見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'嫉妬の化身'チョ・ジョンソクはなぜよりによって乳がんにかかったのか?

↑正確には
嫉妬の化身'イ・ファシン(チョ・ジョンソク)はなぜよりによって乳がんにかかったのか?
ですが…

化身7話記事7

嫉妬の化身'チョ・ジョンソクはなぜよりによって乳がんにかかったのか。

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(ソスクヒャン脚本、パクシヌ演出、SM C&C)でグク序盤のコン・ヒョジンがチョ・ジョンソクの胸を無理にチュムルロク通りが時までも事実、視聴者たちはかしげた。 なぜあんななんか。 した。 しかし一歩進んで、チョ・ジョンソクが乳がんの診断で手術まで受けることになる。 何か? なぜこうなんだろう。

チョ・ジョンソクの乳がん設定に対する疑問はしかし、むしろ劇が進むほど、'神の一手'となっている。 '嫉妬の化身'は現在、生計型気象キャスターピョナリ(コン・ヒョジン)とマッチョ記者イファシン(チョ・ジョンソク)、そして衣類財閥男コジョンウォン(コギョンピョ)を中心に'二股ロマンス'が興味津々に展開されている。

特に、ドラマは序盤ファシンが乳がんにかかったことに設定され、注目を集めている。 事実ファシンキャラクターはスペックと外貌、実力をすべて備えたベテラン記者であるだけでなく"女を会うことには男性的なものが優れていると信じる'マッチョ'"で説明される。 そんな彼があいにくにも韓國でも非常にまれな男、乳がん患者に含まれたのだ。

これによって化身は実際に病院で乳房超音波検査に続き、精密検査、そして手術を受けては乳癌の診断を受けた成とともに入院し、これと関連されたさまざまなエピソードも描いているのだ。

チョ・ジョンソクが手術後ちぐはぐになる胸の形を心配する一方、補正ブラジャーを着用した姿は'男性も乳ガンにかかる恐れがある'は医学的事実を改めて気付かせとともにチョ・ジョンソク、コン・ヒョジンのおかゆが練られたコミック演技で視聴者たちを抱腹絶倒にした。

実際にも珍しい病気の男、乳がん設定'神の一手'となり、耳目が集中されている。国立がんセンターによると、男性また、有線組織があるために乳がんが発生することができる。 2015年に公開された統計資料によると2013年、乳房癌を新たに診断された男性は61人で、毎年60~70人の程度の男性乳癌患者が発生するものと調査された。

男性の乳房内生じる男性乳癌の場合、悪性腫瘍に分類されるが、これは血中女性ホルモンのエストロゲンが増加し、男性ホルモンのアンドロゲンが減少する場合、そして遺伝的な要因などが挙げられる。

知ってみると、ソスクヒャン作家はドラマの劇的な楽しさのために化身が持ったマッチョタイプと正反対の設定について多くの悩みを重ねており、このような'男乳がん'を思い出した。 これによって長い間関連事項を取材しながら、着実にドラマを準備してきた。

しかも、癌手術直後、ファシンは、自分を3年間片想いしてきたナリを向けた'嫉妬'という感情をもあばいてもっと興味津々なストーリーに導いて行っている。 結局、'乳がん'にかかったファシンが嫉妬する姿がすぐにドラマのタイトル'嫉妬の化身'(化身=ファシン)になったのだ。

医師出身のSBSチョ・ドンチャン医学チョンムンキジャは"ドラマ'嫉妬のファシン'を通じて男性も乳ガン患者が発生するという事実を多くの人々に分かりように認識させてくれただけでなく、疾病に対する情報を提供し、病気に対する偏見をなくした肯定的な効果がある"と紹介した。

'嫉妬の化身'制作関係者は"劇中のマッチョ記者のイファシンがこの乳房がんだという設定はソ作家先生が思い出した妙案だった"と"今後、ナリ、ジョンウォンとロマンスを広げていくファシンが記者として活躍する内容だけでなく、患者としてこれを治療していく過程の場合にも劇的な面白さも加味しながら共感できるように描いていく"と紹介した。

このように劇中の男乳がんの設定でさらに話題となったドラマ'嫉妬の化身'は嫉妬とは知らなかったマッチョ記者と財閥が生計型気象キャスターを会って嫉妬にスタイル壊れて、愛情を物乞いする二股、ロマンスに、毎週水、木曜日の夜10時にSBSで
放送される。 14、15日、秋夕連休にも、正常な放送される

http://star.spotvnews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=76024

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2911-c127aea2
該当の記事は見つかりませんでした。