見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

"水木1位になる"'嫉妬'チョ・ジョンソクXコン・ヒョジンの理由のある自信

今日は近場Jメンバーさんと集まって
居心地のいいカフェでまったりとランチ

お題はもちろんジョンソク&嫉妬の化身&パクボゴム?www←Team.J内プチブーム来てます?w


今夜、ドラマ三つ巴戦がスタートするのを前に
「嫉妬の化身」も記者懇談会を開催です

★"水木1位になる"'嫉妬'チョ・ジョンソクXコン・ヒョジンの理由のある自信

'嫉妬の化身'俳優たちが水木大戦で勝利するという自信を示した。

21日午後、京畿道一山(キョンギド・イルサン)のタンヒョンSBS制作センターで行われたSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌ)記者懇談会には主演俳優のチョジョンソク、コン・ヒョジン、コギョンピョが出席した。

'嫉妬の化身'は嫉妬とは知らなかったマッチョ記者イファシン(チョ・ジョンソク)と財閥男コジョンウォン(コギョンピョ)が生計型気象キャスターピョナリ(コン・ヒョジン)に会って嫉妬にスタイル壊れて、愛情を物乞いする愉快な二股ロマンスドラマで、現在9回放送を控えている

このドラマは男性のイファシンが乳房癌にかかるという独特な設定のため、話題になったりもしたが、チョジョンソクが胸部癌検査を受ける場面で見せてくれたリアルな表情が好評を得た。 これに対してチョジョンソクは"実際に直接検査をした。 本当に痛かった。 撮影を通じて、少しでもその心を理解しないかと思う"と話した。

化身9話記事10


また、チョジョンソクは"事実ファシンが立場では病気自体が深刻な病気でもあって、私はファシンが立場を代弁する媒介体なので、その人物の感情をよく表現しようと努力している"と説明した。

さらに、チョジョンソクは"1、2回の放映がなる時に携帯切ったのは初めてだ。 あんまり連絡がたくさん来た。 あちこちで反応が好きだ。 'ああ、私の幽霊さま'よりもっと体験をしている"と伝えた。 それだけ乳がんという素材が視聴者に'ホット'したということ。そして、チョジョンソクは自分の胸、触っている場面をたくさんあることに対して恥ずかしいと付け加えた。

コン・ヒョジンも予想できないように進行される話に、周りの反応がとても良いと明らかにした後、"エレベーターのシーンで本当に我慢するのが難しいほどに笑いがたくさん出た。 それでNGがたくさん出て大変だ"、"演技をした時に笑わないために没入するエネルギーが表情で明らかになったりするが、それがまた違う楽しみとされるようだ"と説明した。

そして、コン・ヒョジンは'パスタ'以降二番目の呼吸を合わせたソスクヒャン作家の筆力はもちろん、チョジョンソク、コギョンピョ、イ・ミスク、パク・ジヨンなど俳優たちのおかげさまでドラマがもっと面白く出るようとし、感謝の気持ちを伝えた。 特にコン・ヒョジンは"チョジョンソクさんスーツを着た姿がセクシーという話をたくさんするのに、西洋式スーツフィットを見せるために本人が本当に多く気を使ってその姿を維持するため、胸を出して歩く。 イ・ミスク先輩もそれがそんなに笑わせるという言葉を言っていた。 それで私もチョジョンソクさんの胸だけ見るようになる"と伝えて笑いを誘った。

また、コン・ヒョジンは劇序盤に起こった気象キャスター卑下議論について"すべての職業群にはものすごい苦情があるが、外にほのめかしている職業が気象キャスター、アナウンサーと思う。 赤裸々て少しは誇張され、また少しは隠していたことがある。 作家さんは、ドラマチックな要素を向けて継続して助言を聞きながら話を作り続けている"、"実は私も憂慮した。 しかし、ドラマが終わるときは、気象キャスターの方が好きな話が準備されていると知っている。 信じていただいてもいいだろう。 私が責任を負う"と伝えた。

この15日、秋夕当日、地上派三社のうち一人で首脳の放送をした'嫉妬の化身'は10.1%(ニルソンコリア、全国基準)で、自ら最高視聴率を記録した。 しかし、21日、キム・ハヌル李相允(イ・サンユン)主演のKBS'空港に行く道'とソ・イングクナム・ジヒョン主演のMBC'ショッピング王ルイ'が同時に初放送されているため、安心することはできない状況だ。

これに対してコン・ヒョジンは"'ギャクコン'より面白いという話がある"、"ドラマが成功要因は、口コミのようだ。 面白いという話も多く、再放送も多くするために新たな流入も容易だ。 1回から8回までのサマリーをつけという話も俳優たち同士でやってみた"とドラマに対する自信感を示した。

また、コン・ヒョジンは自分が出演する作品がいつも成功することに対して、"作家先生がコンブルリに戻ってくれることを願って、それで悩みが多かった"、"立派な作家さんとセンスあふれる感性的なPDさんに出会ってすごくラッキーだと思います。 これから半分以上が残りましたが、必ず勝利すると思う"と伝えた。

OSEN=パク・ジンヨン記者]
http://osen.mt.co.kr/article/G1110499665

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2956-d981c017
該当の記事は見つかりませんでした。