見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

水木'嫉妬の化身'独走、俳優たちが話した撮影ビハインド

化身10話記事17

'ダブリュー'(W)が抜けた水木王座はSBS'嫉妬の化身'が占めていた。 この21日'嫉妬の化身'は視聴率12.3%(ニルソンコリアの全国基準)を記録し、同時間帯に放送されたKBS2'空港に行く道'(7.4%)、MBC'ショッピング王ルイ'(5.6%)を抜いて1位を占めた。 22日には13.2%まで上昇した。 これで'嫉妬の化身'は'空港に行く道'(7.5%)、'ショッピング王ルイ'(6.2%)を上回って1位の座を固めた。

24部作のうち10回まで放送された'嫉妬の化身'は主人公ピョナリ(コン・ヒョジン)を間に置いてイファシン(チョ・ジョンソク)とコジョンウォン(コギョンピョ)の微妙な神経戦で利益を引き上げている。 その間で現れる'嫉妬'と'執着'は愛のまた別の形で愉快に描かれる。 俳優たちは"ドラマは今からだ。 これからもっとおもしろくなること"と自信を隠さない。

化身10話記事18

◇ドラマの人気、体で感じられる

-コン・ヒョジン"イファシン記者が本物の乳房癌かとですか?"

"ドラマについては友達とメッセンジャー団体部屋に意見をやり取りしましょう。 みんな'そこで一体何故そうするのよ'など予想しない展開に面白くています。 イファシン記者の乳がん設定についても'本物の乳房癌が正しいか'と聞いてです。 そのような反応を見ながらドラマが面白いということを序盤から感じました。 たまに書き込みを見ると、ソスクヒャン作家先生に対する良い評価も多いみたいです。"


チョジョンソク"'ああ、私の幽霊さま'時よりも大きな人気体感"

"序盤には連絡があまりにもたくさん降って携帯の電源を切れていなければなりませんでした。 '本当に痛いのか'など多くの質問をたくさん受けていて周りでドラマが面白いという話をよく聞きます。 前作'ああ、私の幽霊さまするときより人気をさらに大きく体感しています。"



-コギョンピョ"両親が話してくれました!"

"両親がいい言葉をたくさんしてください。 (ドラマがうまくなってから本当によかったとの話するんです。 私としては良い先輩たちと共にする意味がある作業です。 最後まで固めずに、無事に撮影を終了したいです。"


◇男もかかる、衝撃の'乳がん'


化身10話19

チョジョンソクが演技するイファシンはよくいく放送記者として勝負欲が一味違うキャラクターだ。 1回では、男子シャツの魅力は'胸'にあるとし、カメラの前で上体を突きつけたりした。 そんな彼が乳がんにかかった。 マッチョ気質と正反対な疾病にドラマは楽しみを握った同時に視聴者に男性も乳ガンにかかる可能性があるという情報を伝えた。

化身10話20

-チョジョンソク"本当に痛いです!"

"ドラマで見せたように、実際に胸部癌検査を受けました。 演技だとし難いほど本当に痛かったんです。 ドラマですが少しでもそんな状況にある人々の心を経験することができました。 イファシンの立場から、その疾病が深刻な病気と慎重な部分も大きかったですね。 私は作家さんの文を伝える媒介体です。 それでキャラクターの感情を理解してよく表現することに集中しました。"


-コン・ヒョジン"目に入ったのは胸"

"チョジョンソクさんが最も気を使うのが胸ボリュームアップです。 西洋式・スーツフィットを示すために、胸の筋肉にとても気を使います。 乳房癌患者でいつも胸を出して通っているイファシンの姿がとても魅力的です。 ジョンソクさんは胸のほかにもネクタイとジャケットがよく似合います。 しかし、目に入ったのは胸です。"



◇視聴者を笑わせた胸部癌検査、恥ずかしさはチョジョンソクの仕事


-チョジョンソク"ベッドシーン、キスシーンと同じくらい恥ずかしい!"

"俳優たちは普通のベッドシーンやキスシーンがあるとき、恥ずかしがります。 これもそれほど恥ずかしかったです。 多くの女性出演者の方が私の胸を触るときまり悪くて負けてもです。 笑いが出てくるのを参考に演技するのにとても苦しかった記憶が出ます。"


◇アナウンサーより一段階の下、気象キャスター疑問の1敗

コン・ヒョジンが演じるピョナリはアナウンサーになったが失敗した気象キャスターだ。 ドラマではピョナリが放送局ニュースルームで生き残るため露出を強行してアナウンサーのお使いを担当している姿が大げさに盛り込まれた。 これに一部の視聴者はドラマが女性を卑下と気象キャスターをレベル低く扱うことがないかという不満を吐露した。

化身10話21


-コン・ヒョジン"彼らだけの苦情、最後まで見守ってください!"

