見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソクvsのイ・サンユンvsソ・イングク、これほど違う魅力

化身12話記事20

毎回代替不可能な演技力が'ディテールの職人'と呼ばれるチョ・ジョンソクと一言で暖かい温もりを誇るイサンユン、変身の鬼才と呼ばれるだけに、毎作品他の姿に驚きを抱かれるソ・イングクが水木で競争している。 あまりにも違った魅力の男の主人公たちのためにこれを見守っている視聴者のリモコンの行方が、心を失ってしまった。

SBS'嫉妬の化身'でチョ・ジョンソクが演技するイファシンの名前の前には男前、マッチョ、男の中の男などの修飾語が付く。 仕事においてはプロ、自分を好きな女に特別な関心も与えない無情な男だ。 ドラマはそんなイファシンが、乳癌にかかった設定で、反転を図る。 '嫉妬の化身'というタイトルらしく、イファシンは自分を好きだったピョナリ(コン・ヒョジン)が自分の友人であるコジョンウォン(コギョンピョ)と'誤った出会い'を持つようになってから、嫉妬に目がかっかと燃え上がっている。 1%の関心も与えなかったピョナリに"私が何でもやってあげる。 私と付き合おう"とし、燃えてる告白をしたり、ピョナリが描かれた絵を自分の部屋に貼る姿はマッチョの反戦魅力だった。

これ演じるチョ・ジョンソクの演技は感心をかもし出す。「狂った演技力」と呼ばれるほど目、声などで洗練された演技を披露している。マッチョナムから自分の感情を一部無視したり、ピョナリの愛を悟って、無理に彼女をはがし降りする弱々しい姿まで、チョ・ジョンソクは悲しい状況でも笑わせて、さりげなく見える状況でもひどい寂しさを感じさせるディテールな演技を広げている。

以下内容は要約で…
'空港に行く道'
イ・サンユンは整っている。大きくない些細な日常と感情を深く込め、俳優として底力を発揮している。

'ショッピング王ルイ'
ソ・イングクは、 キャラクター解釈が優れた俳優らしく毎作品ごとに全く違う姿にその顔を異にする。無公害の魅力で女心を揺るがし、母性愛を刺激する。 憎めない魅力とファンタジーも満たしている。

http://m.entertain.naver.com/read?oid=312&aid=0000211272

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3042-fc5403ba
該当の記事は見つかりませんでした。