見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'嫉妬の化身'俳優たちが直接明らかにしたロコ・誕生秘訣

化身12話記事18

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン/演出パクシヌ、イチョンフム/製作SM C&C)のコン・ヒョジン、チョジョンソク、コギョンピョなど主役たちが空前絶後のロマンチックコメディー誕生秘訣を明らかにした。

'嫉妬の化身'はときめきとコミックのバランスが、黄金比率を誇り、特別なロマンチックコメディー作品で毎回爆発的な反応が続いている。 これは全ての場面をシーンを味出るように整えておいた台本と趣向を狙撃している感覚的な演出、ここに和気あいあいな雰囲気の中で潜在力を決めている俳優たちの努力があった。

実際にも俳優たちは他のロマンチックコメディーより長い呼吸を持っている大河のロコ・'嫉妬の化身'撮影のために現場でファイトを固めている。 コン・ヒョジン(ピョナリ)、チョジョンソク(イファシン)、コギョンピョ(コジョンウォン)、イ・ミスク(ギェソンスク)、パク・ジヨン(バンジャヨン)など俳優たちはシナリオを丸呑みにしたような表現力と感情でお互いお互いにシナジーを吹き込む一方、休憩時間には忙しい撮影の中でも緊張をほぐしながら力を引き立てている。

また、コギョンピョ、チョジョンソクのように干潟から来た体で転がって打ったり打たれたりは大変な撮影を進行する時もお互いを心配して配慮する和やかさで現場を暖かに染めたと。

このように撮影場は常に笑いが絶えないが、シュートが入ると、すぐ息を整えて演技を続けている俳優の素早い転換に高クオリティー場面が誕生している。 だけでなく、エネルギーが溢れている俳優たちのおかげで毎週公開されているメイキング映像も嫉妬、廃人たちをはじめ、多くの視聴者、ネットユーザーたちに愛されている状況。

ためにお茶の間に二股ロマンス風をまともに吹き込んでいる俳優らが喜び、悲しみ、嫉妬、ときめきなど、今後プレゼントする感情が多いだけに、次の放送に対する期待感が増幅されている。 愛とファイトがあふれる俳優たちは5日(水)夜10時に放送されるSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'で会える。

http://sports.donga.com/3/all/20161002/80583020/1

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3034-2165a973
該当の記事は見つかりませんでした。