見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

嫉妬の化身'ハン・ジミン特別出演の視聴率↑…コギョンピョvsチョ・ジョンソク干潟格闘'最高の1分'

ボクシングでは負けましたけど←あきらか負けると思ったけど
格闘系ならどうにか…って思ってたら
バックドロップされた…(>_<)

化身11話記事12

SBS水木ドラマスペシャル'嫉妬の化身'がハン・ジミンの特別出演とコギョンピョvsチョジョンソクの干潟の闘魂で視聴率を爆発させた。 特にタコを持っているコン・ヒョジンとコギョンピョがコックピットの足を引っ張っていくときの場面が'最高の1分'と記録された。

28日に放送された'嫉妬の化身'(ソスクヒャン脚本、パクシヌ、イチョンフム演出、SM C&C)11回はナリ(コン・ヒョジン扮)と定員(コギョンピョ分)が聞いてあることも知らず、ナリを向けた心をヘウォン(ソ・ジヘ)に明かしたファシン(チョ・ジョンソク)の姿で始まった。

以降、ファシンはジョンウォンとお酒を飲みながら"ピョナリがいい。 告白するつもりだ。 手も取りたいてキスもしたい"、"私たち友達やめよう"と打ち明けたが、ジョンウォンの強い反発によって二人の間で緊張感が盛り上がったりもした。 その3年前の回想でファシンは、飲み物を買っている振りをしながら自分を付いて来たナリの存在を知りながらも漢方院長(ハン・ジミン)と合コンし、幸せだっただけでなく、以降、ナリに傷つけたことを思い出しながら泣き叫んたりもした。

一方、干潟に出張先のナリは弟に飲ませるテナガダコを捕まえに余念がなかったし、この中に彼女に近づいたファシンとジョンウォンは爆発しており、一帯の格闘を行った。 特に、タコを持って幸せになっているナリの姿、そしてファシンの足を引っ張って行ったジョンウォンの姿が描かれた当時、ニルソンコリア基準瞬間最高視聴率が16.2%まで高騰し、最高の1分を記録した。

同日、ドラマは、ニルソンコリア全国基準の視聴率は12.1%(ソウル首都圏13.5%)を記録し、スモクグク首脳を守り、広告関係者たちの主要指標である'2049の視聴率'でも6.9%に達した。 シェア部分では、男性視聴者のうち、40代が30%を記録するなど、均衡に20%を渡しており、女性視聴者たちの場合10代がなんと46%に達したのをはじめ、20代~40代まで計30%を超えたりもした。

SBSドラマ関係者は"'嫉妬の化身'11回放送分ではナリを向けた心を本格的に示したファシンが友達であるジョンウォンと対立、二股ロマンスが極に向かっている姿が描かれた"と"そしてコン・ヒョジンさんとチョ・ジョンソクさん、コギョンピョさんが干潟で体をかえりみず熱演し、水木1位を守ることができた"と紹介した。

ドラマ'嫉妬の化身'は嫉妬とは知らなかったマッチョ記者と財閥男が生計型気象キャスターを会って嫉妬にスタイル壊れて、愛情を物乞いする二股、ロマンスに、毎週水、木曜日の夜10時にSBS-TVを通じて放送される

http://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=004&oid=215&aid=0000498667

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3009-f12f53ed
該当の記事は見つかりませんでした。