"全ての職業には彼らだけの苦情があります。 私も初めてシナリオを受け取った際に実際の気象キャスターの方が嫌いことができると思いました。 特に、外に見られる方であるためそれはもっと危険です。 これについては、作家先生が結局、気象キャスターを愛する女の話だとおっしゃってくれました。 票もの人が夢見るアナウンサになるのかについては、現在は、知ることが出来ないて重要でもないです。 ただ、ドラマ24部作が終わった時は気象キャストの方がお好きたい内容があると知っています。 だから最後まで見守ってください。"


◇エレベーター鼻血、葬儀場ブラジャーは俳優たちが選んだ名場面

化身10話22


コン・ヒョジン"NGか演技なのか区分のない笑い"

"面白い場面が多いです。 特に、イファシンがエレベーターで鼻血を流す場面は、本当に笑いを我慢できないほど笑わせました。 ジョンソクさんだけでなく、イ・ミスク先輩も面白がってすべての俳優が愉快にします。 それで笑いを我慢して昨日も難しくて一昨日も大変でした。 あまりにも笑って監督がこれからはNGなのか、それとも演技をしたことなのかと聞きますか。 そんな状況の中で肯定的な効果が出るようです。"


-チョジョンソク"NGがOKになることも"

"コン・ヒョジンさんの言葉に私も同感します。 笑いを我慢できなくて大変ですが、たまにはそんな姿がドラマの面白さ要素になるようです。 私はそれを有り付いたと表現しているが、実際、笑いを我慢している姿がその状況と絶妙にマッチしてNGではなく、OKになる場合がたびたびある。"



-コギョンピョ"葬儀場ブラジャー場面を覚えてる?"

"イファシンが葬儀場でブラジャーを探してお母さんに当たるシーンが覚えています。 放送で見ながら本当にたくさん笑いました。 最近撮影がとても面白いです。 そして私はドラマの作業をしながら私が着ているすべてのスーツを製作しました。 幼い時に一緒にファッションの勉強した兄が私に似合うファッションを合わせてください。"



◇後半の観戦ポイントは完璧な男の壊れたこと

化身10話23


ピョナリを挟んだ親友イファシンとコジョンウォンの三角関係は急流に乗り始めた。 ファシンが愛と友情の間で葛藤する間、ジョンウォンはナリと恋人になった。 これにファシンは過去3年間自分を片思いしてきたナリの変心に嫉妬心を感じるようになった。 嫉妬の力は友情がなく愛の方だった。 ファシンが覚醒し、三人は新たな局面に入るようになった。 28日に放送される11回には嫉妬の鬼と化したファシンの反撃が描かれる予定だ。

化身10話24

チョジョンソク"ファシンの心はグリーンライト"

"最初はファシンが自分の感情を取り戻す過程が大変でした。 そんなのが状況の中で隠されていて表現することは容易ではありませんでした。 確かなのはピョナリ向けたファシンの心がグリーンライトというんです。 ファシンが会食の席でピョナリが爆弾酒を代わりに飲んでくれた場面ですでにグリーンライトが灯されました。 これはファシンが嫉妬をしながらどれほど壊れ、またその愛をどのように勝ち取るかが観戦ポイントになるでしょう。"

※2013年バラエティー番組の「魔女狩り(마녀사냥)」(JTBC)で、司会者が恋の相談を受ける際に、その恋に見込みがあるかないかを判断し、うまく行きそうな場合は緑の信号を点灯させ、そうでない場合はスイッチを切る設定であった。そのことから그린라이트(グリーンライト)は「恋が成就する見込みがある状態、うまくいく状態」という意味として使われるようになった。


-コギョンピョ"嫉妬のファシン、怒りのジョンウォン"

"ファシンとジョンウォンが破壊されて、多くの笑いが作られるようです。 現場では私たちだけで'嫉妬のファシン(化身)'、'怒りのジョンウォン'と表現します。 柔らかく見えたジョンウォンの風変りな姿が出てきます。 これから嫉妬という感情と愛が会って作られる面白いことをTVで確認できるでしょう。"


-コン・ヒョジン"誰でも理解できる二股悩み中、当然水木1位"

"愛に陥るのは一瞬だと思います。 ドラマはそのような姿を古典的なエピソードがなく現実的な話で見せてください。 ピョナリが2人の男に二股をかける状況を、誰もが理解できるように脚本家と一緒に悩んでいます。 今は、ドラマが第2ラウンドに入り15回からは3ラウンドに突入します。 これから新しい物語が繰り広げられて感情の嵐が起きるんです。 当然水木1位は自信を示しています。"

http://www.viva100.com/main/view.php?key=20160926010006609

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/2991-94c50139
該当の記事は見つかりませんでした。