見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョジョンソク心気づいたコン・ヒョジン覚醒するか'…嫉妬の化身、2幕突入

化身13話記事4

嫉妬の化身'が第2幕に建設される。

先月29日、SBS水木ドラマスペシャル'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌ、イチョンフム)エンディングでピョナリ(コン・ヒョジン)はイファシン(チョ・ジョンソク)の部屋の壁に貼り付けられている'愛してますピョナリ'絵を見て、彼の心を気づくようになった。 これでマッチョの険しい片思い自覚機で移入を誘導した焦点はピョナリに流出することを予告して彼女の考え、今後の行動に耳目が集まっている。

ピョナリはイファシンに'タコのように'くっついていないという言葉を聞いた程度で剥がすとしても外されない粘り強い本性を持った人物だ。

例えば、長年の夢だったアナウンサーを放棄せず、引き続き挑戦しており、その瞬間にも気象キャスターの仕事を着実に遂行し、放送局内でも認定を受けるレベルまで到達した。 だけでなく、イファシンにずっと気を無視されたが、3年間片想いを守ってきたのも同様に、気を長くつける彼女の本性があったから可能だった。

イファシンを片思いを折ったとされるが、その本性はピョナリを動かさせ、放射線治療を受けないイファシンと喜んで病院に同行してかわいそうとし、後で座ってくれるなど、イファシンが避けられもないように彼の枠内で生きている。

これは絶えず心を伝え、誰かを得なければならないのが票もという人物が持っている限り、断面だ。 さらに彼女は乳がんで死んだ母をイファシンを通じて思い浮かべながら、ひそかに心配が増大し、マッチョ中のマッチョのイファシン一人で耐えなければならない乳がんの痛みを一番理解して考えてくれるしかない。

これに甘くて死にそうなコジョンウォン(コギョンピョ)と恋愛をしても彼女の胸の片隅に睡眠室の隅に押し込まれていたカップラーメンのように整理されなかったイファシンの残滓が残っていることを直感することができる。 生まれて初めて持って見るコジョンウォンという大きなプレゼントの箱に慰められ、愛されて、彼を愛しているが、彼女の本性は自らも自覚しなかっただけにしつこくマッチョを拝しているものである

したがって、'愛してますピョナリ'絵がピョナリの覚醒を呼ぶものかが今週放送のキーポイントとなる予定である。 だけでなく、たとえ自分が感じているが、時には明確に定義を下すの難しいのが感情のように感情の渦の中でピョナリ、イファシン、コジョンウォンがいかなる選択をするかも疑問の声が強まっている。
'嫉妬の化身'は5日13回が放送される。

[SBS funEㅣソンジェウン記者]'
http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10008017593

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3049-b25b69c8
該当の記事は見つかりませんでした。