見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

"コン・ヒョジンのために?"…'嫉妬の化身'チョ・ジョンソクvsコギョンピョ、自尊心はボクシング対決

あの…「王の涙」でリーチに関してトラウマがあるんですが…
今回は大丈夫?…な、わけないか…←リーチ


化身9話記事8

'嫉妬の化身'チョ・ジョンソクとコギョンピョがボクシング対決を繰り広げる。

21日SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン/演出パクシヌ)側は9回放送を控えてボクシング対決に乗り出した劇中のイファシン(チョ・ジョンソク)とコジョンウォン(コギョンピョ)のスチールを公開した。

公開された写真の中イファシン、コジョンウォンは、ボクシンググローブとヘッドギアなどの装備をちゃんとしてリングの上に立った姿。勝負の前で発動された男二人の鋭いカリスマが見る人のときめきと緊張感を同時に刺激している。

特に、リングの上に立ったイファシン、コジョンウォンを注目せざるを得ない理由は二人がいくら親しい間柄としても対決の前では水かもいとわないから。これらは優れたスパーリングの実力と瞬く間に没頭する集中力で視聴者らも目を離すことができなくすることを予告している。

さらに、これはピョナリ(コン・ヒョジン)に心が揺れているイファシンの複雑な本音を確認することができ、イファシン、コジョンウォンの長年の友情が感じられる場面と言われて本放送に対する期待感がさらに大きくなる。

チョ・ジョンソクとコギョンピョは、今回のボクシング対決の撮影のために専門家の指導とモニタリングはもちろん、個人的な努力も惜しまなかった。 チョ・ジョンソクは撮影前から片手間に姿勢を正し、敏捷な動きを完成させ、普段運動を楽しんでというコギョンピョも早い習得力にボクシングを習ってさらに実感される場面が誕生するができたという。

http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10007991729

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2953-1690c0a8
該当の記事は見つかりませんでした。