが、男たちもなる可能性があるという警戒心を高めながら、痛みを一緒に感じたりもした。

イファシンは確診判定を受ける前検査を受けながら大変な苦痛と戦わなければならない、これは実際の苦痛を経験して見た視聴者たちの共感を引き出した。 さらに、イファシンを通じて、男性視聴者らにも病気について考えて見るする窓口を設け、認識の転換をもたらしたエピソードになった。

このように'嫉妬の化身'の主人公たちが経験しているさまざまな事件の中で逃していたり、知らずにいた価値を伝え、'嫉妬の化身'だけの話を固めてきている。

一方、この放送では手術後回復が終わった票もの人が退院手続きを踏むことになった。 一緒に病室を使っていたイファシンはピョナリが退院する時までも文句を言って残念な気持ちをあまり現わさなかったが、まもなく彼女の空席を見て寂しい気持ちを隠せなかった。 '嫉妬の化身'は14日7回が放送される

[SBS funEㅣソンジェウン記者]
http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10007974257

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2885-6c224df3
該当の記事は見つかりませんでした。