見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'嫉妬の化身'コン・ヒョジン、チョ・ジョンソク演技闘魂に毎シーンが名場面

化身6話記事9

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン/演出パクシヌ)で演技ベテランたちの熱演ぶりパレードが続いており、嫉妬デーが終わる夜ごとに惜しさが濃くなっている

ねばねばした演技相性で注目されているコン・ヒョジン(ピョナリ役)、チョジョンソク(イファシン役)、コギョンピョ(コジョンウォン役)から、劇のバランスを取っているイミスク(ケソンスク役)、イソンジェ(キムラク役)、パク・ジヨン(バンジャヨン役)、パク・ジョンスなどの主役たちの狂った熱演ぶりは、'嫉妬の化身'を向けたスポットライトを引き立てている。

先日の放送でピョナリ(コン・ヒョジン)は体が痛い状態でも天気予報を終え、ついに倒れた彼女をコジョンウォン(コギョンピョ)が病院に連れて行き、密着看護までするようになった。 これを機にコジョンウォンは直進求愛を繰り広げており、ピョナリも次第に好感を持ってイファシン(チョ・ジョンソク)の嫉妬の本色が濃くなり始めた。

特にシーンのひとつに俳優たちの情熱がたくさん詰まっていて'嫉妬の化身'がもっと特別になっている。 共感演技に繊細なディテールを加えたコン・ヒョジンのアップグレードされた演技力と壊れたことも辞さず、殺身成仁するチョジョンソクの演技の闘魂は、視聴者たちの集中度を高めている。(
中略)

※殺身成仁=自らの命を捨て思いやりを守る、仁を成すこと 「身を殺し仁を成す」

のため演技とベテランたちの熱演ぶりのパレードは'嫉妬の化身'の特急ポイントに位置し、俳優たちの歯切れの良い活躍を期待させている。

一方、6回の末尾、イファシンの乳房癌手術だけでも大変な状況で、兄イジュンシン(ユン・ダフン)の死と自分を冷遇する家族との最悪の再会が加わり、結局、涙を流した。 誰も予想できなかったマッチョの涙はお茶の間に痛むな余韻を残しており、本格的に扱われる家族の話に好奇心を刺激した。

[ヘラルドPOP=パクアルム記者]
http://pop.heraldcorp.com/view.php?ud=201609100901054695400_1

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2889-cab6e26f
該当の記事は見つかりませんでした。