FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「嫉妬の化身」20話振り返り②

★ソジへ、コン・ヒョジンとチョジョンソクにコーヒー、応援'ク―ルな振動'《Don't Dare To Dream》嫉妬の化身EP20



ソジへ(ホンへウォン)はコン・ヒョジン(ピョナリ)とチョ・ジョンソク(イファシン)にコーヒーを配りながら、応援する姿を誘った。


ギャップだな~イ記者にむ!
★チョジョンソク、放送直前、コン・ヒョジンに"愛して♥"メモ告白…'ドキドキ社内カップル'《Don't Dare To Dream》嫉妬の化身EP20



チョジョンソク(イファシン)は生放送が開始直前のコン・ヒョジン(ピョナリ)に愛するというメモを送って甘い恋愛気流を誘った。


★'嫉妬の化身'チョジョンソク、緊張したコン・ヒョジンにメモ応援"俺は傍にいる"

化身20話記事10

27日に放送されたSBS水木ドラマ'嫉妬の化身'20回でコン・ヒョジンはチョジョンソク(イファシン)と開票放送を控えた。 前日夜コギョンピョはコン・ヒョジンを訪れ、服を伝えた。 拒絶しようとするコン・ヒョジンのところへコギョンピョは"ファシンも私が送ってくれた服着てするつもりだ"と慰めた。
すると、コン・ヒョジンは"固執本当に強い"ながら、首を横に振った。

翌日、コン・ヒョジンとチョジョンソクは緊張したまま放送を準備した。 チョジョンソクはコン・ヒョジンの緊張をほぐしてくれると笑わる表情を浮かべながら努力した。 また、"あなたは一人じゃない。 あなたに私がいるじゃん" "愛してる"などのメモを与えて力を吹き込んでくれた。
http://ilyo.co.kr/?ac=article_view&entry_id=210739#close_kova


★コン・ヒョジン、生放送事故! 報道局全体'混沌のるつぼ'《Don't Dare To Dream》嫉妬の化身EP20



コン・ヒョジン(ピョナリ)は生放送中CGチームによって事故に会っており、これに対処ができず、報道局に混乱をもたらした。


★'嫉妬'コン・ヒョジン、相次ぐ放送事故にメンタル崩壊…ソ・ジヘに交代

化身20話記事3


嫉妬の化身'コン・ヒョジンが相次ぐ放送事故にメンタル崩壊した。

27日、SBS'嫉妬の化身'では総選挙の開票放送に臨むイファシン(チョ・ジョンソク)とピョナリ(コン・ヒョジン)の姿が放送された。
同日、ピョナリとの愛を確認したイファシンは彼女の開票放送リハーサルを直接指導し、愛情を示した。
放送開始すると、1や否やとんでもない放送事故が起きた。 数値とグラフが誤って表示されたもの。票もリーは何も考えずに画面をそのまま読み上げたが、イファシンは、制作陣の大声に柔軟に対処した。 イファシンはピョナリに"ミス忘れてしまい、大丈夫"と慰めた。

しかし、ピョナリのミスは継続された。 ピョナリは選挙区による位置を誤って見積もっており、結局、まともにコメントも打てなかった。 デスクにいたイファシンが素早く走り、対処しなければならなかった。

イファシンは1部終了後も練習中のピョナリを訪れ、"1部ミスがずっと頭に残ってそうだ。 忘れてしまえ"と改めて慰めた。
報道局長をはじめた制作陣は"経験不足なんだ最初の間違いを忘れないよ"と舌を鳴らしたり、イファシンに"票ものもう一度ミスすると、朝のニュースも切られたい"と言いながら頭を振った。
http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201610280100247760017905&servicedate=20161027


問いかけるファシンとナリの間が‼
★チョジョンソク、コン・ヒョジンに"ここまでにしよう"衝撃的な一言の理由《Don't Dare To Dream》嫉妬の化身EP20



チョジョンソク(イファシン)は生放送事故が起き、精神的に苦しんでいるコン・ヒョジン(ピョナリ)に衝撃的な一言を投げかけてしまう。


★嫉妬の化身'コン・ヒョジン、開票放送途中放棄した

のコン・ヒョジンが開票放送を放棄した。
27日、SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'には調整室のミスと重なって夢に描いた開票生放送を放棄するピョナリ(コン・ヒョジン扮)の姿が描かれた。

化身20話記事5

ホンへウォン(ソ・ジヘ分)は開票放送を目前にしては父が秘書室長職で辞任すると、残念がった。 父が政界にあるという理由で開票放送を放棄しなければならなかった状況だったためだ。しかし、ピョナリが生放送に投入されることで確定になり、仕事を待ったは、遅い時だった。

しかし、危機が迫った。 各種のミスが重なり、ピョナリはアナウンサー室から、追い出されるほどの状況に直面した。 イファシンはどのようにピョナリを最後までニュースルームに建築しようとしたが、状況が整っておらず、より大きな災いを避けようとした。

イファシン"お前ミスをすればもっと大きく怪我することがあり、決定して"と"2部できる?変えてあげようか? するか?"と問う言葉にもピョナリは沈黙を守っている。 いかなる決定も下せないピョナリの姿にイファシンは結局、"ここまでにしよう、あなた、朝の放送も危険とも考えられ、"だとし、"家に行っていて終わってすぐに行く、分かった?"と彼女をなだめた。 ピョナリはそれに納得し、ニュースルームを去った。
http://pop.heraldcorp.com/view.php?ud=201610272236001489517_1

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/3183-69a7c46f
該当の記事は見つかりませんでした。