見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク、胸で笑ったり泣かせたりする俳優

ほらほら
やっぱり
10話にもなると
だんだんと みんなが気が付き始めますよね…

「チョ・ジョンソクの演技」に関して再評価
特にずっとチョジョンソクを取材している記者さんならなおさら!
と思います




俺の名前はイファシン
おまえの名前はピョナリ
俺の心はズタズタだ。 俺の気持ちがわかるか"
('嫉妬の化身'イファシン台詞)↑ラップ部分

最近チョ・ジョンソクほど'胸'で演技している俳優がまたあろうか。

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'でマッチョ記者、イファシンになったチョ・ジョンソクは最近、お茶の間劇場を胸で笑わせてまた、胸で鳴っている。 劇中の'男の中に男'なファシンが、多く、多くの病気の中でもよりによって乳房癌にかかったため、胸に関する笑わせるエピソードが殺到しているためだ。 乳房癌手術後きれいな胸の形を作ると矯正ブラを着ていた化身が彼の兄の葬儀場で、その姿を母(パク・ジョンス)にばれてめちゃくちゃに殴られる場面は、胸がもたらした最高の笑わせるたエピソードの一つである。

化身10話記事12

そんなにしばらくを笑わせたチョ・ジョンソクは人たちが油断している隙を狙って、胸の中に隠しておいた愛を表明、今では'痛むこと'と'胸キュン'を同時に伝えてくれている。 日増しにナリ(コン・ヒョジン)を向けた片思いが高まっているファシンは酔ってほしいものはすべてしてくれと話しており、彼の要求によってジュークボックスの役割をしたりもした。 さらに、ナリが要求するラップまで消化したファシンは"俺の名前はイファシンおまえの名前はピョナリ俺の心はズタズタだ。 俺の気持ちがわかるか"と気付かない振り して自分の心を露骨に"お前は俺を知らない、いや俺が教えよう、付き合おう"と本気で告白する。 ファシンの告白に何も知らないナリは笑わせると笑って、お茶の間の心は動揺している。 このような視聴者の胸震えるのはジョンウォン(コギョンピョ)と恋愛中のナリの心を取り戻すため、"クソ野郎,になってやろうじゃないか"と言う瞬間、絶頂に達した、。

イファシンになり、最初は胸で笑わせて、行けば行くほど、胸で鳴り響いたチョ・ジョンソクはついに心のこもった告白で視聴者の胸まで攻略している。 真の'胸ここの専門俳優'に違いない。

ナリが3年間自分を片思いしときは関心がなかったが、他の人が好きだというから、酒に酔って訪れ、付き合おうとするファしの姿は、端くれな人物で起こしやすい。 ある意味では迷惑に近いかもしれない。 それにもかかわらずファシンが魅力的に見られている理由は、チョ・ジョンソクの演技にある。


化身10話記事9

チョ・ジョンソクは全身で演技している俳優だ。 カメラが胸をクローズアップと言えば、胸で演技をしながら、多くの言葉の代わりに目つきと震えで自分のきた感情を定める。 台詞の量が多ければ多いほど、チョ・ジョンソクの真価はいっそう輝く。 長い台詞をこぼしたことにもうまく運ばないことがないだけでなく、さらに、これを味出るように消化する。 考えてみると、彼のスクリーンデビュー作の映画'建築学概論'でポッポとキスの違いについて大台詞消化力と、全身を利用した演技で観客を笑わせたチョ・ジョンソクではないか。

建築学概論'でナプドゥクで強烈な印象を残し、一躍スターダムに挙がったチョ・ジョンソクは自分に来た機会を逃さなかった。 "納得(ナプトゥギ)がいかないね納得が"という名台詞を残したチョ・ジョンソクは、同じ時期MBCドラマ'ザ・キング'から、ばか正直な軍人ウンシギョンを通じて正反対の魅力を発散して、一気に大衆の心を入り込んでいった。 慎重な表情の中柔らかくて、やさしい目つきは女心を振り、そのように彼は一気に'主流'席に上がることができた。


化身10話記事10

チョ・ジョンソクが出演する作品ごとに'人生作'を更新することができた最も大きな理由は、まさにどんな役を任せても見事に消化する演技力にある。 彼はそのはず2004年ミュージカル'くるみ割り人形'でデビューしたチョ・ジョンソクは長い間演劇とミュージカル舞台に立ち、演技の実力を積み上げてきた'準備された実力者'だったのだ。

