見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

パク・ボゴム-チョ・ジョンソク通じてパターン サブナンジュ成功法則

※サブナムジュ=作品の最も中心となる男女の主人公ではなく、主人公に劣らない比重のある男性キャラクターの意味。

化身14話記事9

もちろん、サブナンジュすべて成功することができるのではない。 前例を見てみよう。 名前すら思い出せないほど微弱な存在感をあらわした彼らがあれば、ソン・ジュンギ,パクボゴム、イ・ジョンソク、キム・ウビン、チョジョンソクなど、大韓民国放送界を牛耳る大勢俳優として成長した人もいる。 これらの運命が分かれるしかなかった理由は明確だ。

化身14話記事10

サブナンジュ成功法則、その最初の機会は魅力だ。 主人公とは違う魅力をアピールすることができてこそ、視聴者に強い印象をまともに撮ることができる。 KBS2'成均館スキャンダル'のソン・ジュンギは原理原則に従う生真面目な儒生パク・ユチョンとは違って、余裕があり、とぼけたキャラクターとして大きな人気を博した。 チョジョンソク、やはり映画'建築学概論'で純真無垢なイ・ジェフンと正反対に、世の中の理に通達したナプトゥギキャラクターとして注目され始めた。

ある関係者は"最近サブナンジュキャラクターは純情派が多い。 これらのは姿がむしろもっと応援を受け、分量が増えている"と明らかにした。 また、他の関係者は"最近、男主人公のキャラクターはほとんどツンデレだ。 がさつな人が女主人公に会って変貌される絵が多い。 これに共感する人々もいるが、逆に甘くて愚直に女主人公だけを眺めるサブナンジュに対する支持も少なくない。 伝統的な視聴者たちはまだファンタジーのような愛を夢見ているからだ。 それでサブナンジュは、ひとまず素敵で見なければならない"と話した。

化身14話記事11

二番目は共感能力だ。 視聴者と共感を形成して彼を通じて感情移入をするようにしなければならないということだ。 MBC'ハイキック-短い足の逆襲'でのイ・ジョンソク)思い浮かべてみよう。 当時、イ・ジョンソクのキャラクターはキム・ジウォンを片思いするロールだった。 そして視聴者たちは彼の純愛を応援した。 キム・ジウォンは、好調だったホッケー選手だった家運が傾き、運動をやめて馬鹿扱いを受けているというイ・ジョンソクの心を推し量ってくれた唯一の人物だった。 そんな彼を好きになるしかないイ・ジョンソクの心に共感したためだ。 KBS2'君を記憶して'のパクボゴムも同じだ。 子供の頃の傷で刑を憎悪するしかなかったキャラクターの心を感じたため、視聴者もパクボゴムとソ・イングクのブロメンスを応援した。

関係者は、「男女主人公のロマンスだけサブナムジュの愛にも説得力を吹き込むことができなければならない。単に寛容に女主人公の周りの回転ではなく、なぜすべてのものを持った男がその女性に陥ったのかをうまく表現することができなければならない。ここで視聴者たちが応援を送ることができるポイントが加われば、もっと良いだろう」と伝えた。

化身14話記事12

何と言っても大前提は演技力が裏付けられなければならないということだ。 関係者は"これまで視聴者の目が相当高まった。 サブとして演技力が不足してもカバーされるという考えは禁物だ。 むしろシーンスティールと極の全体的な流れのため、さらに堅固でディテールな演技力が必要だ"と分析した。 また、他の関係者も"最近、主流の仲間入りをした俳優たちをじっと見つめてもわかる。 これは典型的な美男子よりは自分だけの魅力を持ってそれを演技で解決できある俳優たちが人気を集めている。 劇の比重やキャラクターはドラマの特性上、いくらでも変わり得るもので、その中で自分がどれだけハード・キャリーしてキャラクターを立て直し、自分の分量をくうかが最も重要な要素"と説明した。

ベクジウン記者
http://m.entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0002996901


「主人公に劣らない比重のある男性キャラクター」という意味では
キングのウンシギョンも入ると思ってますっ

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3071-7613c069
該当の記事は見つかりませんでした。