FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

['嫉妬の化身'11話〕放棄できないVS安心できず…チョジョンソク・コギョンピョ、コン・ヒョジン置いて殴り合い(水木ドラマ総合レビュー)

化身11話記事7

嫉妬の化身'チョジョンソクとコギョンピョがコン・ヒョジンを置いてもみ合った。 28日午後、SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(演出パクシヌl・ソスクヒャン)11回が電波に乗った。 同日、'嫉妬の化身'11回でピョナリ(コン・ヒョジン)はイファシン(チョ・ジョンソク)とホンへウォン(ソ・ジヘ)が一緒にいる姿を目撃した。 コジョンウォン(コギョンピョ)は、状況をひそかに見張った。

ピョナリは、イファシンが横に引っ越して来たのを知って"もうそこで住んでますか。 もう毎日見なければならないじゃない。少し変だて"と当惑した。 ホンへウォンが外に出ると、コジョンウォンはホンへウォンを呼んだ。 ホンヒェウォンは"全部入ったら友達に直接問うことだろう。なぜ私に聞きますか?"と尋ねた。 ホンへウォンは"ピョナリは今や記者さんを好きではありません。 もうあなたが好きです"と話した。 ホンへウォンは"友達だから心止めように努力しのに、分からないふりを向かっていた道を行くのがどうですか?"と忠告した。

化身11話記事8

さらに、コジョンウォンはイファシンと屋台で会って酒を飲んだ。 イファシンは"デートはよく? すまない。 私ピョナリがいい。 ピョナリに告白するつもりだ。 私たち友達やめよう。 これ以上友達ができず、"と話した。 コジョンウォンは"それも駄目、"と答えた。

イファシンは"今のままで?このままでは私は気が狂いそう。ピョナリ君から奪うのだ。 ピョナリの手も取ってキスして寝たい"と訴えた。 これにコジョンウォンは"ほらこの野郎,このがきめ. 君がするというこの野郎がこれか? 女性のために友達を辞めるというのが話になる?"と叫んだ。

イファシンは"お前にでもこんなに言いたかった。 ピョナリにできないから。 君のためにできない。 永遠に死ぬまで絶対分からないことになるだろうから心配するな"という言葉を残して立ち上がった。

イファシンはすぐに道でピョナリに出会った。 心が混乱したイファシンはアイスクリームを渡すピョナリに"どうか消えて"と叫んだ。 突然のイファシンの態度にピョナリは"なぜ私に消えろだって。 他の家助ければいけませんか。 私悪い"と話した。

イファシンは"君が何でどこもガンバレと口出しして。 私があなたと住む家求めるか? 私と買うんじゃないと、けちをつけないで。 私の目の前から消えて。 月に移民し"と彼女を押しのけた。 冷たいイファシンの言葉に怒ったピョナリはイファシンにアイスクリームを投げた。

化身11話記事9

過去のカフェでピョナリはイファシンを発見してずっと煩わせた。 イファシンは、合コンをしなければならないとし、ピョナリを追った。 合コン場所には漢方医ハン・ジミンが登場した。 イファシンはハン・ジミンの美貌を確認して笑みを浮かべた。 ピョナリは窓の外で二人の姿を見守った

ピョナリを発見したイファシンはもどかしさを感じ、ハン・ジミンは優しく、イファシンの脈を切ってようすをうかがった。 ハン・ジミンは、イファシンの体を撫で下ろすと、ファシンはげっぷをした。 ハン・ジミンは"私は来週の金曜日、土曜日大丈夫です"と好感を示した。 イファシンも"金曜日そして、土曜日どうですか?"と話し、笑みを浮かべた。

化身11話記事10

イファシンは地方に向かうスケジュールを受けた。 イファシンはピョナリも一緒にいるということを知っての中に喜んだ。 このような心を知らないケソンスク(イ・ミスク)は、アンカーを送るとし、イファシンは"私のアイテムを割り込むことができますか? 競争は公正にしましょう。 兄嫁"だと言って憤った。

ピョナリはイファシンを発見して"干潟行くのにタコ捕まえて、タコスープにしてもらえますか。 昨日のことは一度みてください。 ヨンポタン嫌ならタンタンイ(タコ料理)してもらえますか。 残忍だから記者さんが手伝ってください。 記者さんの屋上でコジョンウォンさんと一緒に一杯飲もうよ"と優しく話した。

コジョンウォンはイファシンを訪れ、"私が思うほど頭にきて我慢できない。私君にピョナリ奪われない、であなたはナリ来て目も合わせないで。 君は、自分が好きな人なのを知らなくて紹介させてくれたやつだ。 お前は本当に悪いやつよ"と警告した。

さらに、コジョンウォンは、放送を準備するイファシンにもう一度でなおして"お前どうしてピョナリに片思い3年もするようにした。君が早く諦めざるを得なくするべきだった。 社内になってそれを3年もおいて?この縁起でもないやつよ"と怒った。

化身11話記事11

イファシンは"それで君はやめて。 私がその気持ちを受け取ったら君が中間に挟まれなかったんだろう。 それを望んでいるの? 票もの心持ってきてみるか?"と彼を挑発した。 固定員は"君ピョナリに気持ちばれないで。 君にチャンスはもうないよ。信じている"と言ってピョナリに向かった。 コジョンウォンが出た後、イファシンは"信じるな。 私を信じないで。 なぜ僕を信じてやがっ"と性質を起こした。

二人の争いを知らないピョナリはコジョンウォンに"私、明日系記者さんと地方下りて一日寝てきてください。 海見たくないですか。 いっしょに見たら良さそうだが"と話した。 コジョンウォンは"私が好き?ファシンが好き?"と尋ねた。 ピョナリは嫉妬するコジョンウォンの姿に笑顔を見せた。

目立ってシリはケソンスクと一緒に車を乗って地方撮影をしに下がった。 その中、ケソンスクは、父兄面談があるということを知って急いで車を回して学校に向かった。 ピョナリはしばらく車から出たせいで車に乗れなかったまま道路に残された。 ケソンスクはバンジャヨン(パク・ジヨン)より先に学校に入るために急に走った。 結局学校にはケソンスクとバンジャヨンがすべて到着した。

ピョナリは一人で海に来て海辺を歩いた。 コジョンウォンはピョナリに電話したが、受け取れなかった。 コジョンウォン、直ちにピョナリを探しに海に行った。 梨花(イファ)シンはケソンスクが地方には帰省できないという知らせを聞き、すぐに地方に向かった。 二人は同時にピョナリがいる干潟に到着した。

化身11話12

嫉妬の化身'11話の末尾に固定員とイファシンは干潟でピョナリを隔ててて互いを確認した。 コジョンウォンは"君がここに何のことか。 放棄がならない?"と挑発した。 イファシンは"君は仕事しない? 暇なんだ大きな声にしては監視しに来たんだよ"と対抗した。 コジョンウォンは"俺の女になってから奪いたいのか。 お前私ずっと嫉妬したの?"と話した。

結局2人は干潟で拳を振り回した。 干潟で、2人は泥だらけになり、二人が喧嘩している間、キム・ゴンモの'誤った出会い'が流れた。 コジョンウォンは"あなたは私が君を憎むのが簡単そう?私たちまだ友達?"と叫んだ。 コジョンウォンは、イファシンの足をつかんでピョナリのそばに連れていった。

http://www.starseoultv.com/news/articleView.html?idxno=426835

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3008-703b21ea
該当の記事は見つかりませんでした。