"ジョンソクは大学路(テハクロ)でミュージカルと芝居を行う時も人気が多かったです。 女性ファンたちを従えて来ました。"(2015年10月KBS2'演芸家中継'ベソンウ)

映画とブラウン管に進出する前すでに大学路で認められている俳優でありスターだった。 'ギリシャ'(2005)'オールショックアップ'(2007)'スプリングアウェイクニング'(2009)などに出演したチョ・ジョンソクは第4回ミュージカル・アワード助演男優賞、第15回、ミュージカル大賞助演男優賞などを受けたりもした。 このうち'スプリングオウェイクニン'はチョ・ジョンソクにとって非常に特別な作品だが、これを通じて、ドラマや映画にデビューしできたからだった。 'スプリングアウェイクニング'で演技する姿を注目したソン・ジナ作家と建築学概論'の制作社の代表は、それぞれドラマ'ワッツアップ'と'建築学概論'ナプトゥクにキャスティングしたのだ。 そして'ワッツアップ'の編集作業にともにしながら、チョ・ジョンソクを肯定的に見た李ジェギュ監督は'ザ・キング'でウンシギョン役にキャスティングした。 'スプリングアウェイクニング''を通じて人生作に二本も会ったわけだ。

建築学概論'のナプトゥクで青龍映画賞(2012年)新人男優賞を獲得したチョ・ジョンソクは翌年映画'観相'で観相家ネギョンの義弟ペンホンを演じながら、大鐘賞映画祭助演男優賞を受賞する快挙を達成した。 同年KBS2ドラマ'最高だイスンシン'で活発に活動したチョ・ジョンソクはKBS演技大賞で長編ドラマ部門男子優秀演技賞・ベストカップル賞を受賞した。

化身10話記事11

チョ・ジョンソクは牛のように働く俳優としても有名だ。 事に対する情熱は彼のフィルモグラフィーだけでも確認できる。 デビュー後仕事をしない日がなく、'建築学概論'と'ザ・キング'として注目を受けた後活躍はさらに活発になった。

2015年にはtvNのドラマ'ああ私の幽霊さま'で虚勢多くのレストランの社長兼シェフカンソヌを愉快ても、甘やかに消化しながら'ロコキング'の席に載せており、このような流れは'嫉妬の化身'のファシンにつながっている

忙しいなのはいいようです。 ところで'花より青春'に行って来てみて思ったのは旅行を必ずよく行きたいという考えでした。 もともと肯定的だが、作品を休まずしているため、作品のみに専念しました。 私の日常が不足だという感じがありました。 '花より青春'をし、そのようなことができるから、私が好きな思索も楽しみ、そして、手にすることがあったんですね。"(2016年4月MBNスターとインタビューの中)

自らの長所に対して愉快で明るい姿を挙げたチョ・ジョンソクは依然として明るくて肯定的に俳優活動を続けてきている。 休まないことをしたチョ・ジョンソクだけど、いつかふらりと去るかもしれない。 tvNのバラエティ番組'花より青春-アイスランド'を通じて'旅行'について目覚めたのだ。 実際、今年4月MBNスターと進行したインタビューで"ある瞬間決心する日が来るようだ。 たとえいつ来るかは分からずに、私や会社にも数ヵ月が強い打撃であることもできるだろうよ、近いうちに破格的に会社に一定期間仕事をしないと言うかもしれない"と言ったことがある。

言葉はそうしてもチョ・ジョンソクが会社に休むと言葉をする日は、当分の間、遠い一日のようにみえる。 彼もそのはずが現在'嫉妬の化身'撮影に余念がないだけでなく、彼が出演した映画'兄'が来る11月の封切を控えているためだ。 '兄'は横着な詐欺師兄ドゥシク(チョ・ジョンソク)この家出て、15年ぶりによくいく柔道選手弟ドゥヨン(ドギョンス)の前に現れて兄弟の同居が始まって起こる話を扱う作品だ。 どんな役も相性のようにこなすチョ・ジョンソクが今後どのような変身を変身を見せてくれるか、早くから興味津々だ

[MBNスタークムビッナ記者]
http://star.mbn.co.kr/view.php?no=671161&year=2016&refer=portal

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2984-1ecda317
該当の記事は見つかりませんでした。