見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

嫉妬の化身'コギョンピョ♥、コン・ヒョジン、頬へのキス'最高の1分'…チョ・ジョンソク本格嫉妬開始

化身10話記事8

SBS水木ドラマスペシャル'嫉妬の化身'(ソスクヒャン脚本、パクシヌ、イチョンフム演出、SM C&C)のコン・ヒョジンとコギョンピョの頬へのキスから最高の1分が開始され、注目を集めた。

22日に放送された'嫉妬の化身'10回ではナリ(コン・ヒョジン)とジョンウォン(コギョンピョ)のキスに挫折した後、雨を迎えて歩いているファシン(チョ・ジョンソク)の姿で始まった。

以後、酒に酔ったファシンは会社内で入ってはヘウォン(ソ・ジヘ)とケソンスク(イ・ミスク)などに付き合おうと言った後、すぐにナリが滞在している宿直室まで行くようになった。 その場で彼はナリが要請し次第、バラードとラップなどさまざまな歌を歌いながらダンスまで追記に達した。

一方、SBCの経歴職アナウンサーに応募したナリは一人でセルカ棒を挙げて練習するのに余念がなかったし、ジョンウォンとともにラクヴィラでは彼に頬へのキスをしてくれながら心を伝えたこともある。 この時から始まった最高の1分は、ヘウォン(ソ・ジヘ)と話を交わしていたファシンが出るに対する自分の心をさらけ出す時期まで続いた。 瞬間最高視聴率は17.3%まで跳ね上がった。

同日、ドラマは、ニルソンコリア全国基準の視聴率は13.2%(ソウル首都圏14.8%)で、自ら最高を記録して、広告関係者たちの主要指標である'2049の視聴率'でも6.8%に達した。 占有率の部分では男性視聴者のうち、10代と20代がそれぞれ32%と37%を記録するなど、均衡に20%を渡しており、女性視聴者たちの場合20代がおよそ53%に達したのをはじめ、10代と30代がそれぞれ49%と43%を、そして40代と50代もそれぞれ36%と34%を記録しながら次第に視聴者層を広げて行っていた。

SBSドラマ関係者は"'嫉妬の化身'10回放送分では国に向けた自分の心を隠すことのできないファシンの姿が本格的に描かれ、多くの関心を引き出した"と"もう愛を勝ち取るために変身することになるファシン、これによってナリとジョンウォンと、いかなる新たな関係が形成されかたくさん期待してほしい"と紹介した。(以降略)
http://m.entertain.naver.com/read?oid=215&aid=0000497228

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2979-53fc481e
該当の記事は見つかりませんでした。