見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

嫉妬の化身・ディテールの定石(ジョンソク)'チョ・ジョンソクを作る'セリフ後1秒'

化身12話記事14

ドラマ'嫉妬の化身'は大きく嫉妬する人を指す言葉だ。 本意に劇中の主人公の名前この'化身(ファシン)'が加わる。 イファシン役のチョジョンソクがタイトルロールを受け持った作品と言っても過言ではない。 実際チョジョンソクはその役目を全うしている。

嫉妬の化身'の大きなストーリーはピョナリ(コン・ヒョジン)、イファシン(チョ・ジョンソク)、コジョンウォン(コギョンピョ)が繰り広げる三角関係だ。 ピョナリは一つの職場で勤務するイファシンを3年間片想いした。 イファシンは、その恋を無視した。 しかし、乳がんにかかった自分のそばを守ってくれるピョナリを見ながら心が開かれ始めた。 タイミングの問題だ。 よりによってそのピョナリの心は自分の一番親しい友達コジョンウォンに向けている。

'あなたは私を信じたほど、私の友達も信じたからこそ、'というイファシンのカラオケ愛唱曲'誤った出会い'が始まった。 ピョナリが言った"記者さんが私を片思いしたらいいですね"という呪いない呪いにイファシンは十分に引っかかった。

化身12話記事15


嫉妬の化身を作る'ディテールの定石(ジョンソク)'の最初のポイントは片思いだ。 チョジョンソクがコン・ヒョジンを向けた目つきは片思いをしてみた人なら首を縦にふる。 票もの人の心を3年間、無視してくれた痛みはそのままイファシンのことになる。

この22日の放送でチョジョンソクは泥酔して"私が何でも尽くしてあげる。 付き合おう"、コン・ヒョジンを眺めている。 ディテールはその後から始まりだ。 チョジョンソクは目を一度も閉じないまま、コン・ヒョジンを眺めたのだ。 切迫したファシンの心が明らかになっている地点だ。

映画'春の日が行く'の一場面をパロディーした場面も'ディテールの定石(ジョンソク)'ダックに輝いた。 映画の中"愛がどうして変わるの"というせりふをチョジョンソクは"片思いがどうして変わるの"と頭を垂れた。 コン・ヒョジンにアイスクリームで顔を強打される時も、"消えて"とし、存分に怒った後、転じて、歯を食いしばって首を横に振る"あんなにかわいいやつがいるか"と話した。 手で口のあたりについたアイスクリームをさっと目を通しているのは、甘やかさを倍加させるチョ・ジョンソクだけのディーテールだった。

ディテールの定石(ジョンソク)'を楽しめる、二番目のポイントは笑顔だ。言葉そのまま笑わせて悲しい状況を倍加させたのはチョジョンソクである。 最も代表的な場面は8日に放送された兄(ユン・ダフン)の葬儀の場面だ。 桜前線は、服を着替えていたところ、母(パク・ジョンス)に矯正ブラジャーを着用している姿を見られ、合わせて"変態"という話を聞いて殴られことになる。

化身12話記事16

自分も乳ガンにかかった患者で悲しくて、複雑で、悲しい。 その時、イファシンの目に一層近づいたコジョンウォンとピョナリの姿が目立つ。 最後の一言が圧巻だ。 "神様がいるなら、どうして善良な私の兄を"と涙を流しながら言った後、"いっそ私を連れて行って"と涙を一滴流している。 そして、"おまけに私がピョナリまで連れて行きます"と付け加え、視聴者たちを爆笑させる。

ポータルサイトに掲載されている葬儀の場面クリップにかかった書き込みのみに見ても視聴者たちの反応を知る値する。 "本当にこれ見ながら泣いて、狂ったように笑ったこと"(缶*)、"とても笑わせて。笑ってはいけない場面だが、わあわあ"(春の*)、"コックピット本当に演技最高"(この**)、"まったく本気で泣きというんだよ笑っということだ。 演技はどうしてこんなに笑わせて"(カチッと*)、"本当の歴代級笑わせて悲しい場面"(roya****)などの書き込みを掲載した。

ミュージカル俳優として脚光を浴びたチョジョンソクという名前を大衆に植えつけたのは、映画'建築学概論'(2012)のナプトゥク(納得)であった。 "納得がいかない"という冗談は未だに脳裏に残っている。

しかし、チョジョンソクの前作の中でドラマ'嫉妬の化身'と最も似た姿なら映画'特ダネ:リャンチェン殺人記'を挙げられる。 ひとまず、記者という職業が同一して崩れて行く姿を表現し、その時も観客は崩壊するそれによって笑いを噴き出した。

化身12話記事17

チョジョンソクは、当時のインタビューで、"キャラクターに会う度に私と同様の地点を探そうとする"と秘訣を明らかにした。 コメディー演技に臨む際も変わらなかった。 彼は"露骨に笑わせようとしない。 キャラクターがどんな感情であるかについての研究をする。 人物の状況に入って多様な姿を見せてくれる。 どうせ俳優チョジョンソクを媒体にキャラクターを見せてあげることだから、私として人物をちょうど表現してみるのだ"と演技に臨む自分の姿を説明した。


ディテールの(チョ)定石(ジョンソク)'のおかげに'嫉妬の(ィ)化身(ファシン)'がより一層光っている。 その感情はこれから展開されるドラマでさらに濃くにじみ出る予定だ。

この29日に放送された'嫉妬の化身'12回から票もの人がイファシンの壁に付いている'愛してますピョナリ'と書かれた弟ボムが(ソルウヒョン)の絵を発見したためだ。 果たしてチョジョンソク、コン・ヒョジン、コギョンピョの'誤った出会い'の結末はどうなるか疑問や期待感を増している。

http://m.focus.kr/view.php?key=2016100200093428437&share=

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3033-bb14831a
該当の記事は見つかりませんでした。