見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「嫉妬の化身」7話 振り返り⑤

7話の視聴率
「嫉妬の化身」は8.1%
最終回「W」は11.3%

「むやみに切なく」が終わったからといって
その数字を分け合えるものでもないですよねぇ
きっと秋夕特番とかやってるだろうし…
あっ、秋夕にTVで放送される映画といえば「観相」
今年も放送だそうですよ~


★嫉妬の化身'チョ・ジョンソク、近づいたコン・ヒョジン-コギョンピョの間に入りことができるだろうか?

化身7話記事12

SBSスモクグク<嫉妬の化身>でチョ・ジョンソクとコギョンピョが愛はタイミングという言葉を切実に実感している。 この14日の放送でイファシン(チョ・ジョンソク)はピョナリ(コン・ヒョジン)がコジョンウォン(コギョンピョ)に見せてくれた画像が補正下着を着る姿はなくタイでダンス練習をする映像であることを知った。

誤解を解き、一緒に撮った夕食の席で彼は、一層やさしになった二人の仲を妨害し、嫉妬をすることだけ同じだったが、むしろ"二人がよく似合うね、二人が付き合って"など、予想していない言葉を口にして視聴者たちを驚かせた。

人々と関係を結んでの感情を表現するのに下手たイファシンは"ジョンウォンは私よりましな男だ"とピョナリと、コジョンウォンの恋愛を応援した。 だけじゃなく心とは違って、ピョナリを優しくしなくて心から近づける機会を毎度逃していて見た人たちも残念さを隠せずにいる。

その一方で、コジョンウォンは飛行機でピョナリを初めて見た瞬間からこれまで徐々に彼女に好感の信号を送っている。 彼は、毎日早朝出勤をする票も席を放送局まで連れてきて彼女に濃い恋愛をしてみたいという意思を表明するなど、七転八起努力を惜しまず、これに二人の心がお互いに着く寸前の状況。

ためにピョナリと、コジョンウォンに二人でよくして見なさいという話をして振り返ってはイファシンの姿では寂しさと苦々しさなど、言葉で表現しきれない感情を見ることができたという反応だ。 特にリアリズムの末を披露している俳優の演技が複合的な感情を繊細に描いてドラマに一緒に陥るように作っている。

このようにイファシンとコジョンウォンはタイミング差で極と極の一日を送っている。 これにイファシンはピョナリを放棄せず、二人の仲を嫉妬し、'嫉妬の化身'に生まれ変わるかどうかに関心が集中されている

一方、昨日放送ではイパルカン(ムンカヨン)、ピョチヨル(キムジョンヒョン)、パルガン(アンウヨン)がクラブでケンカが起きて警察署まで行くことになると、2人の母親ギェソンスク(イ・ミスク)、バンジャヨン(パク・ジヨン)はもちろん、ピョナリ、イファシン、コジョンウォン、キムラク(イ・ソンジェ)が総出動した。

会ったらいがみ合うする大人たちの駆け引きの中で赤は激しく、テグ二人みんなとキスをしたという爆弾発言でみんなを驚愕に落とし、18歳ダウン覇気を自慢した。

だんだんもっと興味を増していく二股三角ロマンスSBSスモクグク<嫉妬の化身>は、秋夕の今日(15日)夜10時に8回が放送される。
http://sports.khan.co.kr/news/sk_index.html?art_id=201609150823003&sec_id=540201&pt=nv#csidxcc74dc9e79711949a76c676d3a0c2ab

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2923-cdb0034c
該当の記事は見つかりませんでした。