見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「tvN10アワード」6部門の候補公開…30日まで視聴者投票

もし、tvNに地上波のような年末演技大賞があったなら
絶対に「ああ、私の幽霊さま」で「チョ・ジョンソク」が受賞していたハズ!
と思っていた方も多いですよね~

10周年で「tvN10アワード」開催です!


アワード1

10年間tvNを輝かせたコンテンツとスターの中から受賞の栄誉を抱く主人公は誰となるか?

総合エンターテイメントチャンネルtvNが開局10周年を記念して、一山KINTEXにて開催する「tvN10アワード」が10年間のドラマとバラエティ番組を総網羅した受賞候補を公開した。

来る10月9日午後6時30分レッドカーペットを皮切りに華やかに幕を開ける「tvN10アワード」は公式サイトを通じて「tvN10 ドラマコンテンツ」、「tvN10 バラエティコンテンツ」、「tvN10 演技者」、「tvN 10芸能人」部門と「tvN10 ベストキス」、「tvN10 ベストケミ」まで6つの投票部門と候補を公開し、視聴者投票に突入した。

10年間の月日を立証するように、受賞候補には多彩な作品とスターの名前が掲載されている。2006年10月のtvN開局から2016年6月までtvNにて放送された番組と出演者たちの中から視聴者の推薦を通じて選定された候補たち、今日から9月30日まで客観式投票を経て本式候補に反映される。

tvNは視聴者投票が進行される6つの部門の結果をもとにして多様な受賞部門を企画し、「tvNだからこそ可能な」面白く、一味違った授賞式を披露する計画だ


▶ 最強候補ラインナップ、白熱の対決予告

「tvN10 ドラマコンテンツ」部門候補には視聴者から一番多くの支持を得た『シグナル』と『応答せよ』シリーズ、『ミセン-未生』をはじめとして、『ブッとび!ヨンエさん』、『ナイン』、『ロマンスが必要』、『ゴハン行こうよ』シリーズなど、今日の「信じて見ることができるtvNドラマ」を作り上げた35作品が選ばれた。

視聴者投票が開始された8日13時『シグナル』、『応答せよ1988』、『また、オ・ヘヨン』、『ミセン-未生』などの作品が上位10位にランクインし、強い支持を受けている。

「tvN10 バラエティコンテンツ」部門では『ローラーコースター』、『テレビエンジェルズ』、『火星人ウィルス』などが視聴者の推薦を受けた思い出の番組から、『花より』シリーズと『三食ごはん』シリーズ、『ザ・ジーニアス』、『問題的男』、『水曜美食会』などtvNだけの斬新なカラーを盛り込んだ最近の番組まで30のコンテンツが選ばれた。

TOP10コンテンツには『花より青春』、『三食ごはん-漁村編』、『ザ・ジーニアス』、『ローラーコースター』など代表番組がすべて名前を載せて人気を立証している。

「tvN10 演技者」部門では宝石のような演技でtvNドラマを導いた50人の俳優たちが、「tvN10 芸能人」部門にはバラエティ番組で眩しい活躍で笑いを提供した45人のスターが候補となった。

tvNドラマを通じて他ならぬ魅力を醸し出した俳優が多かっただけに、白熱の対決が予想される「tvN演技者」部門の得票上位圏にはラ・ミラン、チョ・ジヌン、パク・ボゴム、エリック、キム・ヘス、イ・ジェフン、ソン・ドンイル、ソ・ヒョンジン、ユンドゥジュン、リュ・ジュンヨルなどがランクされている。(名前順序は順位とは無関係)

特に、tvNコンテンツを楽しむ視聴者たちに熱い呼応を得るものと予想される「tvN10 ベストキス」と「tvN10 ベストケミ」部門の投票結果にも期待が高まっている。

アワード2

ベストキスには『また、オ・ヘヨン』のエリック-ソ・ヒョンジン、『応答せよ1988』パク・ボゴム-ヘリ、『高校世渡り王』ソ・イングク-イ・ハナ、『ああ、私の幽霊さま』チョ・ジョンソク-パク・ボヨンなどそうそうたるキスシーンが候補にあがり、視聴者の脳裏にピンク色の場面を召喚する展望。

ベストケミ部門では『ミセン-未生』の営業3チーム、『応答せよ1988』双門洞テティソのラ・ミラン-イ・イルファ-キム・ソンヨン、『ディア・マイ・フレンド』のキム・ヘジャ-ナ・ムンヒ、『三食ごはん-漁村編』のサンチェ-ボリ、『三食ごはん-旌善編』とイ・ソジン-ナ・ヨンソクなど幻想のカップルたちが接戦を繰り広げる。

どんなカップルがベストカップルの栄誉を抱くのか、9月30日まで進行される投票は公式サイトを通じてリアルタイムに上位10位ランキングが確認できることはもちろん、候補たちの応援メッセージを残すこともできるので、投票に参加する視聴者に楽しさを提供するものと期待される。

tvN開局から10年の歴史を共にしたドラマとバラエティ番組を総網羅した「tvN10アワード」は9日午後6時30分からレッドカーペットイベント、7時40分から本式を進行する。

tvNコンテンツの一味違う体験はもちろん、視聴者に愛された出演者たちが直接参加するトークコンサートなど豊かな見所で満たされる「tvN10 フェスティバル」は来る10月8日と9日、一山KINTEXにて開催される。
MBNスター クム・ピッナ記者 / 写真=tvN

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2897-a4e4abae
該当の記事は見つかりませんでした。