見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

嫉妬の化身コン・ヒョジン、チョジョンソク、コギョンピョ求愛回想…瞬間最高視聴率

化身15話記事12

'嫉妬の化身'コン・ヒョジンがチョジョンソク、コギョンピョの求愛の姿を回想する姿が瞬間最高視聴率を記録した。

13日、視聴率調査会社のニルソンコリアによると、12日に放送されたSBS水木ドラマスペシャル'嫉妬の化身(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌ)15回は全国視聴率11.2%を記録して水木王座を守った。

同日の番組は、病院、更衣室でキスしていたナリ(コン・ヒョジン)とファシン(チョ・ジョンソク)の姿で始まった。 ファシンはナリを向かって"一緒に夕食を食べよう"、優しく言葉をかけたが、彼女はいつのまにかジョンウォン(コギョンピョ)に行った。

このことが口実となって、二人の男は鋭く神経戦を行い、ナリはファシンとジョンウォンに向かって"二人とも愛する"と告白していたがすぐにお別れの通知までした。 以降、ナリはアナウンサーの発令を受けてニュースを進行しながら、時折、お見合いの席に行くようになった。

ナリはお見合いを終えて道を出ていたところ、ファシンとジョンウォンからこだわりの記憶を思い出した。 この神は瞬間最高視聴率14%まで上がった。 '嫉妬の化身'は開始当時、視聴率7.4%で、地上派三社の中で最も低く始めて最後に二倍ほど果たした。

広告関係者たちの主要指標である2049の視聴率でも5.9%と集計された。 占有率の部分では男性視聴者のうち、10代が32%を記録したのをはじめ、20代から40代まで20%を超え、女性視聴者の場合、10代が40%、20代と30代が30%を、40代と50代は20%を超え、人気を続けた。

SBSドラマ関係者は"'嫉妬の化身'15回放送分ではナリの2人の男に向けた愛の告白に伴う別れそしてこれによる二人の男の嫉妬が開始されながら、興味を加えた"と"もうナリがすべての感情をむき出しにしてこれを二人とも知っただけに、三人の二股ロマンスがさらに深まるので、期待してほしい"と紹介した。
'嫉妬の化身'16回は13日に放送される。

[SBS funEㅣソンジェウン記者]
http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10008032957

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3100-99c99505
該当の記事は見つかりませんでした。