見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

うちの方は隣組が残っていまして
主な活動は葬儀の際のお手伝いになるのですが

昨日、今日とお手伝いがあったので忙しく
昨日の記事ですが
「演技の神」って書かれてるのでーっ



★『嫉妬の化身』チョ・ジョンソク“演技の神”が見せた5つの名場面

化身14話記事22

SBS『嫉妬の化身』ファシン役のチョ・ジョンソクが生かした5つ場面が話題を集めている。

・嫉妬の化身(ファシン)
『嫉妬の化身』でファシン(チョ・ジョンソク)は3年間、自分を片思いしてきたナリ(コン・ヒョジン)を親友ジョンウォン(コ・ギョンピョ)に紹介してあげた。だが、ある瞬間彼女に対する気持ちが大きくなってしまい、嫉妬をし始めた。そして9話で彼はナリとジョンウォンのキスを目撃して絶望さえ感じてしまったが、この時からファシンの嫉妬が本格的に燃え始めた。マッチョだと自慢していたファシンがどんどん崩れながらドラマに楽しさを加えている。

・喧嘩の化身(ファシン)
ファシンは高校生の時からジョンウォンと一緒にボクシングを学んでいたという設定だった。11話では干潟でジョンウォンとまた乱闘した。このときファシンは手と足だけでなくバックドロップまでするなど悽絶に争った。

・ノリの化身(ファシン)
何よりもファシンは自他共に認める歌と踊りに関しては右に出る者がいないくらい優れている。

・思いやりの化身(ファシン)
ファシンは乳がんになった自分の秘密を守ってくれているうえ、病院通うことまで気を使ってくれるナリに感謝していた。これによりナリがアナウンサー採用試験を受けることを知ってからは心身両面からサポートした。

・キスの化身(ファシン)
14話の終わりに、病院の脱衣室にいたファシンは突然ナリが入ってくると荒てながら押し出した。だが、ナリがそれでも近づいてくるとマッチョ気質を発揮して、あっという間に彼女の唇を盗んだ。ナリもそんな彼の積極的な行動に気を許してしまった。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=223051

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3098-846c09fe
該当の記事は見つかりませんでした。