見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

月ボゴム・水ジョンソク・金チャンウク、静かな女心火つけメロ暴力男

↑原題には「 月보검·水정석·金창욱」

化身16話記事8


「許さない」「簡単な男にする」「心配しないで」

パク・ボゴム、チョ・ジョンソク、チ・チャンウクが登場するまでは、確かに静かで、平和だった。 しかし、彼らが登場するとともに出すストレートな愛の告白に心の中の平和は消えて久しい。 穏やかな湖に騒ぎを起こした、静かな心を火をつけたお茶の間劇場メルロキン。月火パク・ボゴム、水木チョ・ジョンソク、金土チ・チャンウクなど女性視聴者を眠れないようにしたメロ暴力男たちのシムクン(胸キュン)ポイントを選んでみた。


化身16話記事9

◆パクボゴム"月曜病許さない"

tvNのドラマ'応答せよ1988'で始まったパクボゴム・シンドロームはKBS2の月火ドラマ'雲が描いた月明り'(キム・ミンジョン、イム・イェジン脚本、キム・ソンユン・ペク・サンフン演出)で満開した。 前作で初恋ソンドクソン(ヘリ)しか知らないオリパリ純粋な男ことチェ・テクにお姉さんたちの心を揺さぶった彼が今回'雲が描いた月明り'では表は手厳しかっが、本音は暖かい'ツンデレ'皇太子イ・ヨンに変身したのだ。互換ママもどうすることもできないという月曜病を一気に退けた名義パクボゴムのおかげに、視聴者は、月曜日を指折り数えて待つことになった。 特に女性視聴者をひきつけたシムクン場面はホンラオンに対する所有権(?)を表した部分だ。

序盤イ・ヨンウン男で勘違いしたホンラオン(キム・ユジョン)に恋心を抱いた自分に努めて否定したが、その気持ちは止められなかった状況。ここに過去の親友だったが、キムユンソン(ジニョン)までホンラオンに関心を見せると、怒ったイヨンイ嫉妬心を示し、ホンラオンの所有権を主張するに至った。 キムユンソンがホンラオンを連れて去ろうというその時"許さない。 私の人だ"とさえぎっていたイ・ヨン。この場面はパクボゴムの隠されたカリスマを披露した内容として多くの女性ファンの胸をわくわくさせながら、話題を集めた。 これを契機に本格的なロマンスを披露したパクボゴムは毎回心臓のドキドキする目つきと心のこもった告白で'メルロキン'の座を固めている。



化身16話記事10

◆チョ・ジョンソク"誤った友情も認め"

このように泣ける場面のあるロマンスがまたあるか? 笑っても泣けてくる状況の中でも大胆に直進ロマンスを展開するSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(ソスクヒャン脚本、パクシヌ演出)のチョジョンソクの話だ。 チャンネロマンスの定石を披露して視聴者の母性愛を刺激しているコチョジョンソクは'嫉妬の化身'で3年間自分を片思いしたピョナリ(コン・ヒョジン)に複数でも受けるように駅と恋に落ちたイファシンを務めて熱演を繰り広げている。 チョ・ジョンソクの人生のキャラクターと呼ばれる映画'建築学概論'(12、イヨンジュ監督)ナプトゥクがよりさらに笑っても泣けて、さらに切ない愛を訴える彼は水、木曜日の夜の視聴者を笑う泣かせている魔物として定着した。

最近、ピョナリに対する愛を隠さなかったイファシンは喜んで'国民悪いやつ'を自任、友人であるコジョンウォン(コギョンピョ)や神経戦を展開している。コジョンウォンの女だが、もともと私が先だったことを主張、ピョナリの愛を得るために孤軍奮闘中だ。 コジョンウォンのように服を作ってくれるかも、心強い金お匙と箸の背景になってできることもないが、本当にピョナリが必要な状況に自分の全てを私の投げて走っている純愛で視聴者をひきつけた。 'とても遅く(心を)知った'、罪悪感を持った彼は3年の歳月を少しや補償するためにヘリコプターで3分の魔法を立て、"記者さんは悪い人だ""記者さんは悪い男だ""記者さんは悪いやつだよ"というピョナリの恨みも認めている男前の面貌を見せた。 ここに本格的にピョナリに"一人で自分の嫌い。私と寝よう、"などストレートな告白でお茶の間劇場を熱くさせた。 それこそ、非倫理的ロマンス、二股メロも納得させるチョ・ジョンソクだ。



化身16話記事11

◆チ・チャンウク"心まで読む、怒った警護員"

蜂蜜採集一人者、代表養蜂屋パクボゴム、チョジョンソク、と少し(?)他の、そして少し経た(?)、ロマンスにを禁ずることができない。、金土をさらに熱くしているチ・チャンウク。tvN金土ドラマ'THE K2'(以下'さらにケイトゥ'、ジャンヒョクリン脚本、クァク・ジョンファン演出)でトゥユンよ(宋ウンア・イムユンア)を守るために忙しいチ・チャンウクはボディーガードに変身、女性視聴者の心を警護することに成功した。 終始一貫して無口でもとても無口な、深刻でも、とても深刻なボディガードに特別な存在感を示しているチ・チャンウクは今まで明らかにしなかった隠されたオスの香りを加減なく発散している。おかげで、女性視聴者は毎晩眠れずにいるといううわさだ。

戦争の傭兵出身キムジェハ役を演じたチ・チャンウクは気軽に近付くことができないほど怒った筋肉質の体つき、制圧するにはとても手に余った武術の実力で毎回仄仄とした見所は届けている。 何よりも先週の放送では映画'キンスメン'(15、マテュー・ボン監督)の中、パースを思わせるほど幻想的な傘アクションと映画'オオカミの誘惑'(04、金テギュン監督)以降、メロ常連小物になった傘ロマンスを同時に展開して爆発的な反応を集めた。 危機に陥ったチェユジン(ソンウンア)を救うための登場した金堤・下の傘神読心術を振るったようにチェユジンの心を完全に読み取ったキムジェハは最高のイケメン警護員になった。 その後は予想せぬ瞬間、チェユジンの腰をタッチするスキンシップで、もう一度感動を与えた彼はみんなが夢見ていた完璧な理想のタイプと視聴者の胸に根ざしている。

http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201610160100122760008855&servicedate=20161015

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3110-5fe044a3
該当の記事は見つかりませんでした。