見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

嫉妬'チョジョンソクの"もう終わらせよう"宣言、最高の1分'15.9%"

化身18話記事100

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'のチョジョンソクがコン・ヒョジンに向かって"もう終わらせよう"と宣言する場面が最高の1分を記録した

この20日18回放送分はベッドの上でナリ(コン・ヒョジン)に向けてあらゆる甘言で釣るが失敗したファシン(チョ・ジョンソク)の姿で始まった。 これに庭の家を出た化身はジョンウォン(コギョンピョ)を接してはまた入って、二股同居を続けた。

この中にナリは二人の男と一緒に車を運転したり、TV、そして映画を見るかと言えば、さらに、家事と花札の状況で、格段の差を感じ、いつのまにかジョンウォンの肩を持つことに達した。

ファシンは、会社に来た母オクフェ(パク・ジョンス)と一緒に食事をしなければならない状況になった。 しかし、立ち寄ったレストランでナリがジョンウォンと母テラ(チェ・ファジョン)と同じ場所にいるのを見た彼はもうすねてはその道に家を出た。 "言い訳は必要ない。 もう終わらせと"と話した当時は、瞬間最高15.9%まで打って上がっており、以後ドラマはファシンと、ヘウォンのキスが展開され、全部ウムフェに対する疑問を増幅させた。

そして、ニルソンコリア全国基準の視聴率は前回より0.5%上昇した11.8%(ソウル首都圏13.1%)で依然としてスモクグク首脳を守り、広告関係者たちの主要指標である'2049の視聴率'も前回より0.6%上昇した6.8%に達し、広告をすべて完販させた

占有率の場合、男性視聴者のうち、10代が40%を記録したのをはじめ、40代と20代がそれぞれ30%と20%を越した。 そして、女性視聴者は10代がなんと42%に達したのをはじめ、30~40代とも30%を超えた。

SBSドラマ関係者は"'嫉妬の化身'18回放送分はナリが二人の男と同棲しながら、お互いの長所と短所を把握し、多くの注目が集まっており、この中にファシンが同居を放棄していく場面も二股ロマンスに変化を予告した"と"特に、エンディングシーンでファシンと、ヘウォンのキス、そしてこれを見るようになったナリがどんな決定を下すことになるか次回を必ずご期待してほしい"と紹介した。

[OSEN=カンソチョン記者]
http://osen.mt.co.kr/article/G1110519750

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3153-3ca4bf5a
該当の記事は見つかりませんでした。