見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク、「した」、人生の演技…ナプトゥギからイ・ファシンまで

やっぱり!同じとこがツボなんだなぁ~←本日2回目w

化身8話記事10

俳優チョ・ジョンソクの真価がもう一度確認された。 毎作品'人生キャラクター'を更新し、活躍してきた彼が'嫉妬の化身'で視聴者の目を虜にしたもの。'マッチョ記者'という設定さえも笑いに昇華させた彼の粘りのある演技はお茶の間を虜にした。

映画'建築学概論'でナプトゥギで観客たちにお墨付きを撮ったチョ・ジョンソク。ビジュアルも行動もコメント一つまですべてが強烈だったナプトゥギを消すことは容易ではないようだった。 いたずらっ子ながらも真剣な表情でキスの方法について全身で説明していた彼を、スプレーを振りかけてまたかけて立てた5:5前髪のびっくりする角度を依然として観客らは記憶している

しかし、ほぼ同時期放送されたドラマ'ザ・キング・トゥ・ハーツ'でのチョ・ジョンソクはまた違っていました。 王室近衛中隊長ウンシギョン役を演じ、整った軍人の魅力には奥の間心をつかんだ。 慎重な表情としっかりした言い方、各の取れた行動の合間合間に明らかになったしっとりとした眼差しはときめきを与えては十分だった。


化身8話記事12

これに止まらず、チョ・ジョンソクは映画'カンチョルデオ:救国のチョルカバン'ファンヨンミンに、'観相'ペンホンに、'逆鱗'ウルスで、'私の愛、私の新婦'ヨンミンで観客らと相次いで会った。 週末ドラマ'最高だイスンシン'で気難しいシンジュンホも、本来の姿のように消化した。

そしてチョ・ジョンソクは2015年に放送された'オ私の幽霊さま'で気難しくて高慢なカンソヌシェフを見せもう一度心を盗んだ。 偉そうに最高峰のホセナム、普通の芸能人より人気があったスターシェフになった彼は不格好だが、可愛いナボンソン(パク・ボヨン)と甘い話を作った。 放送後、チョジョンソクは'カンシェフ'というもう一つのキャラクターを得た。

映画'特ダネ:リャンチェン殺人記'ホ・ムヒョク、'時間離脱者'ジファンにスクリーンを歩き回ったチョジョンソクは2016年の秋'嫉妬の化身'で再びブラウン管に戻ってきた。 私偉そうな味に住むマッチョ記者イファシン役を演じ、偉そうな顔なら誰にも引けを取らない、ここにピークのがさつさまで見せた。 何よりも希少な病因男乳がんにかかったキャラクターを消化し、厳しい検査を受けて、手術後管理を受ける姿、このうち女主人公ピョナリ(コン・ヒョジン)に向けた嫉妬まで見せてくれた。

チョ・ジョンソクは自然なコミック表情からクールな男性の中に隠しておいた温かさ、数年で連絡が途絶えていた兄の死んで行く声にすぐに落とした涙まで、イファシンの多彩な感情を消化し、キャラクターの魅力を極大化している。

言い方一つ、目一つにも細かさが盛り込まれたチョ・ジョンソクの演技が毎回作品ごとに彼の'人生キャラクター'を完成させたこと。これから'嫉妬の化身'からどれだけ多くの視聴者を引きつけかすでに関心が熱い。


TVレポート=チョヘリョン記者←ツボが同じw
http://m.entertain.naver.com/read?oid=213&aid=0000908028

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2939-9ff4d2f5
該当の記事は見つかりませんでした。