見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク、'嫉妬の化身'一針一針彩る演技職人

演技職人、ディテールの職人、キス職人
↑最後のは余計じゃない?って思いますが(^^ゞ褒められてるからいいか~w

化身16話記事12

俳優チョ・ジョンソクが一針一針繊細な演技でSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'を豊かにしている。 チョ・ジョンソクは表情、視線、行動までイファシン(チョ・ジョンソク)そのものになって'嫉妬の化身'を牽引している。

チョ・ジョンソクは表情、視線、行動までイファシン(チョ・ジョンソク)そのものになって'嫉妬の化身'を牽引している。 チョジョンソクは毎回報告、味わったり、楽しませる演技を披露してさらに注目されている。 これに製作陣はチョ・ジョンソク、演技の繊細さが目立った場面を整理した。

この8回放送で目立ってシリ(コン・ヒョジン)とコジョンウォン(コギョンピョ)を紹介させてくれても未練を捨てなかったイファンはピョナリが弾けというコジョンウォンの言葉に極めて微細な笑顔で感情を代弁した。 台本にも'とても極めて微細に金監ようにかすめた微笑'となっているこの部分をチョ・ジョンソクはそっと上がった口元と満面に秘められた刹那の安堵感で表現して見る人々を感嘆させた。

伝説的な回送と評価される14回では、イファシンはアナウンサー試験を控えたピョナリに速成の課外授業をして緊張をほぐしてくれる場面が描かれた。 台本上には'ピョナリを見る'場面だったが、チョ・ジョンソクは愛情に満ちた目つきとコン・ヒョジンを応援して彼から真実性と愛を感じることができたという爆発的な反応が続いた。

さらに、15回でイファシンは自分とコジョンウォンを全て愛するというピョナリの言葉にあきれて悔しくて嫉妬心に燃える千千のの感情を感じなければならなかった。 特にチョジョンソクは'気が狂いそうさ'を全身で演じながら、同時に'ピョナリがもっと愛してる人が誰か?'に執着するイファシンの状態を伝え、尋常でない三角関係の中心軸を握り締めた。

このほかにも1泊2日で一緒に旅行行こうと、愛嬌(あいきょう)を振りまくピョナリを見て、イファシンは'良いの笑私はほぼ隠して'、'恥ずかしい'は心情を微細に上がった芸人と爆発するような見えないような笑いで細かく記録し、ピョナリに怒られて唇を突出はボムを見、従って唇をピクつかせたたアドリブなど、ドラマの中ではない実際のように感じられる彼の演技はドラマに強力な生命力を吹き込んでいる。

演技職人、ディテールの職人、キス職人など数多くの愛称が彼を代弁しているようにチョジョンソクは強力な吸引力を誇るソスクヒャン作家の代謝と状況を相性のように表現して、チョ・ジョンソクがなく、イファシンは納得できないようにキャラクターを本人のものにした。 このために愛する人の前に、自尊心も捨てて限りなくじくじくと湿ってから醜い7歳のような時もあるが、目が行ってドキドキするしかないチョ・ジョンソク印、イファシンは徐々に視聴者の胸を揺るがす予定だ。 '嫉妬の化身'17回は19日夜10時に放送される。

http://sports.donga.com/3/all/20161017/80828214/2

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3117-9ea3a276
該当の記事は見つかりませんでした。