見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'嫉妬の化身'ブラックホールポイント、チョジョンソクが恋に落ちた時...

↑お題が素敵

化身8話記事9

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'の公式嫉妬男、俳優チョジョンソクが哀しく魅力的にお茶の間女心をしっかり揺さぶっている。

チョジョンソクが熱演中のマチョキング、イファシンは自分を熱烈に片思いした目立ってシリ(コン・ヒョジン)が親友のコジョンウォン(コギョンピョ)と本格的にサム(デートを重ねて両思いのようではあるけれど、未だにハッキリしないグレーな男女関係)に乗る姿に残念な思いを隠せなかった。 うわべは平然とした振り二人を応援しながらも寂しくしている彼の感情は視聴者たちの胸まで痛みますように作った。

特に、昨日(15日)放送された8回でイファシン(チョ・ジョンソク)は会食の席で偶然に自分の18番の'誤った出会い'を熱唱してさらに笑わせた。 だけでなく、酒に酔ってピョナリを眺めるイファシンの目には愛がいっぱいだった。 これは彼の心が'嫉妬'で'愛'に変わったことを気づかせた内容だったと。

ここにお酒に酔って苦しむピョナリを宿直室に連れてきて用意してあげて寝かせてくれるイファシンの温かさは女心まで溶かすことしかなかったという反応。マッチョの仮面をかぶったイファシンは知れば知るほど不器用で、すきの多い男であるにこれを満たしてくれるピョナリの強さはこれらのロマンスをさらに応援することにしている。

こうしたイファシンの感情に視聴者が没頭するようになる理由はチョジョンソクの緻密かつ繊細な演技が光を放っているためだ。 チョジョンソクはまるで水を得た魚のようにイファシンのすべてを生命力溢れるような具現している

これに視聴者たちもファシンが皮肉な言葉を吐き出しても、その本音を感じ取るようになって笑いの中に隠された寂しさを一緒に共感するようになること。だからこそ愛という感情を体感するようになったファシンの前に、愛と友情者というカオスにどのように陥るか注目させる

一方、この日放送では、ファしの乳房癌手術後はきちんと検診を受けないとピョナリが直接乗り出して病院に同行した。 ピョナリは自分の乳がん事実が外部に知られないかと戦々恐々としているイファシンを配慮して自分の保護者なふり演技をさせ、見事に彼をリードしてときめき指数を高めた。

愛に陷った男チョジョンソクに会って見られる'嫉妬の化身'は毎週水、木曜日の夜10時に放送される。

[SBS funE|キム・ジェユン選任記者]
http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10007984614

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2935-b1cd91ce
該当の記事は見つかりませんでした。