見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'空港'vs'ショッピング王'vs'嫉妬'、今日の予測不可能水木対決

あんまり数字にばかり気を取られるもの…ですが
数字って表れちゃうので…(>_<)


化身9話記事7

KBS'空港に行く道'とMBC'ショッピング王ルイ'が今日(21日)に初放送されている。 視聴率上昇をまともに乗ったSBS'嫉妬の化身'まで、ロマンスが一杯な新しい水木対決で誰が先に笑うようになるのだろうか。

KBSは'むやみに切なく'後続でキム・ハヌル、イ・サンユン主演の'空港に行く道'を編成、秋にぴったりのメロ感性で視聴者たちを攻略する予定だ。 この作品は人生の二番目、思春期を迎えする二人の男女を通じて共感と上に、究極の愛を示す感性メロドラマでキム・ハヌルの4年だけお茶の間復帰作であり、結婚後初の作品として大きな関心を集めている。

出会いと別れ、懐かしさを描いた空港という場所を背景に人間関係の曖昧さを描き出しながら、共感を形成して感性を刺激するという抱負だ。 しかし、既婚男女の話を扱っているだけに、やや間違えれば不倫ドラマという汚名を書くこともできて'空港に行く道'が見せる色彩と劇中に関心が集まっている。

MBCが'W'後続に編成した作品はソ・イングク、ナム・ジヒョン、ユン・サンヒョン主演の'ショッピング王ルイ'だ。 複雑な消費の都市、ソウルのど真ん中に落ちた温室の中の記憶サンシルナムショッピング王ルーと五臺山ムササビネッメンニョコボクシルの波乱万丈な話を扱うロマンチックコメディだ。 記憶喪失,財閥男など、従来のロマンチックコメディでよく見た素材をどれだけ愉快で新鮮に解くのかがこのドラマの成否を左右するものと見られる。

二つのドラマも、それぞれ長短がはっきりして、ロマンスが土台になっているため、簡単に優位を占うことができない状況。さらに、チョ・ジョンソク、コン・ヒョジン主演の'嫉妬の化身'が'W'が終映された後、視聴率10.1%(ニルソンコリア、全国基準)を記録し、勢いを増しているため、新水木戦争の結果は予測するのが難しい

三ドラマ全部ジャンル水に比べて流入障壁が低いロマンス物であるからこそ、固定の視聴者確保が切実だが、ちょうど嫉妬と二股ロマンスが本格的にくり広げられ始めた'嫉妬の化身'が身上のドラマ'空港に行く道'と'ショッピング王ルイ'の猛攻撃に対抗してファインプレーをできるか気になる
http://mosen.mt.co.kr/article/G1110498365#imadnews

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2952-48e111e5
該当の記事は見つかりませんでした。